足立区の決闘罪で罰金罰則や理由は?荒川河川敷のタイマンで書類送検された少年は決闘罪?

日本で修羅の国の呼び名が高い地域と言えば北九州ですが、
東京都に限定をすればおそらくは足立区が選ばれるんじゃないでしょうか。

東京の中でも足立区は西新井などエリアで再開発が進んでいるとはいえ、昭和の香りがまだなお濃くなっている地域も多く見られますが、
そんな足立区でタイマンの約束をした少年が決闘罪で書類送検されるというとんでもない事件が起こりました。

足立区の決闘罪の罰金罰則は?決闘罪適用の理由は?

報道によると、少年2人がなぜタイマンすることになったのかというと、
交際相手を馬鹿にされた〈?〉ことが原因のようです。

タイマンするにあたって武器の持ち込みを禁止しさらに、持ち物チェックすることも事前に決めておいたと言いますから、
準備を整えたうえでケンカをすることに関して決闘罪が適用されたと言えるのかもしれません。

もし偶発的に起きたタイマンだったのであれば、決闘罪は適用されなかったもしれませんね。

決闘罪について調べてみると決闘を申し込まれて断った場合には、
逆に「名誉棄損」で訴えられる可能性もあるということで、現代において決闘はもはや、
誰も得をすることのない不毛のやり取りと言えるのかもしれません。

ちなみに明治41年までは罰金刑として「20円以上200円以下」があったようですが、
現在は廃止されているようです。

参議院法制局

足立区で決闘罪に関するツイッターの反応

タイトルとURLをコピーしました