チワワ4ヶ月の噛み癖の直し方は?甘噛み・本気噛みのしつけは?

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

生後4ヶ月の子犬のチワワの噛み癖(甘噛み・本気噛み)で悩んでませんか?

落ち着きのなさにイライラを我慢するだけではなく牙を向きだして目をひんむいて、本気で噛んで来ることはないでしょうか?

歯の生え変わり時期でもあるチワワ4ヶ月の噛み癖はどんな風にしつけをすると良いんでしょうか?

スポンサーリンク

チワワ4ヶ月の噛み癖の直し方は?甘噛み・本気噛みのしつけは?

チワワは愛らしい見た目とはうらはらに、勇敢で負けん気の強い犬種。

家族に対して愛情深く、自己主張が強いので、甘やかしているとわがままになりがち。

そのため性格がそっくり裏返しに出てきてしまうと、当たり散らすように激しく吠えたり、ウーっと唸り歯を剥き出しにしてくることがあります。

まず、チワワに限らずどんな犬種でも生後8ヶ月齢前後までの犬は歯の抜け替わり時期なので、みんな噛みます。食欲と同じく噛み癖・噛みつき欲求があるものです。

子犬の4ヵ月齢という時期は、離乳が終わる時期であり野生であれば自分の力で食餌を探す練習をする時期になります。

4ヶ月のチワワは噛みつき欲求をどう満たしてあげられるかが、重要です。

まず摂食本能で動くもの全てに反応してしまう時期であります。遊んでいる時の飼い主様の手であったり、歩いている飼い主様の服の裾であったり、おもちゃであったり、昆虫であったり、とりあえず何でも本能で捕らえようとする時期です。

人間の赤ちゃんが何でも口に入れたり、手で触れたりして学習して脳が発達していくのと同じように、犬にとって口が手の役割を果たしています。

いろいろと噛んで、いろんなことを学んでいきます。

乳歯からの永久歯への生え替わりの時期でもありますから噛むことにより乳歯が抜けやすくなり、永久歯へのスムーズな生え替わりを促すといった意味もあるといわれています。

上記の理由から、4ヵ月齢でのチワワの噛み癖(甘噛み程度)は問題行動ではなくむしろ成長過程における通過儀礼、正常な行動といえます。

しかしながら、この時期の噛み癖を放置して、何のしつけもしなかった場合、チワワが飼い主様とのコミュニケーションの方法として噛むという風に認識してしまう危険があります。

噛み癖がそのまま成犬となってからも本気噛みなど問題行動となってしまうことも珍しい話ではありません。

もしチワワの成犬に本気で噛まれてしまった場合、小型犬と言えど人間の指くらい噛みちぎってしまうほどの顎の力があるため、大事になってしまう危険があります。

まだ言うことを聞いてくれるうちに必ず噛み癖のしつけをしましょう。

ただ気を付けなければいけないのは、天罰方式とも言われる犬に体罰を与えるようなしつけは絶対にNGだということ。

ペットショップにはチワワの噛み癖を矯正してくれるというしつけグッズも並んでいますが、残念ながらどれも危険な天罰方式のモノばかりです。

オーソドックスなのは口輪のような拘束具を装着させて、物理的に噛めなくしてしまう道具もありますが、こんなやり方をしていたらチワワのストレスを貯めこませるだけです。

チワワだって人間と同じくため込んだストレスはどこかで発散して心身のバランスを保とうとしますから、口輪を外した途端、それこそ今まで見たこともないほど強烈に噛みつこうとするリスクが高いです。

マズルをつかんだり、叩くといった行為はしつけをする場面とやり方、犬の性格によっては「手」に対して恐怖心をもってしまい逆効果になり、手に対して敵対心をもってしまうリスクを伴います。

それでは具体的にどのような方法でしつけるのが良いのでしょうか。

しつけをする時は、

①まず、怒られているということ・ほめられているということをおぼえさせた後に
②続けられそうな方法で
③その子に合いそうな方法で

行うことが大切です。

①はしつけをする前にまず、怒られていることとほめられていることをおぼえてもらう必要があります。

甘噛みをされた時に「痛い痛い!」とか「こらー!やめてー!」など大きくリアクションをとってしまってはいませんか?痛いといっても、こら!と言っても名前を呼んでも、本人に怒られているという認識がなければそれはただの遊びになってしまいます。わんちゃんにしたら噛んだらば、大きな声で、リアクションをとってくれて、しつけというよりも遊んでいると勘違いをしてしまう可能性があります。

怒られていることを教えるには、「バタバタ興奮させないように、ゆったりとした動きで、わんちゃんの目をしっかりとみながら、注意する言葉(ダメ・NO等)を決めて、できるだけ低い声で、力強く注意する。」を行って下さい。ほめられていることを教えるには逆に、「できるだけ高い声で、大げさに相手をしながら、全力でスキンシップをする。(ご褒美用ドライフードを一粒あげるなども良)」

