ジェニー・コッケルはメアリの記憶を持つ生まれ変わり?真相は?

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

ジェニー・コッケルは、メアリの生まれ変わりとして過去の記憶を持つという人物。

1990 年代半ばに生まれ変わりの主張についてまとめた本でも有名になりました。

スポンサーリンク

ジェニー・コッケルはメアリの記憶を持つ生まれ変わり?真相は?

ジェニー・コッケルは著書「Yesterday’s Children」の中で、20世紀初頭のアイルランドのメアリ(Mary Sutton)という女性の人生の記憶を持つとしています。

メアリの人生に関するジェニー・コッケルの研究から実際のメアリの子供たちと再会(?)も果たしているようです。

メアリの子供たちの中には、ジェニー・コッケルを母親の生まれ変わりとして受け入れた人もいれば、ジェニー・コッケルの記憶は別物として認めない人もいました。

ジェニー・コッケルは、イギリスのテレビ放送BBCなどでも語っています。

ジェニー・コッケルは幼少期に過去の人生について話し、マラハイドという場所を挙げています。

またジェニー・コッケルは子供の頃にマラハイドの地図を描いて見せたと主張しています。

ジェニー・コッケルが最初にメアリについて話し始めたのは、ジェニー・コッケルが 4 歳のとき。

その後、1989年に調査中に地元の男性と連絡を取り合った後、ジェニー・コッケルはメアリの家族の姓がサットンであることを発見します。

1988年にジェニー・コッケルは催眠術を受け、その後いくつかの記憶を取り戻したと主張しています。

2000 年、CBSはジェニー・コッケルの本をドラマにした「イエスタデイズ チルドレン」を放映

ただし、テレビでは、ジェニー・コッケルは「ジェニー・コール」と呼ばれ、物語は多少書き直され、他の変更の中でも、ジェニー・コールは英国市民ではなくアメリカ人でした

ジェニー・コッケルの別の著書では「進行催眠」によって得られた記憶が彼女の将来の人生である可能性があると主張。

著書によると時間と死を越えて2050年頃のネパールでナディアという少女の姿を垣間見られたとのこと。

さらひ「Journeys Through Time」は子供の頃の記憶に基づいた日本での過去の生活にもついても言及しています。

まとめ:ジェニー・コッケルはメアリの記憶を持つ生まれ変わり?真相は?

まとめ中

ジェニー コッケルは、1953 年にハートフォードシャー州バーネットで生まれました。彼女の父親は電子工学技師で、母親は専業主婦でした。彼女の初期の家族生活は、父親の怒りに悩まされていましたが、後に彼女は、父親の同性愛を抑圧したことが原因であると考えました. 彼女の両親は、彼女が 13 歳のときに別居しました。彼女は結婚してノーサンプトンシャーの村に定住し、そこで暮らし続けています。退職するまで、彼女は足病医として働いていました。彼女には息子と娘がいます。

この記事では、コッケルの生涯と著作の概要を紹介します。彼女は、複数の過去生の記憶が確認されている数少ない人物の 1 人です。これらの中で最も詳細で最もよく知られているのは、1932 年に亡くなったアイルランド人女性、メアリー サットンです。

コッケルは、日曜学校の先生が死について話しているのを聞いたとき、自分が他の人と違うことに最初に気づき、他のみんなと同じように、彼が前世について言及していないことに戸惑いました。彼女は母親にこの問題を提起し、母親は思いやりのある反応を示しましたが、輪廻転生については認められた事実ではなく、信念として話しました。

同様に、彼女は8歳になるまで予感は正常だと信じていた.

7 歳になるまで、コッケルには幽霊のような友達が 2 人いました。第二次世界大戦中の軍服を着た若い男性は話??したり冗談を言ったりしていましたが、年上の男性は物静かで彼女にアドバイスをくれました。彼らは彼女にとって現実に見え、彼女は彼らが実際に生きた人々であることを知っていました.

コッケルはまた、海難の予感を報告している:

私は突然めまいがして、座らなければなりませんでした。私は船に乗っているように感じ、4 人ほどの男性がいる小さな廊下に閉じ込められていました。それは潜水艦の内部のように見え、恐ろしく閉所恐怖症を感じました. 船は燃えており、両端のドアは封印されていました。男たちは閉じ込められた。約15分間、私はこれらの男性の最後の瞬間を共有していました.彼らはおびえていました. 彼らが死ぬのを感じたとき、恐怖は私を去りましたが、ショックはかなりの時間私に残りました.

何人かが大丈夫かと尋ねてきたので、私は自分が見たこと、感じたことを彼らに話しました。翌日、HMSシェフィールドが前夜に敵の砲火で沈没したことがニュースで報じられました。

1890年代から1930年代にかけて、メアリーという名前の8人の子供を持つアイルランド人の母親として暮らしていた記憶が、幼い頃から夢の中で、また起きている間もずっと続いていた。7彼女は田舎の集落にある一家の別荘と彼女がよく歩いた地域、ほとんどの子供たちの外見と性格、料理や教会への通いなどの日常的な活動を思い出しました。支配的な記憶は、家から離れた場所でのメアリーの死でした. メアリーは若くして亡くなり、コッケルの子供時代を通して、彼女は子供たちを捨てたことに強い罪悪感を感じていました.

コッケルはまた、19 世紀の日本で少女だったことを思い出した。8海を見下ろすベランダのある裕福な家庭の一員として、これは快適な生活だったと彼女は感じた。彼女の人生は、父親が彼女のために選んだ年上の男性と結婚するためにフェリーから落ちて、17歳で溺死したときに終わりました.

タイトルとURLをコピーしました