ファルコン・レイク事件とは?真相はUFO・宇宙人?解明は?

スポンサーリンク
0未分類

ファルコン・レイク事件(Falcon Lake Incident)とは、ファルコン湖で男性がUFOだと主張する何らかの要因で不可解な怪我をした事件。

UFOの目撃証言が多いカナダでも特に有名な事件として知られているそうで、2018年にはファルコン・レイク事件にちなんだ記念硬貨まで発売されています。

Burned by a UFO – The Falcon Lake UFO Photo – Dark Photos
スポンサーリンク

ファルコン・レイク事件とは?

ファルコン・レイク事件が起きたのは、1967年5月19日、かなたのマニトバ州ファルコン湖の近く。

スタン・マイカラック(ステファン・ミシャラク)は、2機の空飛ぶ円盤に接触したとされ、そのうちの1機によって火傷を負ったと主張

病院で治療を受けるミシャラクの胸部から腹部にかけて格子状の火傷の跡があり、彼のTシャツにも同様の格子が焼き付けられているように見えました。

ミシャラクの息子は後に「寝室は硫黄と焼きついたモーターのような酷い臭いが漂っていました。臭いの元は父の火傷でした」と語っています。

ファルコン湖で起きたとされるUFO遭遇事件については、これまでに2冊の本も出版されています。

2015年 ジョージ・ダッディング「ファルコン湖のUFO遭遇記」
2017年 スタン・ミシャラク、クリス・ラトコウスキー「When They Appeared Falcon Lake 1967: The inside story of a close encounter」

ファルコン・レイク事件の経緯

ステファン・ミシャラクは、工業機械工を生業としていたが、アマチュアの地質学者でもあり、石英や銀を探すために、ウィニペグの東約150キロにあるファルコン湖周辺の原野に出かけるのが好きだった。

に、さらに探索に出かけた。

1967年5月20日、長期休暇のステファンは、この地域の先カンブリア時代のシールドに沿った石英の鉱脈の近くで作業を死体たところ、ガチョウの群れに鳴き声を上げて空を見上げます。

するとそこには赤みがかった光を放つ2つの葉巻状の物体が約45メートル離れた場所に浮かんでいるのを見たという。

ステファンの証言によると、1つは下降して、平らな岩の上に着地し、円盤のような形になったという。もう1つは数分間空中に留まった後、飛び去ったという。

ステファンは、これは米軍の秘密の実験機ではないかと思い、30分ほどかけてスケッチをした。

近づいてみると、暖かい空気と硫黄の匂いがして、モーターの音と空気のヒューヒューという音がしたことを覚えている。

また、横に開いたドアの中に明るい光が入っていたことや、船からの音に消された声が聞こえたとも言っています。

ステファンは母国語のポーランド語、ロシア語、最後にドイツ語で話しかけて見ますが、船の音だけが聞こえるだけで返事らしい声は聞こえません。

彼はさらに近づいて、船の継ぎ目のない滑らかな金属に注目した。そして、試掘で石を削るときに目を保護するために使っていた溶接用のゴーグルをかけて、明るいドアの中を覗き込んだのである。

中には光線やさまざまな色の光が点滅するパネルが見えたが、人や生き物は見えなかったという。一歩離れてみると、3枚のパネルがドアの開口部をスライドして塞いでいた。

彼はその機体に触ろうとしたが、彼がはめていた手袋の指先が溶けてしまったという。

その後、機体は反時計回りに回転し始め、ステファンは格子状の穴が開いたパネルに気付いたという。

その直後、ステファンさんの胸に空気かガスのようなものが当たり、後ろに押されてシャツと帽子が燃えました。

炎上したシャツと帽子をはぎ取っていう間に、機体は離陸して飛んでいってしまった。

混乱と吐き気に襲われたステファンは、森の中でよろめき、嘔吐しました。宿泊していたファルコン・レイクのモーテルに命からがら戻ると、バスでウィニペグに戻りました。

胸と胃に火傷を負い、病院で治療を受けたが、後に格子状に盛り上がり、皮膚がただれたようになります。その後数週間は、下痢、頭痛、失神、体重減少などの症状に悩まされたという。

このステファンの体験談は、数日後には、ミシャラクだけでなく、多くの人々がその事実を知ることになった。

UFOに焼かれたという話がウィニペグ・トリビューン紙に掲載されると、RCMP(王立カナダ騎馬警察)や空軍、さまざまな政府機関の他、見物人の大群が、ウィニペグにあるミシャラク家にどっと押し寄せるようになります。

その後、1999年に83歳で亡くなるまで、ステファンは「何も言うべきではなかった」と思っていたと息子のミシャラクは言う。

しかし、当時、彼はそれが義務だと感じていた。他の人が同じものを見ることになっても、それを避けて傷つかないようにしたかったのだ、とミシャラクは言う。

カナダに移住してくる前、ポーランドで暮らしていたステファンは憲兵であり、不測の事態があればきちんと報告するよう訓練されていたのだ。

当局からの絶え間ない調査に加えて、家族は世間からの非難と批判に耐え、ステファンの正気が疑われ、ミシャラクは学校でいじめられた。

しかし、ステファンは「言わなければよかった」と思いながらも、決してその話から逃げようとはしなかった。また、彼は宇宙人を見たとも言わず、今でも軍の秘密工作と考えている。

何を見たのかと聞かれれば、詳しく説明することはできても、『ああ、あれは間違いなく地球外生命体だ』とは絶対に言わなかった。

亡くなるまで、彼の話は少しも変わりませんでした。

ファルコン・レイク事件の真相は?

