ledライトに虫は集まらない?寄ってくる?

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

ledライトに虫は集まらないというのは本当?

LED電球やLED照明は虫が寄らない?寄ってくる?どっち?

スポンサーリンク

ledライトに虫は集まらない理由は?

LED電球やLED照明は従来の水銀灯や蛍光灯に比べて虫が寄り付きにくいとされています。これは、以下のような理由が考えられます。

■光のスペクトルが異なる
LED照明は、水銀灯や蛍光灯と比較して、紫外線や青色光を放出する割合が少なく、赤色や黄色の光を放出する割合が多いため、虫が引きつけられにくいとされています。虫の多くは、紫外線や青色光に強く引き寄せられるため、これらの光を放出しないLED照明は、虫が寄り付きにくいと考えられています。

■光の方向性が異なる
LED照明は、光が非常に方向性があるため、周囲に広がりにくく、局所的に照らされる特徴があります。これに対して、水銀灯や蛍光灯は、光がある程度拡散して周囲に広がりやすく、虫が飛んでいる空間全体に光が当たってしまうため、虫が集まりやすいとされています。

したがって、LED照明は、虫が集まりにくいとされていますが、光の方向性が強く、周囲にあまり光が広がらないため、光源に近づく虫は、より強く引きつけられる可能性があります。

ledライトに虫は寄ってくる?

ledライトは他の照明(ガス・ガソリン・灯油・蛍光灯・電球)より寄り付きにくいのは事実です。

水銀灯は主に屋外照明、工場や倉庫などの大型施設、およびスタジアムや駐車場などの広い範囲を照らすために使用されます。また、魚類や爬虫類の飼育用ライトとしても使用されます。

一方、蛍光灯は主に屋内照明に使用されます。事務所、学校、病院、商業施設、および家庭など、さまざまな場所で使用されます。近年では、LED照明の普及に伴い、蛍光灯の使用は減っていますが、まだ多くの場所で使用されています。

しかし、真っ暗な中にLED照明だけ点灯すると、そこに寄ってきます。

アウトドアではガソリンや灯油の500~350CPのランタンでサイトのメイン照明として虫を集めタープ内にLEDや照度の落ちる照明を使って虫が少ない環境を作るというのが一般化してます。

つまり他に、虫の集まりそうな、水銀灯などがあれば、LEDの効果は絶大ですが、真っ暗闇で、他に虫が集まるような照明がないと、明るいところによってきます。

それ以外にも、人間の体臭などにも寄ってきますから、ゼロになるわけではないです。

ちなみに、虫が紫外線に引き付けられる理由は、夜行性の昆虫は紫外線を多く出す光源に良く誘引されるためです。

昼行性の昆虫は黄色の色彩板に誘引されることが多く、発生調査用の黄色水盤や防除用の黄色粘着板などが利用されています。

ledライトの特徴|なぜ虫が寄ってこない?

LED照明とは下記のようなメリットのある照明です。

メリット
寿命が長く、取り替えの手間がかからない。
消費電力が白熱電球の10分の1で電気代が安く、省エネ(低コスト)かつ低発熱。
紫外線をほとんど含まないため、虫が寄り付きにくい。

LED照明に虫が寄り付きにくい理由は、紫外線がほとんど含まれていないためです

虫は紫外線を頼りに光を判断して飛んでいるため、蛍光灯などの照明から微量ながら発生する紫外線に反応して寄ってきます。

しかし、LEDライトの光からは紫外線が放出されないため、虫を寄せ付けることはほとんどありません

虫が紫外線に引き付けられる理由は、虫の視覚システムが紫外線に敏感であるためです。

多くの昆虫は、目にある特定の細胞で、紫外線を感知し、その光の強さと波長を認識することができます。

特に、昼行性の昆虫は、紫外線を利用して、花の中にある蜜を見つけたり、相手を見つけたりすることができます。

また、紫外線は、紫外線蛍光物質に含まれているため、虫にとっては非常に視認性が高く、虫にとって特別に魅力的に映るのだとも言われています。

そのため、虫が紫外線に引き付けられるのは、紫外線を感知する視覚システムがあるからです。

ただし、虫が紫外線を見つけて引きつけられることは、人間が見る光とは異なるため、紫外線を発しないLED照明などの光源を使用することで、虫が集まるのを減らすことができます。

まとめ:ledライトに虫は集まらない?寄ってくる?

河川の橋梁上など、虫が多く飛び交う中だと、

・水銀灯の周りは、物凄い虫が集まるけれど、LEDのヘッドライトには、多くは集まらない。
・作業用の投光器(普通の電球)には、虫が多く集まるけれど、LEDのヘッドライトには、多くは集まらない。
・周囲に明かりがない状況下で、LEDのヘッドライトだけなら、ある程度は集まってきます。

キャンプの場合は、虫寄せの役割を果たすランタンを設置するのが良いでしょう。

食卓から遠い場所に、大光量の虫寄せ照明。
食卓は、やや暗くしたり、ガソリンランタンであれば黄色のホヤに替えたりして、虫の寄り付くのを抑制します。

ただあくまで、抑制する、だけですから、どこか趣向性の強い場所に、集まります。

■LEDライトとは

  • 長寿命
  • 低消費電力
  • 小型化が容易
  • 色温度や色相を自在に調整できる
  • ダイレクトライトや点光源である
  • 点灯即時に光が点灯する

これらの特徴により、LEDは様々な用途に利用されています。例えば、自動車のヘッドライトやテールランプ、航空機の誘導灯、通行人や車両の動きを検知するセンサー、家庭用照明器具やストリートライトなどにも利用されています。また、LEDは環境にやさしい光源であるため、照明器具の省エネ化や、CO2排出量の削減にも貢献しています。

  1. 長寿命 LEDは、半導体を使用しているため、通常の白熱電球や蛍光灯と比べて、寿命が非常に長いとされています。一般的には、20,000時間以上の長寿命を持ち、長期間メンテナンスが不要であるため、ランニングコストが低くなります。
  2. 低消費電力 LEDは、電力を効率的に利用できるため、同じ明るさを出すために必要な電力が、白熱電球や蛍光灯と比べて少なくて済みます。そのため、省エネ性能に優れ、エネルギー消費量が少なくて済むため、電気代を抑えることができます。
  3. 小型化が容易 LEDは、ダイオードの形状を自由に設計することができるため、非常に小型な光源を作ることができます。そのため、薄型化や小型化が求められる機器や製品にも利用されています。
  4. 色温度や色相を自在に調整できる LEDは、発光ダイオードによって光を発するため、発光ダイオードの種類や蛍光体の種類を変えることで、色温度や色相を自由に調整することができます。そのため、様々な用途に合わせた色味の光を提供することができます。
  5. ダイレクトライトや点光源である LEDは、光がダイレクトに出るため、光の散乱が少なく、照射したい対象に効率的に光を当てることができます。また、点光源であるため、光を広範囲に照らす必要がある場合は、複数のLEDを組み合わせることで対応することができます。
  6. 点灯即時に光が点灯する LEDは、点灯した瞬間に光を放つことができます。従来の蛍光灯や白熱電球と異なり、点灯までの時間が必要ないため、素早く光を必要とする場所や、繰り返しスイッチをオン・オフする必要のある場所などで優れたパフォーマンスを発揮します。
タイトルとURLをコピーしました