金猪豚(淡路島)の通販お取り寄せは?アマゾン・楽天の最安値は?

スポンサーリンク
0未分類

金猪豚(ゴールデン・ボア・ポーク)は淡路島の生産者の手によって豚と猪の交配により生まれた猪豚。

いのししと黒豚とのハイブリット”として両者の長所を受け継ぐ独特な旨さの肉質が特徴の金猪豚が満天青空レストランでも紹介されました。

兵庫県淡路島にて”いのぶた””の生産から販売までしております株式会社 嶋本食品の嶋本育史と申します。現在流行しています”コロナ”の影響で商品の流通が激減し売れ残ってしまう状況に陥っています。商品が売れなければ在庫が貯まっていく一方です。宜しくお願い致します。

飼育方法や非遺伝子組み換えの飼料を与え、おやつに酒粕、淡路ビール粕、淡路産飼料米を配合し、こだわりを持って育てております。

ジビエではありませんので、獣臭もほとんどありません。

▼栽培/生産方法、こだわり
安全・安心・美味しさを求めて30年。飼料は金猪豚(いのぶた)専用に配合(非遺伝子組み換えトウモロコシ・大豆)を指定し、4か月例以降は一切抗生物質は投与しません。金猪豚(いのぶた)は、いのししの血統が入っているため肥育日数が一般豚に比べ約1.5倍の約9か月以上かかりますが、ゆったりと育てています。食べ物と環境にもこだわり、飲み水は私たちが飲む水道水を与えています。

スポンサーリンク

金猪豚の読み方は?

金猪豚(ゴールデン・ボア・ポーク)は兵庫県認証食品として登録されると、
料理界を代表する一流シェフと百貨店のバイヤーなどプロの厳しい目と舌で厳選された日本を代表する食の逸品「料理王国100選2017」に選ばれ、さらに、生鮮食材の部門では唯一となる優秀賞を獲得しています。

そんな金猪豚の読み方ですが「きんいのぶた」です。

金猪豚の通販お取り寄せは?

別名「ゴールデン・ボア・ポーク」、「淡路猪豚」とも呼ばれる金猪豚は、淡路島にある嶋本食品によって誕生しています。

交配の組み合わせや餌、あらゆることを試行錯誤する中で、約20年もの歳月が買った末に、
猪、黒豚、デュロック種、ゴールデン神出(いのぶた)との四元交配によってたどり着いたのが金猪豚。

そんな金猪豚ですが、

生産者の嶋本食品の公式オンラインサイト
ポケットマルシェ

などなどの手段で通販・お取り寄せ可能となっています。

金猪豚のアマゾン・楽天の最安値は?

金猪豚はトウモロコシや大豆を飼料として、おやつには酒粕を与えて一般豚に比べ約1.5~2倍の9か月以上という時間を費やしじっくり肥育

ストレスをできるだけかけずに育てられているそうですが、アマゾンや楽天でも通販の取り扱いがあります。

値段に関してはかなり幅があるものの、おおむね100gあたり600円が平均的な価格となっているようなので、それよりも安ければお値打ちといって良さそうです。

金猪豚の食べ方は?

金猪豚はきめが細かくコクがあり、その脂身は甘く、融点が低い(29.4℃)ことから柔らかな肉質を誇ります。

赤身は少し弾力はありますが、甘くてあっさりして、のど越しの良いのが特徴となっていることからすき焼き、しゃぶしゃぶ、水煮、炒め物等でもおいしく食べる皓ができます。

金猪豚の口コミや感想は?

タイトルとURLをコピーしました