その後、事件現場からステファンの手袋やシャツ、工具などが回収され、RCMPの犯罪研究所で詳細な分析が行われた。火傷の原因を特定することはできませんでした。

着陸地点には直径約15フィートの円があり、同じ岩場の他の場所に生えていたコケや植物はありませんでした。衣類や土壌を検査したところ、高濃度の放射能が検出された。

また、事件から約1年後に岩の割れ目から出てきた金属片も同様だった。金属は何らかの方法で岩の割れ目に溶け込んでいたのである。

それらの多くは、様々な機関に移管されたため、失われて久しい。しかし、ミシャラクさんは放射能が残っている金属片の1つをまだ持っている。

1968年、ステファンは胸に火傷が再発し、失神もしていたので、ミネソタ州ロチェスターのメイヨー・クリニックを訪れた。

医師は徹底的に調査し、精神科医にも診せた。その結果、「この人は現実的で、地に足のついた人で、ダジャレを言ってはいけない、作り話をしない人だという報告を受けました」という結論に至っています。

「もし、父がこれをデッチ上げたとしたら、それはブルーカラーの工業用機械工の話であることを忘れてはならないが、もしデッチ上げたとしたら、彼はとんでもない天才だ」と息子のミシャラクは言った。

ファルコン・レイク事件の証言には矛盾点も?

懐疑論者のアーロン・サクリッチは、ミシャラクが事件直後に警察に提出した報告書を他の証拠とともに検討し、ミシャラクは確かに火傷を負ったが、その火傷は飲酒によってもたらされた事故である可能性が高く、当時、湖の近くで銀鉱石の試掘をしていたミシャラクは、他の試掘者を近づけさせないために話をでっち上げたのだろうと結論づけた。

海外の懐疑サイトThe Iron Skeptic.comでは、ミハラクが前日夜だけで最低でもビール5本を持っていたことを隠していたことなど、UFOとの遭遇が疑問視される点をいくつも指摘しています。

最初警官に助けを求めた際、警官はアルコール臭こそ嗅ぐことはなかったが、血走った目は酔っ払いのようだったと報告している
警官に焼けた帽子を見せてきたが、頭には火傷をしなかった理由を答えられなかった
警官が彼のシャツを調べることを拒んだ
警官の「手袋を溶かすほどの宇宙船に触れたのに、なぜ手を火傷しなかったのか」という質問に答えることを拒んだ
放射能のある土壌などがミハラクによって集められたこと
捜査員の一人は、ミハラクが酒に起因する幻覚に苦しんだと確信していた
警官の報告書では「おそらく木材の灰を胸にこすっていた」とある

などの理由から、酒に酔ったミハラクが何かで火傷をしてしまい、それを有名になりたいためにUFOによるものだと嘘をついたんだろうと結論している。

RCMPファルコンビーチハイウェイパトロールの報告書に詳しくまとめられています。

ミハラクは「近づくと皮膚病か放射能をうつしてしまう」などと言い、警官を近づかせなかったとも書いてある。

放射線レベルが通常より高かったのも、当時使われていたラジウムが入った蛍光塗料を文字盤に使った腕時計に同じレベルの放射線があり、それをガイガーカウンターに近づけたためか、同様の物質を使って物質をわずかに放射化することもできるという。

1.この日の午後3時頃、マニトバ州ファルコンビーチから西へ約0.5マイル(PTH#1)をパトロールしていました。

ファルコンビーチに向かう高速道路の南側の路肩を歩いている男に気付きました。

彼は灰色の帽子、シャツなしの茶色のジャケット、薄い色のズボン、茶色のブリーフケースを着ていました。

2.彼は警察の車を見て興奮して腕を振り始めました。私は高速道路を回り、彼が望むものを見るために車を走らせました。

彼は私に、自分から離れるよう叫びました。私が「なぜだ?」と彼に尋ねたところ、彼は「2つの宇宙船を見た」と答えました。彼は私が近づくと、何らかの皮膚病や放射線をうつしてしまうかもしれないと言いました。彼はとても動揺していたようでした。

私はいくつかの身分証明書を要求し、彼は私に探鉱に関する書類を渡しました。これにはマニトバ州ウィニペグリンゼイ通り 314のステファン・ミハラクという名前がありました。

