中華バー(チャイナバー)とは?kpopでスキズやAespa、セブチ

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

中華バー(チャイナバー)とは?

スキズやAespa、セブチ(seventeen)などkpop界隈で「中華バー」というフレーズを見かけることがありますが、中華バーとはどんな意味なんでしょうか?

スポンサーリンク

中華バー(チャイナバー)とは?kpopでスキズやAespa、セブチ

中華バー(チャイナバー)とは中国人のkpopファンダム(ファンの集まり)のことです。

中華バーは、お金持ちの人が多いので、中華バーが多くいるグループはCDの売上が凄いです。

(例)aespa、BLACKPINKなど

中華バーが主にやってることってグループオーダーの取りまとめなので、中華バーが大きい=中国ファンが多いといういみになるようです。

BLACKPINKは複数ある小規模を含めると200万人以上、メンバーのジェニーやリサもそれぞれ小規模を含めば100万人以上、二人合わせて200万人を越える規模。

3番手のロゼも小規模含めて50万人以上とも言われています。

リサは90万7000人
ジェニーは82万4000人(オリンピックで韓国選手に応援メッセージを送ったことで数万人の減少)
ロゼは36万5000人
ジスは31万3000人
のようです。
また、BTSは121万7000人
テテが178万9000人
グクが167万2000

など。

大陸マスターと呼ばれる中国人のマスターさんが主に〇〇バーと称して活動しているようです。

中国マスターの間では〇〇バーが日本でいう「垢」のような意味があるのかもしれません。

中華バー(チャイナバー)とは?ネットの口コミは?

タイトルとURLをコピーしました