早川大輔(堀米雄斗コーチ)スケボー経歴をwiki調査!

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

早川大輔さんは2022年の東京五輪ではスケボー日本代表のコーチとして堀米雄斗選手らに帯同。

日本のスケボー業界をけん引してきたと言っても過言ではない早川大輔選手の気になるプロフィールをまとめています。

スポンサーリンク

早川大輔wikiプロフィール

名前:早川大輔

出身地:東京都葛飾区

生年月日:1974年3月14日

年齢:44歳

性別:男

出身地:東京都

出身高校:東京都立南葛飾高等学校

所属:有限会社建配

早川大輔の経歴

早川大輔さんはもともと13歳からスケボーをしていた経験があり19歳で初めてアメリカ・ロサンゼルスに渡った際、スケートボードで生きる決意を固めます。

自身のブランドHIBRID Skateboardsの運営&ライダーをはじめ、SKATE HARD Inc.の代表取締役を務める傍ら、オリンピックコーチングスタッフとしても活躍。

堀米雄斗のお父さんは高校時代からの地元のでスケボー仲間。

堀米雄斗選手の父親『堀米亮太』さんは、コーチ早川大輔さんとは15、6歳からの付き合いでした。

コーチ早川大輔さんは亮太さんのことをa.k.aゴメスと相性で呼ぶ仲です。

早川大輔さんがチームライダーと一緒にスケートビデオの撮影をしていた時に堀米雄斗さんもビデオ撮影に参加させてくれないか? と連絡を受けて、まだ小学生だった堀米雄斗に会います。

『将来はアメリカでプロになりたい』と言うので、中学生になった堀米雄斗さんや池田大亮、池慧野巨もアメリカに連れて行っていたそうです。

堀米雄斗選手は2022年の東京オリンピック・スケボーで金メダルを獲得しましたが、その舞台裏は早川大輔さんの姿がありました。

そんな早川大輔さんの感動秘話がNHK「逆転人生」でも紹介されました。

■番組内容
堀米雄斗選手が13歳のときに運命の出会いを果たしたのが、日本代表コーチの早川大輔さん。早川さんはかつて、夢をあきらめたスケボーキッズ。その夢を堀米選手に託し、トラック運転手の仕事で資金を稼ぐなど苦労しながら、育成に力を注いだ。そしてオリンピック本番。絶不調だった堀米選手は、一つのミスも許されない状況に追い込まれる。だが早川さんの言葉を信じ、逆転勝利に向けて全く新しい技に挑んだ。知られざる感動秘話。

早川大輔のツイッターやインスタグラム

早川大輔のツイッター

早川大輔のインスタグラム

早川大輔のフェイスブック

早川大輔の高校や中学は?

早川大輔選手の通っていた高校は東京都立南葛飾高等学校です。

ちなみに、中学ではサッカー部に入ったものの「部活文化」になじめずにいたところで出会ったのがスケボーだったそうです。

高校卒業後は、実家の家業・床屋を継ぐために専門学校を卒業して、就職先も決まっていたそうですが、一念発起して渡米しています。

早川大輔の結婚した嫁や子供は?

早川大輔さんは結婚しています。

これまでに事業に失敗して借金を作っていたこともあり、当時はトラックの運転手をやり、結婚した嫁にも働いてもらっていたそうです。「あのときがいちばんどん底。辛かったですね」と語っています。

タイトルとURLをコピーしました