3.私は彼の異常な体験の状況について質問し、ミハラク氏は次の話を関連づけました。

彼はファルコン・ビーチの西約1マイル、北2マイルで鉱物採集をしていました。

昼の12時頃、2つの宇宙船が見えました。

彼はそれらが高速で回転しており、赤い輝きを放っていたと語りました。

排気ガスや何らかの種類の熱い物質が宇宙船から出て、シャツ、胸、帽子を燃やしました。

宇宙船はしばらく残っていましたが、どれくらいの時間か確実ではないものの、その後飛び去りました。

彼は治療のために茂みを離れました。

4.ミハラクは私に彼の帽子を見せました。その後ろの部分はこげていました。

私は彼のシャツを調べたいと思っていましたが、彼はそれ許さず、私が近づくたびに遠ざかりました。

私が判断できた限り、ミハラクの後頭部は焼かれていませんでした。

ミハラクは黒い物質??おそらく木の灰??を取って、それを胸にこすったように見えました。

ミハラクとの会話中に、彼は私が彼が怪我をしていないかどうかを確かめるために彼に十分に近づくことはできませんでした。

私は彼に、宇宙船に触れたのに彼の手が焼かれなかった理由を尋ねましたが、彼は答えることができませんでした。

私の要求に応じ、彼はソーサーのように見える宇宙船の図を描きました。

5.私はミハラクの酒の臭いを嗅ぐことができませんでした。

彼の全体的な様子は、泥酔した人とは似ていませんでした。

彼の目は充血しており、詳細な質問には一貫して答えることができませんでした。

私は、彼をファルコンビーチまで車で運び治療の手配をすることを提案しましたが、彼は大丈夫だと言っていました。

6.約30分後、彼は分遣隊事務所にやって来ました。彼は事務所に入らず、外で話しをしました。

彼はどこに医者がいるのか知りたがっていました。

私は、最寄りの医者ならオンタリオ州ケノラか、マニトバ州スタインバッハにいると伝えました。

彼は、自分がどんな目に遭ったのか公にしたくないと強く求めました。

ミハラクは、ウィニペグに戻る8時10分のバスを捕まえるつもりだと言いました。

彼が去った後、私はPTH#1のファルコン・ビーチ・ホテルの近くに座ってバスを待っている彼を見ました。

7.ミハラクによって提供された情報は、彼が非協力的なために曖昧にならざるを得ません。

彼のこうした非協力的な態度は、意図的なのか、あるいは彼の制御できない状況のためかもしれません。

  1. At approximately 3:00PM, this date, I was patrolling PTH#1, one half mile West of Falcon Beach, Manitoba, when I noticed a man walking on the South shoulder of the highway, towards Falcon Beach. He was wearing a grey cap, brown jacket with no shirt, light coloured trousers and carrying a brown briefcase.
  2. This subject, upon seeing the police car, began waving his arms excitedly. I turned around on the highway and drove back to see what he wanted.

He shouted to me to stay away from him.

I asked him why and he replied saying that he had seen two space ships.

He said I might get some sort of skin disease or radiation if I came to close.

He seemed very upset.

I asked for some identification and he gave me a document pertaining to prospecting, which showed his name as Stefan Michalak of 314 Lindsay Street, Winnipeg, Manitoba.

  1. I enquired as to the circumstances surrounding his unusual experience, and Mr. Michalak related the following story.

He apparently had been prospecting approximately one mile West and two miles North of Falcon Beach.

About 12:00 Noon the sighted the two space ships.

He said they were rotating at a high rate of speed and emitted a red glow.

The exhaust or some sort of hot substances came off the spaceship, burning his shirt, chest and hat.

The space ships remained a while, how long he was not certain, then flew away.

He left the bush to get medical treatment.

  1. Michalak showed me his cap, the back of which was burnt.

I wanted to examine his shirt, however, he would not let me, and kept backing away every time I got close to him.

As far as I was able to determine, the back of Michalak’s head was not burnt.

It appeared to me that Michalak had taken a black substances, possibly wood ashes, and rubbed it on his chest.

At no time during my conversations with Michalak would he allow me close enough to him to definitely see whether or not he was injured.

I asked him why his hands were not burnt if he had touched the spaceship and he would not answer me.

At my request he drew a diagram of the spaceship which appeared to be saucer shaped.

  1. I could not smell the odour of liquor on Michalak.

His general appearance was not dissimilar to that of a person who has over indulged.

His eyes were bloodshot and when questioned in detail could or would not answer coherently.

I offered to drive him to Falcon Beach and arrange for someone to treat him but he declined saying the he was alright.

  1. Approximately one half hour later, he came to the Detachment Office and for me.

He would not enter the office, so I spoke to him outside.

He wished to know where a Doctor could be located.

I told him the nearest ones would be in Kenora, Ontario, or Steinbach, Manitoba.

He requested strongly that I not tell anyone that had happened to him as he did not want any publicity.

Michalak said he was going to catch the 8:10 PM, bus back to Winnipeg.

He left and I later saw him sitting near the Falcon Beach Hotel on PTH#1, awaiting the bus.

  1. The information supplied by Michalak is of necessity vague due to his reluctance to co-operate.

This reluctance on his part may have been intentional or due to circumstances beyond his control.

タイトルとURLをコピーしました