動物行動学の基本で、力強い低い声でにらまれる→怖い、高い声で大げさにスキンシップもしくは美味しいもの→うれしい! となります。このことは人間でも本能的に感じられるので判りやすいかと思います。これは簡単に憶えてくれます。

これさえ出来れば後は簡単です。

②③の方法は何でも良いです。今書店やインターネットなど検索すると、しつけの方法は数限りなく検索できます。これも人のお子様のしつけと同じかもしれませんが、わんちゃんにもその子その子にあった方法があると今は考えられています。

いずれにしても、愛犬のチワワとどこにでも連れて行ける、楽しい時間を共有できるパートナーに育てたいのであれば、犬のしつけ教室で実践されている正しいやり方が絶対です。

家族みんなが同じ方法で、問題行動をしたら毎回必ず行うようにしなければいけません。

ただチワワのしつけをドッグトレーナーに任せきりにしたり、パピークラスのようなグループレッスンをしてしまうと、結局はドッグトレーナーの言うことは聞くけれど飼い主の言うことは聞かなくなってしまいがちです。

ドッグトレーナーには噛みつかないけれど、飼い主には噛みつくといった感じで、根本的な噛み癖が治らないといったことが起きることがあります。

愛犬のチワワと一緒に仲良く生活し家族のような存在にするためには、結局、飼い主自身が正しいやり方で犬のしつけを実践することが必須となります。

現代はプロのドッグトレーナーによる実績のある犬のしつけを動画で簡単に学べることができるので、噛み癖がさらに悪化する前に試してみることをおすすめします。

大げさに言うつもりはないものの、最初は単なる噛み癖が次第にエスカレートしてしまい手に負えないほど狂暴化してしまうケースもあります。

犬には良い意味でも悪い意味でも理性はなく本能・感情だけで動きますから、いったん悪い方向へ本能が向いてしまうと、そこからはなし崩し的に犬の暴走が悪化していく危険があります。

そうなってしまうといよいよチワワを保健所に連れて行くことも頭をよぎるようになってしまうので、最悪の結果に招いてしまう前に正しいやり方で噛み癖を直して、チワワとの良好な関係を築くようにしましょう。

まだ仔犬の噛み癖ならエネルギーを発散させてあげることを中心に正しいしつけをしてあげれば甘噛みはしなくなります。

甘噛みは遊びながらトレーニングするとすぐになおりますが、具体的にどんなことをすればよいのかはこちらのページで教えてくれます。

他にも噛み癖だけではなく来客に飛びつかなくなったり、落ち着きなく走り回ったりすることがなくなり、ハウスにも自分から進んでお留守番もできる方法も教えてくれます。

1括~24分割 Inuversity(イヌバーシティ) ~いぬ大学~ 犬のしつけ教材

チワワ4ヶ月の噛み癖の体験談


生後4ヶ月のチワワの噛み癖が治りません。2ヶ月の時に飼い始めたのですが、家に来た当日から噛みついてきました。
餌もろくに食べないのに、元気で、噛みつく事しか頭にありません。怒ろうが何をしようが治りません


犬は歯の抜け替わりが済む(生後7~8ヶ月齢前後)までみんな噛みます。

食欲と同じような、噛みつき欲求があるものだと理解してください。

その噛みつき欲求をどう満たしてあげられるかが、重要なのです。

飼い主さんとの遊びなどの中で、噛みつき欲求が十分に満たされれば、問題となる噛みは少なくなります。

問題は、噛んで欲しくない物を噛ませていれば、成長段階でも、成犬になっても、その噛んで欲しくないものを噛む習慣を作ってしまうということです。

『子犬は噛むのが仕事』

ですから噛んでいい物をどんどん噛ませ、噛んで欲しくない物は噛む体験をさせない(しまう、または苦くする)ことです。


今のしつけは「褒めて伸ばす」信頼関係を重視するトレーニング方法に移行しています・・・・と、思っているのだが、
今の時期、家の環境に慣れたし、信頼関係が出来てくれば甘噛みをするようになります。
この時に、
・噛んで良い物悪い物
・これ以上噛むと相手が怪我をする(噛み加減を知る)
・人を噛んではいけないことを、知る機会だと思っています。


手への噛み癖はもう来た時から始めました。手を噛んだら指をそのまま奥までグッと入れると同時にダメと言うとと学習してしなくなりました。一回噛んでいい物と覚えると直すのが大変です
噛んでいいものをちゃんと与えます
ダメと言ったらちゃんということを聞きますか?
噛む瞬間にダメとしっかり目を見て大きな低めな声で叱る
それでも効かなかったらダメと言って軽く叩くなどしないと直らないと思います


しつけの方法として正しいのかどうかはわかりませんが、私がしていたのは、
・私の手を噛んできたら、そのまま口の中に指をぐっと手をいれる→少し苦しくなるので、嫌がる
・噛まれたとき、泣きまねするなど、悲しい表情をする→心配そうに見ていました。
この二点を続けていたら1歳になることにはすっかりになりました。

タイトルとURLをコピーしました