第109回看護師国家試験(国試2020)解答速報(午前,午後の難易度や問題解説)今年も厚労省に受験生の批判殺到?

スポンサーリンク
受験,入試(解答速報,倍率,志願状況)

第109回看護師国家試験(国試2020)は下記のような日程・内容で行われました。

■日程
2020年2月16日(日)
午前の部:午前9時50分~12時30分(計2時間40分)
午後の部:午後2時20分~午後5時00分(計2時間40分)

■試験内容

問題数は全240問(午前・午後共に120問ずつ)

出題範囲は例年通り、

人体の構造と機能
疾病の成り立ちと回復の促進
健康支援と社会保障制度
基礎看護学
成人看護学
老年看護学
小児看護学
母性看護学
精神看護学
在宅看護論
看護の統合と実践

といった感じに言なっています。

スポンサーリンク

第109回看護師国家試験解答速報(国試2020)

2020年の第109回看護師国家試験(国試)の解答速報は

ナース専科
東京アカデミー
twitterのハッシュタグ「#看護師国家試験解答速報」
5ch

といった手段で情報収集できます。

今年は看護師国試試験対策 講座・模擬試験のテコム看護で必修問題の解答速報がすでに発表されているほか、東京アカデミーでも同じく解答速報がすでにまとめられています。

資格試験の解答速報では「東京アカデミー」は定評がありますが、
速報のスピードや正確性といった点では看護師に特化した求人サイトでもある「ナース専科」の方が優れている印象があります。

他にもtwitterのハッシュタグ「#看護師解答速報」や「#看護師国家試験解答速報」で解答が続々と投稿されるし、
5ch掲示版にも解答がドンドン投稿されていきます。

最終的に完成度の高い解答速報が出来上がるスピードで言えば、
5ch掲示版に比べると「ナース専科」の方が早い印象があります。

第109回看護師国家試験(国試2020)の合格率,合格ボーダーラインは?

看護師国家試験では

必修問題
一般問題+状況設定問題

に分けられていて、それぞれの問題の合格ボーダーラインを超える得点をとることで合格となります。

必修問題は80%以上(50点満点中40点以上)
一般問題と状況設定問題のボーダーラインは毎年変動し平均156点
※250点満点【一般問題は全130問(1問1点)、状況設定問題は全60問(1問2点)】

第108回看護師国家試験の合格状況は、

受験者数63,603名(出願者数64,153名)
合格者数56,767名
合格率89.3%

そのうち、新卒の合格率は94.70%(受験者数58,308名で合格者数55,216名)となり、
過去10年でワースト3に入る結果でした。

第109回看護師国家試験(国試2020)の難易度,受験生感想まとめ

タイトルとURLをコピーしました