国民生活救済委員会委託団体投資生活救済センターのメールは詐欺?

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

国民生活救済委員会委託団体投資生活救済センターからSMS(メール)が届くことがあります。

メッセージが届いたら、どうすれば良いんでしょうか?

スポンサーリンク

国民生活救済委員会委託団体投資生活救済センターのメールは詐欺?

ショートメール(SMS)で

国民生活救済委員会委託団体投資生活救済センター

からメッセージが届くケースがありますが、SMS送信元の電話番号は様々な種類があるようなので、フィッシング詐欺とみて間違いありません。

「国民生活救済委員会」という公的組織は存在していないし、何らかの組織の別名が「国民生活救済委員会」というわけでもなさそうです。

大手企業や公的機関の名称や連絡先が記載されていても、安易に信用しないでください。公的機関の名称を無断で使用して、騙される人からの連絡を待っていることもあります。このような場合は、次の方法も検討してください。

詐欺メールは、本物のメールを装っていることが多いため、しっかりと見分ける必要があります。

具体的にどのような点に注目していけばよいのかというと、

送信元のメールアドレス・電話番号を確認
宛先に個人が特定できるアドレスが複数記載されているか
添付ファイルや本文中のURLはクリックしない

「国の被害救済制度で過去の投資被害の回復が図れる」という不審な勧誘にご注意!−消費生活センターをかたり、公的機関を思わせる手続書類を使うなど、手口が巧妙化−(発表情報)_国民生活センター

メール内にURLがあ多っとしても、とにかくメールのリンクではなく直接アプリなどでメールの内容が本当か確認してするようにしましょう。

メールに記載の「配信停止はこちら」のリンクをクリックすると「あなたはたった今から会員になりました」と通知が来ます。

間違ってもリンク先を開いたり、リンク先の指示に従って個人情報(氏名、生年月日、電話番号、住所、クレットカード、有効期限、セキュリティコードなど)を入力しないように注意をしてください。

他にも指定されたアプリのインストールなどの操作をしないように気を付けてください。

万が一、指示に従ってアプリをインストールしたり、個人情報を入力をしてしまった場合。

それらの情報を利用してau ID等への不正ログインが試みられてしまったり、クレジットカード情報が不正利用されてしまう恐れがあります。

他にも自分の個人情報が詐欺のために悪用され、余計なトラブルに巻き込まれる危険もあります。

また最近のネットのフィッシング詐欺では、公式サイトをパクった偽サイトにログインするように仕向けられ、未払い金の支払いを行うためにコンビニ払い(セブンイレブン)を行うように案内されるケースもあります。

なお、このような偽SMSが突然届くケースが多く発生していますが、いずれにしても突然届いたSMS等に記載されたURLを慌てて開いてしまわないように気を付けてください。

タイトルとURLをコピーしました