鰐淵晴子の現在|ハーフでハプスブルク家?

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

鰐淵晴子さんはバイオリニストとして幼少期から注目されさらに女優としても子役のころから数多くの作品に出演。

2022年9月には「徹子の部屋」に出演し孫2人への愛と亡き両親への感謝を語った鰐淵晴子さんの気になるプロフィールをまとめています。

スポンサーリンク

鰐淵晴子はハプスブルク家?

鰐淵晴子さんはオーストリア人の母・ベルタがハプスブルク家の地を受け継ぐ末裔でもあります。

ハプスブルグ家とはジュリアス・シーザーの末裔を自認する古代ラテン人の有力貴族の末裔

中世から20世紀初頭まで中部ヨーロッパで強大な勢力を誇り、現在でもかなりの王家がハプスブルグ系列に名を連ねています。

現当主カール・ハプスブルク・ロートリンゲンはオーストリア、ザルツブルグ在住。その他の家族は全員ウィーンで生活しています。

長女エレオノーレ

モデルやってます

アルプスが育んだ、エレオノーレ大公女の知的でエレガントな輝き。【#ワールドビューティーゴシップ】
父のカール・ハプスブルグ=ロートリンゲン大公から政治を、母のフランツェスカ・ティッセン=ボルネミッサから芸術を受け継いだ、知性と美。オーストリア最後の皇帝のひ孫である生粋のブルーブラッドは、アルプスの大自然に育まれて。

カール・ハプスブルク・ロートリンゲンの長男フェルディナント・ズヴォニミル

カーレーサーやってます

https://adelswelt.de/aktuell/ferdinand-habsburg-geht-zum-bundesheer/amp/

ちなみにオーストリアのハプスブルク家ですが、マリア・テレジア(マリーアントワネットの母)が、ロートリンゲン公フランツ・シュテファンと結婚して、彼がフランツ1世として神聖ローマ帝国皇帝に即位したので、家名及び王朝名がハプスブルク=ロートリンゲンに代わりました。

鰐淵晴子はハーフ?

鰐淵晴子さんは日本人とオーストリア人のハーフです。

鰐淵晴子さんの父は新潟県長岡市出身のバイオリニスト・鰐淵賢舟で母はハプスブルク家の末裔の1人であるオーストリア人の母・ベルタさんでウィーン出身の音楽家・ツィターの名人だったそうです。

ちなみに、鰐淵晴子さんは東京大空襲の約1カ月後に防空壕(ごう)の中でうまれたそうです。

鰐淵晴子wikiプロフィール

名前:鰐淵晴子

本名:鰐淵晴子

生年月日:1945年4月22日

年齢:77歳(2022年9月現在)

出身地:東京都

身長:165㎝

活動内容:女優、歌手、バイオリニスト

所属グループ:なし

所属事務所:アートプロモーション

家族構成:鰐淵理沙(娘)

出身高校:大西学園高校

出身大学:洗足学園大学声楽科卒業

最終学歴:ケルン音楽大学声楽家(修士)及び音楽教育学科(修士)卒業

祖父の鰐淵賢舟、戸田敏子、エリー・アーメリング、エレーナ・オブラスツォワ、ヨーゼフ・プロチュカ、ヘルムート・クレッチマー各氏に師事しました。

父の指導のもと、3歳からバイオリンの英才教育を受けて6歳の時には父親と日比谷公会堂でバイオリンを初演奏。

7歳の時には、バイオリニストとしてアサヒグラフ1951年8月号の表紙を飾り、8歳で全国を演奏旅行し、当時は「天才少女バイオリニスト」と騒がれた。

タイトルとURLをコピーしました