ios15.0.2バグ不具合は?セキュリティアップデートでMagSafe、AirTag修正

スポンサーリンク
0未分類

ios15.0.2アップデートがリリースされました。

MagSafe、AirTagの問題修正やセキュリティアップデートが主な内容とのこと。

スポンサーリンク

ios15.0.2バグ不具合は?セキュリティアップデートでMagSafe、AirTag修正

iOS 15.0.2のアップデートは無料でダウンロードでき、対象となるすべてのデバイスで、設定アプリからソフトウェアを無線で利用することができます。新しいソフトウェアにアクセスするには、「設定」>「一般」>「ソフトウェア・アップデート」と進みます。

Appleのリリースノートによると、今回のアップデートでは、メッセージからフォトライブラリに保存された画像が、関連するメッセージやスレッドの削除後に消えてしまう問題が修正されています。

また、iOS 15.0.2では、MagSafe搭載のiPhone用レザーウォレットが「自分を探す」に接続できない問題や、「アイテムを探す」タブにエアタグが表示されないことがある不具合が修正されています。また、CarPlayでオーディオアプリケーションを開けないことがある不具合や、iPhone 13モデルでFinderやiTunesを使用する際にデバイスの復元やアップデートに失敗することがある問題も修正されています。Appleのリリースノートの全文は以下の通りです。

引用:https://support.apple.com/ja-jp/HT212788

iOS 15.0.2には、iPhone用のバグ修正と重要なセキュリティアップデートが含まれます。

このアップデートには、iPhone用の以下のバグ修正が含まれます:

写真を保存したスレッドまたはメッセージを削除すると、“メッセージ”からライブラリに保存された写真が削除される可能性がある問題
MagSafe対応iPhoneレザーウォレットが“探す”に接続されないことがある問題
AirTagが“探す”の“持ち物を探す”タブに表示されないことがある問題
CarPlayで、再生中にオーディオAppを開けないことや接続を解除できないことがある問題
FinderまたはiTunesを使用してデバイスの復元やアップデートを実行するとiPhone 13モデルで失敗することがある問題

Appleソフトウェア・アップデートのセキュリティコンテンツについては、以下のWebサイトをご覧ください: https://support.apple.com/ja-jp/HT201222

タイトルとURLをコピーしました