仙台育英と前橋育英は兄弟校?奈良育英・育英高校と関係は?

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

高校には、

前橋育英
仙台育英
育英高校(兵庫)

という「育英」を含む学校がいくつかありますが関係はあるんでしょうか?兄弟校?

同系列の学校なんでしょうか?

スポンサーリンク

仙台育英と前橋育英は兄弟校?奈良育英・育英高校と関係は?

仙台育英
前橋育英
育英(兵庫)
奈良育英

これらは全て別の学校法人です。

法人としては、

仙台育英は、仙台育英学園
前橋育英は、群馬育英学園
奈良育英は、奈良育英学園
育英は、武井育英会

と、なり全く関係ありません。

「育英」という文字が共通しているだけです。

育英(兵庫)は明治32年に庄野一英により「数英漢学会」という私塾からの流れ

前橋育英はそれと比べて昭和40年代位に出来た学校です。

奈良育英学園はキリスト教信者の藤井高蔵、ショウ夫妻が大正5年に奈良県で私立育英女学校を設立、奈良県知事や財界、国会議員の支援を受けて奈良育英高等女学校と変更します。

育英とは孟子から来た言葉で、「すぐれた才知をもつ青少年を教育すること。学資などを助けて学業にいそしませること。」という意味があります。教育関係では名前によく使われそうな言葉ですね。

鳥取にも鳥取中央育英高校、由良育英高校があります。

仙台育英は、明治38年に加藤利吉という会津の米商人の次男が東京学院を卒業して、仙台の外記丁に私塾を開いたのが始まったもの、他の方のご指摘の通り孟子が好きでそこから育英塾を発足させます。仙台育英高校のHPにも加藤利吉は幼いころから四書五経に親しんでいたと書かれております。

東京にでて文学で薩長に負けないように思った加藤利吉は、東京学院を卒業して、薩長コンプレックスが無くなると、今度は米英に負けないようにという気持ちになり神田正則英語学校に入学し卒業します。そしてヘンリーというアメリカ人に日本語を教えて、ヘンリーからはネイティブな英語を教わりますが、そのうちにヘンリーの娘のカレンと恋仲になってしまいます。ところが、ヘンリーの父親が病気になるとヘンリーとカレンはアメリカに戻ってしまいます。

カレンとの別れのあと、大陸の戦争に徴兵され、加藤利吉は大陸でロシア軍相手に戦います。上官は長州の仕官で、会津出身の加藤利吉は斥候と仕官の弾除け代わりという過酷な任務を命じられて、銃弾に倒れ、内地の病院に護送されます。

頭に銃弾を受けていたので、もう助からないところを仙台の医師に助けられます。仙台の陸軍病院で奇跡の回復、そして加藤利吉を看病したのがさよさんでした。さよさんは、重傷者を何人も助けた名ナースで、かよさんの看病により加藤利吉は復活を遂げました。その病院は小さな丘の上にあり遠くに青葉城跡が見えました。そして、かよさんと結婚し、かよさんの実家の助けも有って育英塾を仙台の外気丁(今の錦町公園)に作るわけです。

タイトルとURLをコピーしました