GACKTの幼少期の持病の病名は?隔離病棟で壮絶な闘病が神経系疾患?

スポンサーリンク
0未分類

沖縄出身のミュージシャンで俳優のGACKT(ガクト)さんが幼少からの持病と重度の発声障害を併発したことに伴い無期限活動休止することが発表されました。

GACKTさんといえば幼少期から壮絶な生い立ちを経験し、一時は隔離病棟で過ごしていた経歴の持ち主であることを自身の著書「自白」でも語っていました。

ちなみに、GACKTって離婚歴があるって知ってました?私は知りませんでした…!

スポンサーリンク

GACKTの幼少期の持病の病名は?隔離病棟で壮絶な闘病が神経系疾患?

GACKTが無期限活動休止することが発表された。

GACKTの無期限活動休止は医師、GACKT本人、海外側のエージェントおよび日本のエージェント会社・グラブエンターテイメントの協議のうえ決定した。オフィシャルサイトにはその経緯が記されており、GACKTは8月6日に帰国してから体調不良となったのちに容態が急変。幼少期からの神経系疾患がきっかけとなり、一時は命にも関わる状態に陥ったという。

https://news.yahoo.co.jp/articles/b720d858d80a9c99336ca441b1ca89c085ea3aed

GACKTさんは8月上旬に移住先のマルタ共和国から帰国後、体調不良を訴えた後、容体が急変。

神経系疾患がきっかけとなり、一時は命に関わる状態になったという。現在の容体は安定しているが、体重が10kgも落ち、発声障害を併発したことから治療に専念していく。活動の再開時期は未定。

「映画『翔んで埼玉』の続編の撮影が数日行われたタイミングで、急にGACKTさんサイドから『体調不良で撮影に行けない』という連絡があったとのこと。

■GACKTプロフィール

本名:大城 ガクト(おおしろ がくと)

生年月日:1973年7月4日

年齢:48歳

血液型:A型

出身地:沖縄県糸満市

身長:180cm

職業:シンガーソングライター、俳優、音楽プロデューサー、声優

本名は岡部学(おかべ さとる)から両親の離婚で大城学(おおしろ さとる)となり、その後に大城ガクト(改名?)といわれています。

自衛隊の音楽隊でトランペットを担当していたという父親の元、子供の頃は転勤に巻き込まれ全国を転々していますが、青春期は滋賀に在住していた説が濃厚。

高校は滋賀県立守山高等学校に通っていたと言われていまsう。

守山高校を選んだ理由は、憧れのドラマーだった先輩が進学したからなんだとか。

そんなGACKTさんですが、自身の著書「自白」や2019年2月15日放送の「ダウンタウンなう『はしご酒』」で、幼少期は入院していたため病院生活が長かったことを明らかにしています。

自衛隊所属の父親は厳格な性格で、「食事中の私語は厳禁」「テレビを見ることを一切禁止」など家庭ではスパルタ式の教育を受けます。

父親の教育方針から、GACKTさんも3歳からピアノを習い始めるものの、ピアノの先生までスパルタ教育。

ピアノを続けていくことが嫌になったGACKTさんは、父親に相談したところで辞めさせてもらえるわけがないことから、ピアノの先生に様々なイタズラを駆使してやめさせられるよう仕向けていたそうです。

そして迎えた7歳のとき。沖縄の海で溺れてしまったことで生死の境をさまよう「臨死体験」をします。

ガクトさんが変容して今まで見えなかったもの、霊的な存在が見えるようになるなどしたため、精神不安定の判断が下されると10歳の頃には精神疾患の治療のため病院に入れられたそうです。

しかも鉄格子のついた小児病棟という「隔離病棟」で24時間常に監視され続けるという入院生活でした。

他にも、母親は父親との不仲で後に離婚をしていますが、母親も精神的に不安定だった時期があったようでGACKTさんは包丁で刺されるというセンセーショナルな経験もしています。

タイトルとURLをコピーしました