京都国際高校野球部メンバー2021!出身中学や注目選手#甲子園スタメン

スポンサーリンク
デフォルト 0高校野球

京都国際高校野球部が2021年の夏の甲子園(第103回全国高校野球選手権大会)出場を決めました。

創部22年目で京都国際高校野球部は初めて夏の甲子園に出場となりました。

スポンサーリンク

京都国際高校野球部メンバー2021の出身中学

背番号選手守備学年出身投/打身長/体重
1森下瑠大投手2年生福知山ボーイズ左/左179/76
2中川勇斗捕手3年生愛知尾州ボーイズ右/右175/73
3金田大記内野手3年生愛知プリンスヤング右/左
4植西龍雅内野手3年生湖南ボーイズ右/左175/78
5辻井心内野手2年生京都宇治ボーイズ右/右168/70
6武田侑大内野手2年生和歌山北ボーイズ右/右176/70
7後藤陸斗外野手3年生京都丹後リトルシニア右/左181/78
8松下恵富外野手3年生阪神ボーイズ右/左171/70
9岩内琉貴也外野手2年生京田辺ボーイズ右/左180/70
10森田大翔投手2年生京都ベアーズ右/右170/65
11金森塁投手3年生東海中央ボーイズ左/左182/79
12加藤蒼内野手3年生京都宇治ボーイズ右/左175/78
13前川宗海内野手3年生岸和田リトルシニア右/右
14三浦悠聖内野手2年生湖南ボーイズ右/右177/73
15山口吟太捕手3年生湖南ボーイズ右/右
16高橋集内野手3年生神戸西リトルシニア右/左
17松本陸外野手3年生東住吉リトルシニア右/左
18平野順大投手2年生関メディベースボール学院(中学)右/右175/70
19佐々木康耀投手3年生大阪西成リトルシニア右/右
20石田紘大内野手2年生京都市立伏見中右/右

京都国際高校野球部メンバー2021甲子園スタメンは?

京都国際高校の甲子園スタメンは地方大会決勝のベンチ入りメンバーとほぼ同じになると予想されます。

打順 守備 名前 学年
1 遊 武田侑大 2年生
2 一 金田大記 3年生
3 二 植西龍雅 3年生
4 捕 中川勇斗 3年生
5 三 辻井心 2年生
6 投 平野順大 2年生
7 右 岩内琉貴也 2年生
8 中 松下恵富 3年生
9 左 後藤陸斗 3年生

勝てば甲子園が決まる全国高等学校野球選手権京都大会決勝で京都国際高校野球部は京都外大西高校と対戦。

京都国際高校野球部は1点を追う4回、4番中川勇斗捕手(3年)が逆転の2ランツーランホームラン。

守備でもエース森下瑠大(りゅうだい)投手(2年)が2回途中から9回まで無失点に初の夏の甲子園に出場となりました。

■選手権京都大会
決勝 京都外大西 6-4
準決勝 東山 11-8
準々決勝 塔南 4-0
4回戦 洛東 9-2
3回戦 洛水 8-1
2回戦 京都翔英 3-0

京都国際高校野球部メンバー2021の注目選手

森下瑠大

名前:森下 瑠大(もりした・りゅうだい)

