シンディ(ミシガン州)殺害犯人は誰?手口や動機は?逮捕の決め手は?

スポンサーリンク
0未分類

アメリカ・ミシガン州の妊婦、シンディ・トンプソン(Cindy Thompson)さんが1984年に何者かの手によって自宅寝室で殺害された事件が日本のテレビ番組「世界が騒然!本当にあった?衝撃ファイル」で紹介されました。

■あらすじ
アメリカ・ミシガン州で暮らす26歳のシンディが自宅で無残な遺体となって発見された。シンディは6年連れ添った夫と離婚後、学生時代の恋人マークと再会、再び交際をスタートさせていた。しかしマークは同棲をしている別の恋人の存在を隠しており、この禁断の三角関係は周囲の噂となっていた…。はたして、彼女を殺害した犯人は誰なのか?

The Murder of Cindy Thompson
スポンサーリンク

シンディ(ミシガン州)殺害事件の概要

1984年2月22日 妊婦のシンディ・トンプソンが ミシガン州ポンティアックの自宅で 殺害されているのが発見されました

シンディは出産まであと数ヶ月でした。

シンディの胎児の父親であるマーク・デイヴィスMark Davisは、シンディが寝室で殴られ、刺され、バラバラにされるという衝撃的な光景に遭遇することになりました。

26歳のシンディ・トンプソンはミシガン州ポンティアックの借家に住んでいた。

殺害された時、彼女は子供を妊娠7ヶ月でした。また、彼女は胎児の父親であるマーク・デイヴィスと交際していた。

1984年2月22日、シンディのボーイフレンドのマーク・デイヴィスは、朝の5時少し前に彼女の家に到着した。

マークがシンディの家に入ると、2階の寝室に倒れていたシンディの身体が切り刻まれているという恐ろしい光景が目に飛び込んできました。

マークはすぐに警察に通報し、検視官はシンディが撲殺され、刺され、その後、犯人によって分解されたと判断しました。

彼女の臓器は死体の横に転がり、シンディの頭の鈍器の傷は、ボールペンで殴られたものであることが判明した。

警察の調べでは、カギをこじ開けて建物に押し入った形跡はなく、家の裏口には鍵がかかっていませんでしたが電話のコードが切られていました。

目撃者によると、シンディさんが最後に生きているのを見たのは2月21日の夜、午後8時45分から9時15分の間だったという。

シンディ(ミシガン州)殺害事件の犯人は誰?動機は?

キャロル・エゲはシンディ殺害の容疑で逮捕され、裁判にかけられ、有罪判決を受けました。
キャロルはマーク・デイヴィスの2番目のガールフレンドでした。彼は殺人当時キャロルと同棲していたと言われています。

二人の女性は三角関係でデイヴィスと恋愛関係にあった。三角関係にあったという情報を聞きつけた捜査員たちは、すぐにキャロルを疑った。

法廷文書によると、キャロルは過去にシンディに嫉妬の怒りを示していたという。

目撃者が名乗り出て証言したところによると、キャロルとシンディはシンディが亡くなる数年前に、キャロルがシンディの家に入ったことも判明した。

シンディがデイヴィスのために買った時計ケースやTシャツを壊した際に口論になっていたという。

また、殺人のわずか2ヶ月前にシンディの姉の家で肉体的な喧嘩をしたという証拠もあった。

エゲに不利な証拠として、エゲと知り合いの二人の男がいました。エゲはトンプソンを殺すために350ドルを提供したと主張し、ルームメイトは家賃をタダにする代わりにアリバイを提供するように頼んだと証言しました。

シンディ(ミシガン州)殺害事件の犯人の手口は?

このような動機があったとしても、警察はキャロルと犯行を結びつけるものは何も見つけられなかった。

殺人現場でキャロルを見た目撃者もいないし、キャロルと殺人を結びつける物的証拠も法医学的証拠もなかった。

キャロルが所持していた箱の中にボールペン型のハンマー(殺人に使われたものに似ている)があったが、その道具と殺害を結びつける法医学的証拠はなかった。

は得られなかったという。には9年かかるという。

犯人を裁判にかけるだけの明確な証拠や手がかりが得られるまでに9年の歳月が費やされ、1993年になってようやく捜査が再開された。

1993年、シンディの頬に噛み痕があるという報告を受けて、アラン・ワーニックという法医学の歯周病学者がこの事件を担当することになりました。

ウォーニック博士はシンディの遺体を掘り起こしを試みますが約10年が経過していたため、シンディの遺体は腐敗しすぎていたために掘り出すことができませんでした。

そこでウォーニック博士は、シンディの頬にあった噛み痕はキャロルの歯でできたものだと主張し、検死写真に頼った。最終的に警察はキャロルをシンディの殺人容疑で起訴しました。

シンディ(ミシガン州)殺害事件の犯人の判決は?

キャロルの逮捕後の裁判で、ウォーニック博士は、350万分の1の確率で、キャロルの歯で噛み痕ができたと証言しました。

弁護側は、物的証拠も法医学的証拠もなく、キャロルを犯罪に結びつける証拠はないと主張しました。

弁護側また、シンディの頬にあった痕は噛み痕ではなかったと主張し、仮に噛み痕だったとしてもキャロルの歯列と一致しないと主張。

ただ、裁判の陪審員はキャロルを有罪としました。キャロルは仮釈放なしの終身刑を宣告されるとミシガン州控訴裁判所は彼女の有罪を支持した。

しかし2005年、判事が噛み痕を重視しすぎたと判断したため、キャロルの有罪判決は覆された。証拠は信用されませんでした。

2007年10月、キャロルはウォーニック博士の証言なしで再審にかけられた。陪審員は再び第一級殺人で有罪という判決。

オークランド郡巡回裁判所の判事は彼女に終身刑を宣告しましたが、仮釈放の可能性はありませんでした。キャロルは現在、ミシガン州の女性ヒューロンバレー矯正施設に収監されています。

タイトルとURLをコピーしました