草開千仁wiki経歴|高校や大学など学歴は?ウェザーニュース社長の年収は?

スポンサーリンク
未分類

草開千仁さんは世界29都市に展開する世界最大の気象予報会社「ウェザーニュース」社長で個人会員数は約800万人有しています。

日本では260万人が有料会員、有料サポーターとしてお金を出して自分達の身の回りの天気を送るなど斬新なサービスを導入しています。

スポンサーリンク

草開千仁wikiプロフィール

名前:草開千仁(読み方:くさびらき ちひと)
生年月日:1965年3月18日
出身地:東京都
最終学歴:青山学院大学理工学部物理学科

ウェザーニューズ vol.1 ビジネスモデル

草開千仁の経歴

草開千仁さんが社長を務めるウェザーニュースという会社は石橋博良氏が設立した会社。

1986年に入社するとその後は、営業本部CSS事業部長、営業総本部航空事業部長、防災・航空事業本部長などの薬傷を歴任したのち、1996年に取締役就任。

1997年からは常務取締役、代表取締役副社長を経て2006年に代表取締役社長就任に現在に至ります。

ウェザーニューズのサービスの原資となる気象情報は気象庁から無償で得ているのでコストとしては限りなく無料に近い金額。

そこに切り口を変えて多少精度の高い情報を加えるとによって価値をつけるビジネスモデルとなっています。

ウェザーニューズはオーシャンルーツという会社が前身にあり、船会社に対してルート選定の情報提供をするのが主な業務。

波や風を予測するのではなく、波や風を基に最適な航路を選定してきたサービスコンセプトを飛行機や陸に応用させたのがウェザーニュースで、
ある航空会社に対しては単なる空港の予測だけではなく、その航空会社ならではの気象に基づいた、燃料やフライト時間変更などの情報を提供しています。

また大きな成長のベースになっているのが個人サポーターによる気象の実況リポートで
ウェザーニューズでは1日あたり3~5万件くらいの実況レポートに加えて2004年から蓄積されている気象に対するさまざまなデータから正確な気象予報を可能としています。

■株式会社ウェザーニューズ
設立 1986年6月
資本金 17億600万円
売上高 170億5,200万円(2019年5月期:連結)
従業員数 1,012名(2019年5月31日現在)
事業内容 全世界の気象・海象・水象・地象の観測・データ収集・解析・予測および対応策情報の提供、対応策コンテンツの企画・制作・販売など

草開千仁のツイッターやインスタグラム

草開千仁さんやツイッターやインスタグラムにはアカウントを開設していないようです。

草開千仁の高校や大学など学歴は?

草開千仁さんの通っていた高校については学校名は明らかにされていないものの、大学は青山学院大学理工学部物理学科を卒業してます。

草開千仁の結婚した嫁は?子供はいる?

調査中

草開千仁の年収は?

調べてみると、草開千仁さんが社長を務めるウェザーニュースの2018年5月期の取締役6名に対する報酬総額は1億1576万円でした。

単純計算をすると、1人当たり2000万程度となりますが、草開千仁さんはほかの役員よりも間違いなくさらに高額な年収を得ていることが予想され、3000万円~4000万円程度ではないかと思われます。

タイトルとURLをコピーしました