iOS15.3.1不具合・バグは?エラーで起動しない・つながらい?

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

iOS15.3.1が2022年2月11日(日本時間)にリリースされました。

iOSのアップデートでは

LINEがつながらなくなった
twitterなどのアプリが起動しなくなった
アプリが強制終了する
エラーでアップデートできない

といった不具合が起きるケースが多いですが、iOS15.3.1で不具合・バグは?

アプリが重いといったエラーは?

スポンサーリンク

iOS15.3.1アップデート内容は?

Appleはマイナーソフトウェアアップデートを発表。

主な目的は、全体的に長引くいくつかの問題を修正することです。

iOS 15.3.1、iPadOS 15.3.1、macOS Monterey 12.2.1、そしてwatchOS 8.4.2をリリース。

これらは、バグに対処してパッチを当てると同時に、個々のソフトウェア・プラットフォームの全体的な品質を向上させることを目的としています。

しかし、いくつかの重要な追加機能があります。まず、iOS 15.3.1では、ソフトウェアアップデートにより、一部の点字ディスプレイが反応しなくなる問題に対処しています。

以下は、iOS 15.3.1に関するAppleのリリースノートです。

iOS 15.3.1 では、iPhone の重要なセキュリティ アップデートが提供され、点字ディスプレイが反応しなくなる可能性がある問題が修正されます。

アップルの添付のセキュリティサポート文書によると、ソフトウェアは、悪意を持って細工されたウェブコンテンツが任意のコードの実行につながる可能性のあるWebKitのバグに対処していると説明されています。

アップルのソフトウェアアップデートのセキュリティ内容については、こちらのサイトをご覧ください。

Apple security updates
This document lists security updates for Apple software.

一方、Appleは、macOS Monterey 12.2にアップデートしたMacBookのBluetoothのバッテリー消耗問題に対するパッチを用意しています。それが、macOS Monterey 12.2.1です。

watchOS 8.4.2でも、いくつか残っているバグに対処しています。

Apple セキュリティアップデート
Apple ソフトウェアのセキュリティアップデートをまとめて紹介します。

参考:iOSのバージョンアップ履歴

iOS 15 のアップデートについて
iOS 15では、空間オーディオやポートレートモードを含め、FaceTimeのオーディオとビデオが改善されます。“あなたと共有”では、“メッセージ”のチャットで共有された記事や写真などのコンテンツを対応するAppに表示させることができます。集中モードを使えば、今していることに合わせて通知をフィルタリングし、気が散らない...

iOS15.3.1不具合・バグは?エラーで起動しない・つながらない・重い?

タイトルとURLをコピーしました