ドライフルーツの羊羹の食べ方は?通販で最安値は楽天?アマゾン?

スポンサーリンク
未分類

「ドライフルーツの羊羹」とはその名の通り羊羹の中にドライフルーツを混ぜた新感覚のスイーツ。

東京にある「wagashi asobi」というお店で発表されるや否や、瞬く間に東京土産として注目され現在はドライフルーツの羊羹の類似品も多数出回るようになりました。

スポンサーリンク

ドライフルーツの羊羹の食べ方は?

ドライフルーツの羊羹はあるアーティストのイベントで「パンに合う和菓子」を依頼されたことがきっかけで誕生したスイーツ。

スライスしたフランスパンに合わせても良いし、
フランスパンにクリームチーズを塗って、その上にドライフルーツようかんをのせる食べ方もお店ではおすすめしているようです。

他にも日本茶やコーヒー、紅茶、赤ワインやウイスキー、日本酒など様々なドリンクとも相性が良いので、
ドライフルーツの羊羹をそのまま食べる食べ方ももちろんOKです。

ドライフルーツの羊羹とは?

ドライフルーツの羊羹の発祥となった東京・大田区「wagashi asobi」では
北海道産小豆の上質な餡と沖縄県西表産の黒糖とラム酒で炊き上げた、香り高くあっさりした甘さの羊羹に、ゴロゴロとしたドライフルーツの苺と無花果、胡桃のコンビネーション。

黒糖風味の和菓子やドライフルーツや胡桃入りのパン、あんぱんがあるように餡とパンはお馴染みの組み合わせだし、
他にも苺大福やフルーツあんみつのように餡の甘さとフルーツの酸味も定番の中の定番といえる組み合わせ。

ドライフルーツと黒糖(ブラウンシュガー)そしてラム酒の相性も良く、
黒糖とラム酒どちらも原材料はサトウキビから出来ているため、
ドライフルーツの羊羹は新しいスイーツではあるものの今までなかったのが不思議なスイーツ

「wagashi asobi」ではドライフルーツの羊羹の爆発的な人気を受けて、

平成25年度大田区『おおたの逸品』
平成27年経済産業省『TheWonder500』

などに認定されています。

ドライフルーツの羊羹の通販最安値は楽天?アマゾン?

「wagashi asobi」は虎屋出身の和菓子職人である稲葉基大さんと浅野理生さんともう一人創立メンバーで、大田区上池台のアトリエを拠点に作り上げる創作和菓子店です。

稲葉さんは和菓子の老舗である虎屋でニューヨーク店にも勤務したことがある人で、
浅野さんは京都の老舗鍵善良房で修業するなどを経て虎屋に入社すると、稲葉さんからの誘いで「wagashi asobi」の設立に加わっています。

そんな「wagashi asobi」で提供されるドライフルーツの羊羹の値段は2,160円となっていて、
wagashi asobiの店舗兼アトリエで購入できるほか、公式ホームページからも通販可能です。

大手のショッピングモールにドライフルーツの羊羹が出品されているのか調べてみたところ、
楽天では確認ができましたがアマゾンでは取り扱いはないようです。

楽天でドライフルーツの羊羹を通販するにはこちら

ドライフルーツの羊羹の味・感想は?

タイトルとURLをコピーしました