KB5010386不具合は?Windows Update2022年2月

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

KB5010386は2022年2月9日にWindows Updateで配信されたWindows11用セキュリティ更新プログラム(OS ビルド 22000.493)

前回のオプションアップデートの修正内容がすべて含まれており、セキュリティ修正も含まれている。Windows 11 Patch Tuesday updateでは、デバイスの動作が遅くなる可能性のあるバグが解決されています。

KB5010386による不具合およびその回避策・解決策は?

スポンサーリンク

KB5010386とは?Windows Update2022年1月

2022年2月のWindows Update「KB5010386」は比較的大規模な累積更新プログラムです。

MicrosoftはWindows 11に書き込み/読み込み速度が遅くなる可能性のあるバグを2022年1月の累積アップデートで修正したと言われていますが、一部の環境ではインストール後もドライブ遅延の問題は残されていました。

「KB5010386」で、Microsoftはようやくパフォーマンスの問題を完全に修正したと発表。

Microsoftは変更履歴の中で、アップデートシーケンス番号(USN)ジャーナルを有効にすると、一部の構成で発生するパフォーマンス回帰のバグが修正されると説明している。

■Windows 11 KB5010386 (Build 22000.493) 重要な変更点

○Lightweight Directory Access Protocol (LDAP) の操作をクラッシュさせる問題を含む、多数のセキュリティ問題を修正しました。

○Microsoft Bing テクノロジーに基づくヘルプ機能のサポートを導入し、各Windows設定ページに関連するヘルプトピックを推奨するために使用されます。

○接続されたBluetoothデバイスのバッテリー残量が古いまま表示される不具合が修正されました。

○一部の画像編集ソフトが、特定のハイダイナミックレンジディスプレイで正しくカラーレンダリングできない不具合が修正されました。

○Microsoftは、Windows 11のタスクバーの自動非表示機能に影響を与える問題を修正しました。

Microsoftは、ドライブ上のファイルへの変更を記録する機能であるUSNジャーナルの問題を修正しました。USN設定内のバグがSSDのパフォーマンス問題に関連しているようで、パッチをインストールすることで書き込み速度が大幅に速くなるはずです。

Microsoftによると、対応するすべてのデバイスで、低照度下での応答性が向上するような変更も加えられたという。変更履歴によると、HDRモニターが色を取得できないという大きな問題も修正された。

また、一部の構成でオペレーティングシステムのオーディオサービスが応答しなくなる問題も修正されています。同様に、Microsoftは、アプリが実際には実行されていないときに、アプリのアイコンがタスクバーに表示される問題を修正しました。

「KB5010386」では、タスクバーのボリュームアイコンがミュートと表示される不具合も修正されています。

■その他の修正

○Microsoft Edge Internet Explorer モードでレンダリングの問題が発生する問題を修正しました。

○Input Method Editor (IME)で文字列を入力できない問題を修正しました。

○Windows 11でオーディオサービスをクラッシュさせ、ハードウェアアクセラレーションによるBluetoothオーディオに影響を与える問題を修正しました。

○VPNプロファイルに関する問題を修正しました。

○Azure Active Directory (AAD) を動作させるために書き込まれたアプリに影響する問題を修正しました。

KB5010386不具合は?Windows Update2022年1月

マイクロソフトは、現在のところ、KB5010386リリースにおける重大な問題を認識していませんが、Outlookデスクトップアプリケーションの検索結果に最近の電子メールが表示されない可能性がある奇妙なバグに注意する必要があります。

このバグは、POP、IMAP、Microsoft Exchange、Microsoft 365のアカウントに影響します。

また過去には、一部のアップデートにより、Blue Screen of Deathエラーや特定のアプリの実行に関する問題など、大きな問題が発生したことがあります。

更新プログラムを展開した後に問題に気づいた場合は、以下の手順で更新プログラムをアンインストールして、デバイスを以前の状態にロールバックすることができます。

「設定」を開く。

「Windowsの設定」ページから、「更新とセキュリティ」ページを開きます。

「更新の履歴を見る」からKB5010386パッケージの場所を確認し、アンインストールボタンをクリックします。

タイトルとURLをコピーしました