F15墜落事故原因の速報は?パイロットの安否・名前の発表は?自衛隊小松基地

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

航空自衛隊小松基地(石川県小松市)所属のF15戦闘機が石川県の小松基地を離陸した直後から行方が分からなくなっています。

同県沖で墜落したとみられていますが事故原因は?パイロットの安否・名前の発表速報は?

スポンサーリンク

F15墜落事故原因の速報は?自衛隊小松基地

石川県にある航空自衛隊小松基地のF15戦闘機1機が先月31日夕方、基地を離陸した直後にレーダーから消えて行方不明になりました。防衛省は墜落したとみて捜索を続けています。

 防衛省によりますと、F15戦闘機がレーダーから消えたのは午後5時半ごろ、小松基地から西北西におよそ5キロ離れた日本海上です。

 訓練に向かう途中の2人が乗っていました。

https://news.yahoo.co.jp/articles/045d7dc5cf342cdebaa95ca025bb51298caf9fed

行方不明になった機体は戦闘技術などの教育を専門に行う「飛行教導群」という部隊のものだということです。

航空自衛隊や海上保安庁が捜索し、31日夜、海上に機体や救命装備品の一部が浮いているのを発見。

2月1日09:29時点の発表では、まだ事故原因の発表及び搭乗員は発見されていません。

小松基地は戦闘機が墜落したと断定し隊員の捜索を続けているとのこと。

F15墜落事故のパイロットの安否・名前の発表は?

F15戦闘機は航空自衛隊の主力戦闘機で全国におよそ200機が配備されています。

航空自衛隊小松基地で行方不明となっているF15機体はは2人乗りで、小松基地に拠点を置く「飛行教導群」(通称アグレッサー部隊)に所属。

戦闘技術などの教育を専門に行う部隊で使用されているもので、当時、2人が乗っていたそうです。

今のところ、搭乗員は発見されていないことから岸防衛大臣は「引き続き、被害状況等の情報収集に努めるとともに、行方不明になっている2人の救出に全力を尽くす」とコメントしています。

追記

F15墜落、乗員の1人は「部隊トップ」の飛行教導群司令 捜索続く

航空自衛隊小松基地(石川県小松市)所属のF15戦闘機が沖合の海上で墜落したとみられる事故で、防衛省は1日、機体に乗っていたのは部隊のトップにあたる飛行教導群司令の田中公司1等空佐(52)と、植田竜生1等空尉(33)だと発表した。家族の了解が得られ、公表したという。同省や海上保安庁は現在も2人の捜索を続けている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/e9defa453f83b97fad1e6108ef50a75bf15bc10c

飛行教導群とは航空自衛隊のパイロットの精鋭部隊。

田中公司1等空佐はアクロバット飛行チーム「ブルーインパルス」の隊長も務めた経験があるベテランパイロットで総飛行時間は2800時間。

植田竜生1等空尉も総飛行時間は1900時間を超えるベテラン。

タイトルとURLをコピーしました