星の花が降る頃に続きで夏美は?

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

安東みきえ「星の花が降る頃に」は中学1年生の国語で取り上げられることが多い作品。

「物語の続きについて考える」というテーマで授業を進められ、宿題が出されることも多いですが星の花が降る頃に続きは?

スポンサーリンク

星の花が降る頃にあらすじ

主人公は仲の良かった夏実との仲がこじれてしまった

戸部くんがやたらとからんでくるのは何故だろう?と主人公は思っていた

夏実に話しかけようとして無視されてしまったことを戸部くんに見られていた

戸部くんが何を思っているのか気になり戸部くんを探しに行った

戸部くんが校庭の隅で背中を丸めてボールを磨いている姿を見て、自分の悩みが小さいことに気づいたら

顔を洗っていると戸部くんが声をかけて、あたかもの文を笑いながら言った

いつも近くで見守って気遣ってくれている戸部くんの優しさに気づいた

星の花が降る頃に続きで夏美は?

「星の花が降るころに」という物語について、国語の授業で話の続きを考える宿題が出されることが多いです。

夏実がどう思っているからこうだろう、戸部君がこう思っているからこうだろう、といった漢字で根拠を踏まえて続きを書くように指示されることが多い作品です。


ガタン!ふと目が覚める。時計は午後8時。どうやら私は夕食の支度を終え、ひと息ついている間にうたた寝してしまったようだ。「夏実…。」たった今見ていた夢のことを思い返す。今でも中学時代を思い返すと、胸が苦しく締め付けられるようだ。もうあれから10年以上も経ったのに。

結局あれから、夏実と言葉を交わすことはなかった。時々目が会うことはあった。けれどその度に私と夏実の間には重苦しい沈黙が流れ、ほんの1、2秒が何十分にも感じられ、私は自分から目を反らしてしまった。その度に私は後悔し、次こそはきちんと話しかけようと自分に誓った。けれど何度目が会っても、私の口は鉄の扉のように重く閉ざされてしまい、結局話しかけることはなかった。やがて目が会うこともなくなった。そして私と夏実は卒業し、それぞれ別の高校へ進んだ。

高校ではたくさん友達が出来た。大学でもたくさんの人と仲良くなれた。多分、毎日がとても充実していたんだと思う。きっと楽しかったはずだ。でもなぜだろう。高校や大学で何をしたのか、今となってはほとんど思い出せない。友達との連絡もすっかり途絶えてしまった。そして私の心の奥には、今でも夏実のことだけが引っかかっている。私は夏実に謝りたいのだろうか。怒りたいのだろうか。それとも許してほしいのだろうか。今となってはもう分からない。ただ夏実と過ごした日々だけが、いつまで経っても消えてくれない。

「ただいま。」旦那が帰って来た。「お帰りなさい、戸部君。」「お前も戸部だろ。結婚したんだから戸部君はやめろよ。」今、この日々が照れくさくて、くすぐったくて、私はまだ戸部姓を名乗ることに慣れていない。

引用:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13250133028

星の花が降る頃に感想は?

タイトルとURLをコピーしました