ジャコベリスの成績をwiki調査!トリノ転倒も北京で金メダル!スノーボード クロス

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

リンゼイ・ジャコベリスはスノーボード クロスの選手。

2022年の北京五輪(北京オリンピック)では金メダルを獲得し16年ぶりのリベンジを果たしたリンゼイ・ジャコベリス選手の気になるプロフィールをまとめています。

スポンサーリンク

リンゼイ・ジャコベリスの成績・戦績

2005年世界選手権(ウィスラー) 金メダル
2007年世界選手権(アローザ) 金メダル
2011年世界選手権(ラ・モリーナ) 金メダル
2015年世界選手権(クライシュベルク) 金メダル
2017年世界選手権(シエラネバダ) 金メダル

リンゼイ・ジャコベリスwikiプロフィール

名前:リンゼイ・ジャコベリス(Lindsey Jacobellis)

生年月日:1985年8月19日

年齢:36歳

国籍:アメリカ合衆国

出身地:コネチカット州ダンベリー(バーモント州ストラットン育ち)

ジャコベリスがスノーボードクロスのレースを始めたのは11歳の時、ヴァージニア州のストラットンマウンテンで開催されたローカルイベント。

スノーボードクロスがオリンピックの正式種目に採用される前、2003年の冬のXゲームで、ジャコベリスはスロープスタイルで銅メダルを獲得

15歳で初めてXゲームに招待され、17歳までにスノーボード米国代表の座を手に入れた。

リンゼイ・ジャコベリスの経歴

2006年トリノオリンピックでは公式種目として初採用された女子スノーボードクロス決勝ではレースは序盤からジャコベリスが他の選手をリードする展開が続いていました。

リンゼイ・ジャコベリスの金メダルは誰もが確定していた矢先、ゴールまであと140フィート(43メートル)の最後のキッカー(ジャンプ台)でグラブトリックを失敗。

ボードの端から着地してしまって転倒。すぐに体勢を立て直してコースに復帰したものの、後ろから追走していたフリーデンに追い抜かれて銀メダルに終わった。

汚名返上の掛かった2010年バンクーバーオリンピックでは5位に終わった。 さらに3度目の挑戦となった2014年ソチオリンピックでは、準決勝の第2レースで2位以下に大差をつけて先頭を滑走していたが、ゴールまでもう少しというところでバランスを崩して転倒し、決勝進出はならず、7位に終わった。 そして2018年のピョンチャンオリンピックでも4位に終わってメダル獲得はならなかった。

そして望んだ16年後の2022年、北京五輪(北京オリンピック)では金メダルを獲得した。

リンゼイ・ジャコベリスの結婚した旦那(夫)や子供は?

調査中

リンゼイ・ジャコベリスがトリノ転倒から北京で金メダルにネットは?

タイトルとURLをコピーしました