【画像】ジムニーロング日本発売?ジムニーシエラ5ドア発売時期はいつ?

スポンサーリンク
未分類

ジムニーは空前のアウトドアブームの後押しも受けて、軽ならではの小回りが利くことから、山中や砂利道など凸凹のある悪路でも運転しやすい造りが受けて大人気の車種。

発売開始から現在は4代目ジムニーが発表されていますが、かねてから噂のあったジムニー5ドア「ジムニーロング」が発売されるのでは?という観測があります。

スポンサーリンク

【画像】ジムニーロング

以前に、2019年に開催された東京モーターショーで、ジムニーシエラの5ドアモデル(ロング)がお披露目されるかもしれないという話題がありました。

 しかし、東京モーターショー2019ではジムニーシエラ5ドアは発表されませんでしたが、最近になってある情報を入手。

 それは、スズキは東京モーターショー2019においてジムニーシエラ5ドアを発表する予定だったというのです。

 スズキの情報に通じているジムニー業界関係者は、次のように語ります。

「かなり上のポストの人から、『ジムニーシエラ5ドアの日本発売が決まった』という話を聞きました。

 この時点で、すでに日本のスズキとインドのマルチスズキが合弁で作ったハサンプールの工場が完成していたので、やはり日本用の生産ラインもあるのかと思いました」

 ちなみにこの関係者によれば、2020年度初頭からジムニーシエラ5ドア用のラダーフレームをハサンプール工場で生産を開始する予定になっていたということです。

 しかし、コロナ禍により生産は当然中止となり、現在もラインは動いていない模様です。

https://news.yahoo.co.jp/articles/9cf094df0c48f33dbf20033362295a96872051ed

インドのマルチスズキでは以前、2代目ジムニーをロングホイールベース化したモデル「SJ413(ジプシー)」を生産し、警察や軍で導入されていました。

5ドアのジムニーは決して何の根拠もない話ではなく、むしろ日本導入は時間の問題だったと言えるのかもしれません。

ジムニーロングの発売時期はいつから?

スズキが日本導入を発表できない理由があります。

 それは日本向けモデルの納車の大幅な遅れです。ジムニー、ジムニーシエラの納車がままならない現状において、新バリエーションの発表がひんしゅくを買うことは容易に想像できます。

海外メディアにおいては、ジムニーシエラ5ドアの予想記事やCGがすでに出回っていますが、日本導入は懐疑的な見方も少なくありませんでした。

 しかし、インドで生産した車両が日本に入ってくるというのは、どうやら本当の話のようです。

 イギリスでは、ジムニーシエラの2シーターモデルも導入され、着実にジムニーワールドが広がっています。

これもコロナ禍が終息し、各生産ラインが正常化してからの話となりますが、日本の場合はとくに、納期の正常化を達成しなければなりません。

 スズキ湖西工場は2020年4月から5月上旬にかけて操業停止となっていますが、5月下旬からは通常操業に戻っています。

 しかし、現在もまだ納車1年待ちの状態は、両モデルで続いています。インド工場が稼働すれば、ジムニーシエラの生産体制は大きく変わりますが、これも2021年に持ち越されそうです。

どう短く見積もっても、日本でのジムニーシエラ5ドアモデルの発表は2021年末になるのではないでしょうか。

市場では現在、ジムニーを注文しての納車まで1年待ちいうほどの人気を誇っていることから、
そんなに待つならさっさと別の車に買い替えてしまうという、ジムニーの売上を頭打ちにさせているのでは?という観測もできます。

もし根気強くジムニーの納車を待てるのであれば、2年先のジムニーシエラ5ドアを選択肢に入れるというのも手かもしれません。

ジムニーロング発売の噂へのネットの反響

かつてエスクード・ノマドという車がありましたが、
ノマドは意外に需要があったんで、そのクラスを求める層もあるでしょう。
そういう方々には良いんじゃないですかね、シエラ5ドア。
今のエスクードはもうエスクードじゃない単なる乗用車ですからね。
私は軽自動車のジムニーが欲しい人間なんで要りませんが、
消費者の選択肢が広がるのは良い事だと思います。
ピックアップやバンもいいなぁ。

5ドアロングが発売されれば、きっと売れるんだろうな。
だけど3ドアの方の売れ行きが落ちるかも知れないね。
軽ジムニーの方は軽規格があるから5ドアはムリだと思うので。
三菱ジープのように、ホロ付きオープン仕様をぜひ発売して欲しい。

現行モデルの納期が一年待ちでは5ドアモデルを発表する段階では無いと思う。生産が追いつかないスズキにとって、納期問題で二の足を踏んでいる隠れファンの購入意欲を満たせず、チャンスロスに繋がっていると思う。
仮に5ドアモデルを作るにしても、今のエンジンでは重量増に対し非力であり、エンジンの改良なり、ターボ装着など必要になるだろう。

ついに、ファミリー層の新規顧客をジムニーで取りにきたのかな?
少しBMW MINIの戦略に似ているが、ある一定のブランドとファンが確立していてこそできること。
そういった意味ではこのビックチェンジが大きくヒットをしたことは大きかった。
今後の展開が楽しみになりましたね。

タイトルとURLをコピーしました