廣川家(徳島)の場所ってここか!学校までも遠いんじゃない?

スポンサーリンク
未分類

廣川家とはテレビ番組「坂上どうぶつ王国」でたびたび紹介されていますが、7人家族がたくさんの動物たちと共に自給自足する様子が視聴者の興味を引き付けています。

「あのロケに行かせてください!」と3時のヒロインやEXITも熱望し、念願かなってホームステイをして、自給自足生活を体験。

EXIT兼近さんは野生のシカを捌く時には、思わずギブアップをしてしまい、「「食べること」についていろいろと考えさせられることもあったようですね。

廣川家では実際に、子供たちの「食育」にかなりの力を入れていて、基本的に自分たちで作ったものしか食べさせない方針となっていますが、
ただそのやり方が「やりすぎではないのか?」と一部の視聴者から軽く炎上を招くような反響も呼んでいるようです。

スポンサーリンク

廣川家(徳島)の場所はどこ?住所は?

廣川家は父と母、5人の子供たちの大家族に加え、犬、猫、ヤギ、ウサギ、ニワトリなどあわせて20匹以上の動物と暮らしています。

2020年には新たに4匹のウサギが誕生、ヤギも3匹の赤ちゃんを出産しますます賑わいを深めていますが、
四国一の水質を誇る清流穴吹川のほとりにある徳島県・美馬市の山奥の集落に位置しています。

実は詳細な住所も判明していて、

■場所
住所:徳島県美馬市穴吹町口山首野520-2

■アクセス
徳島駅から 車で約90分
穴吹駅から 車で約20分
最寄り徳島道脇町インターからは、車で約30分

となっています。

というのも、廣川家では収入を得るための仕事として農家民宿の営業も行っています。

廣川家(徳島)の子供たちの通う学校は?

#66猪の胃袋を焼いて食べた日

廣川家のすーさん(父親)と、あゆみん(母親)の2人はもともと神奈川県に住んでいましたが東日本大震災がきっかけで移住を考えるようになります。

将来を見据えて生活スタイルを変えようということで2011年に徳島に移住を決めると、自給自足するようになっています。

母親あゆみさんが徳島県にある名西高校から徳島文理大学に進学をしていることから、おそらくは土地勘があったんじゃないでしょうか。

廣川家の大家族が身を寄せている民家は、間取り6LDKとかなり広々ですが、家賃がたった3万円。

明治時代に建てられた建物ででなんと築140年の古民家で、
田舎特典でなんと畑が3つと裏山までオプションでもらってしまったそうです。

これだけあればどこまで行ってもキャンプし放題ですね。

子供たちも小さなころから、包丁を持たされて食事の用意を手伝うのが当たり前だったのか、
「坂上どうぶつ王国」では料理人のような包丁さばきや発する言葉もどこか大人びた印象があります。

長男や次男はすでに学校に通っている年齢で、登下校する様子もちらっとテレビに出てくることもありますが、
調べてみると、廣川家が移住した徳島県美馬市穴吹町には

三島小学校
穴吹小学校

があり、このうちのどちらかに通っているとみられます。

廣川家との位置関係から考えると、穴吹小学校の方が近いのでこちらの学校に通っているんじゃないでしょうか。

近いといっても、穴吹小学校までの道のりは数キロ単位もあるようです。

小学生の子供が歩いていくには決して近い距離ではなく、廣川家の子供たちは徒歩で通学しているとしたら相当の時間がかかり、学校で友達と遊んでいる暇なんてなさそう

タイトルとURLをコピーしました