出身地:京都府福知山市

球速:143km/h

ポジション:投手

投打:左投左打

身長:179cm

体重: 76kg

小学校:昭和小学校

出身中学:南陵中学校

中学所属:福知山ボーイズ

中学3年次には、

鶴岡一人記念大会関西選抜
ボーイズリーグ京都府選抜
村瀬杯京都府選抜

といった実績を持つ長身左腕。

昭和小学校1年生から昭和ガッツで野球を始めると南陵中学校では福知山ボーイズに所属。

角度のある最速143キロのストレートを武器に、京都国際では1年時秋から背番号1でベンチ入り。

打撃力も高いことから2年春の選抜には全2戦に4番・投手としてスタメンで出場しています。

チームは2回戦・東海大菅生に逆転サヨナラ負けを喫するも9球団のスカウトが視察に来るほど注目を集めていました。

球種は他にも110km/h台のスライダー、100km/h台のカーブ、110km/h台のチェンジアップを織り交ぜて打者を翻弄します。

中川勇斗

ポジション:捕手

身長:174.0cm

体重:72.0kg

投打:右投右打

遠投:95m

50m走:6.2秒

セカンド送球:1.8秒

出身地:愛知・小牧市

中学所属:愛知尾州ボーイズ

中学2年時に全国大会に出場を経験。

京都国際高校野球部では高校2年秋からレギュラーに定着。

確実性の高い打撃、ホームランも放つパンチ力に加え50m6.2秒の俊足を生かし9試合で2盗塁を決めています。

ただしセカンド送球1.8秒と3試合で8盗塁を許してしまった点が課題として残ります。

京都国際高校野球部メンバーの進路

申成鉉(元広島・現韓国プロ野球・斗山)
曽根海成(広島)
清水陸哉(ソフトバンク)
上野響平(日本ハム)
早真之介(ソフトバンク)

京都国際高校野球部の監督

京都国際高校野球部の監督は小牧 憲継監督です。

■小牧 憲継プロフィール
生年月日:1984年

年齢:37歳(2021年現在)

出身地:京都府

出身高校:京都成章高校

出身大学:関西大学

指導歴:京都国際高校(2005年~コーチ、2008年~監督)

現役時代は主に二塁手としてプレー。高校3年時は主将を務めていますが、けがに悩まされ続けいたことから大学卒業後はプロ野球は諦め2006年に銀行に入校。

2006年の秋に京都国際高の当時の監督と共通の知り合いを通じて「土日だけでも、京都韓国学園で野球を教えてほしい」と誘われ、野球部の外部コーチを勤め始めます。

もともと指導者を希望していたことから、銀行を退職して2007年には正式に同校の教諭として赴任し2008年に監督に就任しています。

ただ監督に就任した当初の野球部は、運動能力の高い半面、やんちゃな選手ばかりで野球やる以前の問題だったそうです。

チーム力どうこう以前の問題だったことからまず体育会系にありがちな無駄な上下関係を排除することからはじめチームの風通しを良くしていきます。

部員に対しては自分で考え主体的に行動するように求める指導を続けた結果、監督就任の13年目・2020秋季近畿大会でベスト4進出を果たします。

その後、春夏通じて初の甲子園出場に導いています。

■小牧 憲継の指導戦績
2016年春京都府大会ベスト4、
2018年春京都大会優勝、春の選抜出場
2018年夏京都大会ベスト4、
2019年夏京都大会準優勝、
2020年秋季京都大会3位、近畿大会ベスト4。
2021年夏京都大会優勝、夏の甲子園出場

京都国際高校野球部の練習でもう一つ特徴的なのは「ライフキネティックトレーニング」のメソッドを取り入れていること。

ヨーロッパではプロサッカーチームも導入していることで知られる最新のトレーニングで、より効率よく認知能力、判断能力、運動能力を高めるメニューがあります。

ライフキネティック【おうちでできる】

京都国際高校野球部の戦績

■京都国際高校2021戦績
秋季府大会 ベスト4
秋季近畿大会 ベスト4
第93回春選抜大会 2回戦で敗退
春季府大会 優勝
春季近畿大会 ベスト4
夏季府大会 優勝

■京都国際高校甲子園戦績
出場回数(春選抜大会) 1回
    (夏選手権大会) 1回
優勝 0回
準優勝 0回

京都国際の前身は京都韓国学園というもともとは高校ではなく高卒資格のない民族学校でした。

生徒は韓国からの留学生がほとんどでしたが1999年に野球部が創部され、同年夏に外国人学校として府大会に参加するようになった経緯があります。

タイトルとURLをコピーしました