空港の荷物受け取りの時間は?出てくる時間を早くするには?

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

飛行機の到着時間から荷物を受け取り、次の交通機関に移動できるまでどれくらいの時間がかかるんでしょうか?

飛行機に乗った際、預けた荷物を早く、ターンテーブルで受け取れる方法はあるんでしょうか?

スポンサーリンク

空港の荷物受け取りの時間は?

空港の荷物受け取りの時間は様々な要因に左右あsれマス。

搭乗便の搭乗者数が少なければ少ない程、早く受け取れますが、搭乗者数が多く預けた荷物も多い場合、早く預けた順番に荷物が出てくるわけではないので、かかる時間は様々です。

到着同時刻帯に他の便(他の出発地から羽田に到着する便)があればあるだけ時間がかかります。

また、到着スポットの位置にもよります。スポットから手荷物が出てくるターンテーブルまでの移動時間です。

特に羽田の到着スポットにより、かなりの”差”が出ます

端っこのスポット到着になると、出口まで5分以上かかります。

万が一ですけど、天候が悪かったり、飛行機の離発着スケジュールがが乱れていたりすると、メジャー便でも”沖止め”になることがあります。

そうなると、ターミナルビルに着くまでに20分位かかってしまう場合もあり、最低でも20分から30分は見ておいた方が良いでしょう。

空港の荷物受け取りで出てくる時間を早くするには?

空港の荷物受け取りで出てくる時間を早くするには、実質的にはエコノミーではなくプレミアムクラスなどランクの高い席に搭乗する方法しかありません。

ただそれでもスポット位置と定時着かどうかもあるので10分から15分くらいは見た方がいいです。

航空機に乗せるスーツケースなどは地上で何個かのドーリーコンテナに先ずなるべく空間が無いように隙間を詰めて荷作りしてから飛行機に積み込みます。

この時丁度良い大きさのBagなどが有るとチェックインの順番など関係なく隙間を見ながら積み込んでしまいます。

このため同時に預けた荷物がバラバラに出てくることは何ら珍しくありません。

ルールは座席予約クラスが同じ同じエコノミーの中なら運次第だと思います。

よく言われるのは2時間も前に預けると最初のコンテナに積んで奥に入れられるので最後の方が到着空港で早く出てくる傾向は有る様です。

しかし早めに預けても、一番最後に預けても遅い時は遅い様ですね。

只1つ傾向的に云える事はバックパッカーなどの荷物は潰れてクレームに成るのが嫌なのかは判りませんが、割とカーゴの一番下に積み重ならない様に上に乗せてくれる見たいで、早めに出てくる傾向が有る様です。

たとえば、エアーキャップとクレラップでグルグル巻きにした「壊れ物」を預け入れたとき「 FRAGILE」のラベルベタベタ貼られ、先頭でターンテーブルから出て来ることがあります。

物を積み付ける大前提として破損を防ぐために、重くしっかりしたものは下に・軽い物は上にというものがありますのでしっかりとした重いスーツケースなどは同じコンテナの中でも底になってしまうので、それだけでも出るのが遅くなります

「後から積んだものは先に下される」ということはあります。ただ、荷積下しのグランドサービス職員も相当人数を減らされていますので当面改善は無理と思います。

まとめ:空港の荷物受け取りの時間を早くするには?

以前は手荷物検査・預りのさいに「ドアサイド」と注文をすることで手荷物を早く受け取れるサービスもあったようです。

ドアサイドとは、文字通り(バルク室の)ドアの近くに荷物を搭載することです。

ドアサイドですので飛行機から降ろされる時に最初に降ろされ、早く受け取ることができます。

ベビーカー等は基本的にドアサイドに搭載されますが、ファーストクラスやビジネスクラス利用者。

マイレージの上級会員でないと、早く荷物を受け取らなければならない正当な理由がない限り、ドアサイドにという希望は聞いてもらえないでしょう。

空港の荷物受け取りをできるだけ短くするには、できるだけ早く荷物を受け取って移動するには、

機内に直接持ち込む

荷物だけ宅配する

といった手段が現実的です。

荷物が大きい場合は荷物を受け取らなくてはなりませんが小さかったら機内に直接持ち込むことができます。

メーカーのSサイズにあたる35~40Lのスーツケース(キャリーケース)なら機内持ち込みができ、国内旅行はもちろん、近場の海外旅行でも重宝します。

飛行機に搭乗する場合、機内持ち込みできる荷物はもちろんのこと、預け入れできる荷物(無料受託手荷物)にも厳しい条件があります。

極端な話しをすると、1㎜でも大きさが上回ってしまうと持ち込みを断れたり超過料金を課せられることもあるので注意が必要です。

航空会社や路線ごとに、”3辺の合計が〇cm以内”、”1個あたりの総重量〇kg”など荷物の大きさ、重量、個数が決まっています。

■参考:JALの国際線の機内持ち込み可能なスーツケースのサイズ
サイズ:幅55×高さ40×奥行25cm(幅22×高さ16×奥行10インチ)以内
3辺の和:115cm(45インチ)以内
合計重量:手荷物と合わせて10kg(22ポンド)以内

■参考:JALの国内線の内持ち込み可能なスーツケースのサイズ
3辺の合計(100席以上):115cm以内(55×40×25cm以内)
3辺の合計(100席未満):100cm以内(45×35×20cm以内)
合計重量:いずれも各10kg以内

スーツケース(キャリーケース)の大きさはハンドルやポケット、キャスターなどの付属品を含むサイズ指定です。

幅や高さ、奥行が規定以内でも3辺の合計が規定を超える場合は持ち込み不可とされます。

『JAL』の国内線の場合、飛行機の座席数が100席以上か未満かと運航会社によって持ち込めるサイズが変わります。

2泊3日分を想定したスーツケースの大きさは機内持ち込みサイズとされる「Sサイズ」なので、修学旅行以外の用途でも重宝する大きさです。

またSサイズのスーツケースは売れ筋のサイズでもあるため、各メーカーから力を入れたモデルが数多くラインナップされています。

旅行スタイルによって必要な機能は変わってきますが、以下の2つの機能はあると移動時間が快適になります。

■キャスターストッパー
ワンタッチでキャスターを固定する機能。電車で移動する際やエスカレーターなどでストッパーをオンにしておくと勝手に動くことなく安心。

■フロントオープン
お財布やスマホ、パスポートなど小物をスーツケースを開けずに取り出せる。搭乗手続きなどで電子機器の取り出しもスムーズです。

楽天で売れ筋のスーツケース(機内持ち込みサイズ)がこちら
https://a.r10.to/hkjC4P

アマゾンで売れ筋のスーツケース(機内持ち込みサイズ)がこちら
https://amzn.to/3xiViVb

タイトルとURLをコピーしました