肌着禁止校則(川崎市)の理由は皮膚の鍛錬?「男性教諭が第2次性徴確認…」

スポンサーリンク
0未分類

朝の情報番組「スッキリ」で、小学校高学年に対して肌着禁止という校則を設ける学校に対して川崎市議会で問題視されていることが報道されました。

スポンサーリンク

肌着禁止校則(川崎市)の理由は皮膚の鍛錬?「男性教諭が第2次性徴確認…」

川崎市立小学校の一部で、体操着の下の肌着着用を禁止する指導が行われていることが9日、分かった。川崎市議会予算審査特別委員会で、山田瑛理氏(自民)が「多くの子どもが『嫌』と言っている」と批判。肌が透けて見えることへの不安もあり、市教育委員会は見直しも含めて検討することを明らかにした。

 山田氏は、小学生の保護者から肌着着用禁止について知り「大変驚いた」と述べ、「小学生は性意識が芽生える非常に重要なタイミング。性意識をしっかり育てるべき時期に、逆行するような指導だ」と問題提起した。

さらに、高学年でもブラジャーを禁止とする他自治体のような対応は「ないことを祈る」とした上で、市教委に状況調査を要求。低学年児童からも「気持ち悪い、嫌だ」との声が多かったことを紹介し、市教委の対応をただした。

 石井宏之教育次長は、市教委として着用禁止の指導はしていないとしつつ、「運動後の汗で体を冷やさないなど、健康面や衛生管理面の配慮」から、主に低学年に禁止している学校が「一部ある」と答弁した。

 また、小田嶋満教育長は、「健康面や衛生管理面の配慮をするための指導は必要だが、児童の気持ちに配慮しながら適切に行うべきだ」と述べ、「改めて各学校の状況を調査した上で、今後、見直しも含めて検討したい」と話した。

 肌着着用の禁止を巡っては、ルール化する校則を疑問視する声が昨年から会員制交流サイト(SNS)で相次ぎ、機能面のほか子どもの人権に関する問題として批判が高まっていた。

https://news.livedoor.com/article/detail/19821532/
タイトルとURLをコピーしました