雹害で車のボコボコ修理は?フロントガラスのひび割れは?

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

車の屋根が雹(ひょう)でボコボコになってしまったり、フロントガラスがひび割れしてしまった場合。

雹害で修理が難しい場合は、やはり買い替えしなければいけないんでしょうか?

スポンサーリンク

雹害で車のボコボコ修理は?フロントガラスのひび割れは?

ゴルフボール大“ひょう”襲来 車ボコボコ…窓ガラス割れ 小学校“休校”

 各地でひょうが降る前、空では異変が起きていました。

 分厚い雲が空を覆っていきます。しばらくすると、ひょうが降ってきました。

 撮影者・もころんさん:「これは何が降っているんだろうと、最初思って。本当に大きいひょうなんて、見たことなかったので。うちの周りは畑なんですけど、農作物とかは折れてて。地面のほうには、ひょうが埋まってる」

 車を見てみると、至る所がへこんでいるのが分かります。降ってきたのは、ゴルフボールほどの大きさのひょうでした。

 別の車は、車のボンネットにボコボコと、複数のへこみが確認できます。一体、どれほどの衝撃があったのでしょうか?

https://news.yahoo.co.jp/articles/12cd4f1cdb06a1a18a49b3e9644dbdf0c12de2f4

車の屋根が雹(ひょう)でボコボコになってしまったり、フロントガラスがひび割れしてしまった場合。

ネットでは雹害車の修理を見積もりに出した際、屋根、ボンネット交換、その他部分を板金塗装で修理費の総額が約45万円にもなったとの口コミもありました。

雹害で車のボコボコ修理は車両保険のカバー範囲となっていて台風・飛来物で出ます

雹の被害にあった方はまずは契約内容を確認する事をオススメします。

風災、雹(ひょう)災、雪災とはなんですか?/損保ジャパン
損保ジャパンが「風災、雹(ひょう)災、雪災とはなんですか?」というよくあるご質問に回答します。

・盗難
・落書きなどのいたずら
・騒じょう、労働争議による暴動
・台風、竜巻、洪水、高潮
・火災
・飛び石などの飛来物、落下物

1等級落ち 保険料が上がるのは次回更新時のみ、2年後には事故ナシ等級に復帰できます

概算では保険使用の場合
次回更新時 16等級(36%割引) 67,000円 2年後17等級(53%割引)49,000円 3年後18等級(54%割引)48,000円
次回更新時の差額保険料22,000円 2年後事故なし等級復帰で差額保険料4,000円 3年後は9,000円

修理代を支払って数年がかりで完済するか。

保険を使って次年度等級ダウン、もしくは修理しないでボコボコの車体で走るか。

3択となりますが、とりあえず実際はいくら保険料が上がるのか確かめてみましょう。

またこの際に自動車保険をきちんと見直しておくことをおすすめします。

自動車保険は様々なオプションが追加され複雑化する一方ではあるものの、その分、様々な条件で保険料が割引されるようになっています。

年齢条件の設定で保険料は安くなるのに、「年齢を問わず補償」「21歳以上補償」「26歳以上補償」など自分の年齢に見合わない設定なっていたらそれこそ保険料の払い損です。

毎月の収入を1000円増やすのは難しいのに対して、毎月の出費を1000円減らすのは自動車保険を見直すだけで良いので想像以上に簡単です。

一番安い自動車保険がわかる!

それと、雹被害があった地域は板金工場が大混雑になるので早めに修理に出す事をオススメします。

また雹でルーフがボコボコになるなど自動車はフレームを板金修理すると「修復歴有り」要するに事故車扱いになる点に注意が必要です。

「修復歴有り」の車を乗り続けて古くなってくると、車を買い替える際にも、ディーラーで下取りすらしてもらえない可能性があります。

新しい車に乗り換える際、お金で苦労することも考えられるので、いっそのことまだプラスの査定額を付けてもらえるうちに乗り換えるのも一つの選択肢ではないでしょうか。

中古車の買取業者によってそれぞれ強みが違って、

・解体して部品を売るルートがある
・特定の車種に強い販売ルートがある
・海外への販路ルートが広い
・スクラップにしてなんでも売ってしまう

などなどの違いがあるため、値段はまさにピンキリ。

引用:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000270.000002830.html
弊社の一括査定依頼サービスの利用者の場合、車買取会社の買取査定額のほうがディーラー下取りの査定額よりも平均で17万7,693円高いという結果と なっています。売却金額が25万円未満の車でも、車買取会社での買取りのほうが平均で5万円以上も高額に査定されていました。また、売却金額が125万円 以上になると車買取会社の査定額のほうが平均30万円以上高くなるという傾向も。査定額のみに絞って見ると、車買取会社に優位性がうかがえます。


つまり、下手な業者に売却した場合、17万円以上も損をすることがあるわけです。

中古車の買取業者を探すにはやはり一括見積サイトを使うのが便利です。

自分が住んでいる地域の業者に対して一気に見積もり依頼を出せます。

・メーカー
・車種
・年式(多少ずれていてもOK)
・走行距離(多少ずれていてもOK)

の4項目と連絡先を入力すれば良いので、作業はスマホからでも一分もあれば完了。

繰り返しになりますが、自分で探した1社だけで業者を探しを妥協すると、最悪の場合、17万7,693円も損をしていた可能性があります。

そう考えると、一分の手間を惜しまず、すぐに見積もりを取り寄せておいて損はないんじゃないでしょうか。

【カーネクスト】

雹害で車のボコボコネットの口コミは?

タイトルとURLをコピーしました