LiLiCoが膝蓋骨骨折でパニック!原因は声帯手術?

スポンサーリンク
未分類

LiLiCoさんは2017年に歌謡グループ・純烈の小田井涼平さんと2度目の結婚したことを発表し、当時は47歳と46歳の“熟年婚”と話題になりました。

妊活に励むもLiLiCoさんはとうとう子供を授かることができず不妊治療を終えて「卒業」をしていますが、そんな最中、不慮の事故で膝蓋骨骨折をする大けがを負いパニックに陥っていました。

スポンサーリンク

LiLiCoが膝蓋骨骨折でパニック

「膝蓋骨骨折」のLiLiCo、車椅子に乗った姿を初公開 手術後は食欲なく6キロ減

膝を負傷し手術を受けていたタレントのLiLiCoさんが9月6日にブログを更新。車椅子に乗った姿を公開しました。

LiLiCoさんは、8月12日に買い物に行く途中でぬれた地面に足を滑らせて転倒。11日に声帯の手術を受けていたことから声が出せず、携帯していたホワイトボードで周囲に助けを求め、救急車を呼んでもらったことがありました。

診断の結果は「膝蓋骨骨折」で、14日の投稿ではリハビリを開始したことを報告していたLiLiCoさん。9月5日のブログでは、「思いっきり曲がるまで“○○ヶ月”掛かるよと言われて、かなり落ち込んだ」と完治までの道のりが長いことを明かしながらも、「でも、もうね、紫色の脚ではない ほぼ肌色に戻った」と少しずつ快方に向かっていることを報告しています。

https://news.yahoo.co.jp/articles/84fe8a3d3fc8ee7e8852fdfef8b2172d1f5d0fa2

LiLiCoさんはコロナウイルスの感染拡大以前は、夫婦で夕食を食べる機会なんて年に10回もなかったようですが、
2020年には自宅で一緒にご飯を食べることが増え、手料理をふるまうことを増えていたそうです。

そんな時、いつものように買い物をした帰り道、運悪く雨の日に足を滑らせてしまい左膝蓋骨を骨折して緊急手術を受けるほどの重傷を負ってしまいました。

都内で行われた映画「ソニア ナチスの女スパイ」の公開記念トークイベントには松葉づえを使って登場して注目を集めることになりました。

LiLiCoは声帯手術で声が出せず

LiLiCoさんは左膝蓋骨で手術を受けるほどの重傷を負ったわけですが、と同時にかなりのパニックにも落ちっています。

怪我をしたショック以上に、LiLiCoさんは怪我をする数日前の8月11日、数ヶ月前から決まっていたという声帯の手術を受けており、声を出すことができずにいたんです。

「鼻から喉に麻酔を流し込むとき、どうなるか、想像出来るかな?はい、溺れたかと思った」とLiLiCoさんは手術の様子を振り返っていますが、
事故当日は助けてという叫び声も出すこともできません。

さらに首から下がビリビリしてきて最悪のことも覚悟したそうですが、
周囲とのコミュニケーションをとるために持ち歩いていたホワイトボードがLiLiCoさんのピンチを救うツールとなりました。

声が出せない代わりにLiLiCoさんは傘で地面を叩く衝撃音とパフォーマンスで周囲に救助を要請数rと、
ホワイトボードで周囲の人に救急車を呼んでもらっています。

声帯の手術が人生初の手術って話したばかりなのにまさかその2日後に今度は、下半身麻酔で膝を手術を受ける羽目になりました。

医師からも術後2日間は絶対に声を出してはいけないと厳命されていたようですが、
LiLiCoさんは不運にも2度目となる入院生活は、事故のショックや傷の痛みなどで寝ようにも寝られなかったようです。

「眠れず....ずっと深夜の通販見てた レジェンド松下さんのフライパン買いそうになったよ でももう包丁を以前に購入したので あれ、めっちゃ切れるよ」

調べてみたら、LiLiCoさんがこの時に衝動買いした包丁と、思わず改装になったというフライパンは「スーパーストーンバリア」シリーズの調理器具でした。

確かに、amazonのレビューを見るとサクラなしの高評価が目立ちます。

LiLiCoの転倒原因は旦那のパンケーキ?

LiLiCoさんは声帯の手術を受けて、声も出せない状態にもかかわらず、なぜあえて買い物に出かけたんでしょうか?

その理由は、結婚をした旦那、謡コーラスグループ・純烈の小田井涼平さんのためでした。

LiLiCoは料理の機会が増えたことでパンやピザも自宅で焼くようになるほど手料理をふるまうようになっていて、
小田井涼平さんがネットではやったパンケーキも家でできるのかな?とLiLiCoさんにそれとなく作ってほしいと伝えた矢先、結果的にLiLiCoさんが転倒して骨折してしまう事故につながったわけですね。

タイトルとURLをコピーしました