ルイーズ・グリュック(Louise Gluck)wiki|代表作は?ノーベル賞受賞!

スポンサーリンク
未分類

ルイーズ・グリュック(Louise Gluck)さんという方が2020年のノーベル文学賞を受賞しました。村上春樹さんは毎年のように名前が挙がるものの受賞を逃し続けていますね。

スポンサーリンク

ルイーズ・グリュックwikiプロフィール

本名:ルイーズ・エリザベート・グルック
生年月日:1943年4月22日
国籍:アメリカ
出身地:ニューヨーク・ロングアイランド
在住:マサチューセッツ州ケンブリッジ
職業:詩人・エッセイスト・イェール大学の非常勤教授

■受賞歴・職歴
全米芸術基金フェローシップ(1970年)
グッゲンハイム創造芸術フェローシップ(1975年)
全米芸術基金フェローシップ(1979年)
アメリカ芸術文学アカデミー賞(1981年)
グッゲンハイム創造芸術フェローシップ(1987年)
全米芸術基金フェローシップ(1988年)
ウィリアムズ大学名誉博士号(1993年)
アメリカ芸術科学アカデミー、選出メンバー(1993年)
バーモント州詩人(1994年~1998年)
ミドルベリー大学名誉博士号(1996年)
アメリカ芸術文学アカデミー、選出会員(1996年)
ラナン文学賞(1999年)
人文・芸術・社会科学部創立50周年記念メダル(2001年)
ボーリンゲン賞 (2001)
米国詩人賞受賞者(2003年~2004年)
アカデミー・オブ・アメリカン・ポエッツのウォレス・スティーブンス賞(2008年)
エイケン・テイラー現代アメリカ詩賞(2010年)
アメリカン・アカデミー・オブ・アチーブメント、選出メンバー(2012年)
アメリカ哲学協会 選出メンバー(2014年)
アメリカ芸術文学アカデミー 詩のゴールドメダル(2015年)
国民栄誉賞(2015年)
トランストロマー賞(2020年)
ノーベル文学賞(2020年)


ルイーズ・グリュックはしばしば自伝的詩人と表現されることが多いが、彼女の作品はその感情的な激しさで知られている。

個人的な経験や現代の生活について瞑想するために神話、歴史、自然を頻繁に描くことでも知られている。

高校時代に神経性食欲不振症に悩まされるようになり、後に病気を克服。

サラ・ローレンス・カレッジとコロンビア大学で授業を受けたが、学位は取得しなかった。

作家としてのキャリアに加えて、いくつかの機関で詩の教師としてのキャリアを積んでいます。

ルイーズ・グリュックの経歴

ルイーズ・グリュックの作品は、トラウマ、欲望、自然の側面に焦点を当てています。

こうした幅広いテーマを探求する中で、彼女の詩は悲しみや孤独を率直に表現していることで知られるようになりました。

また、彼女の詩におけるペルソナの構築や、自伝と古典神話との関係にも注目が集まっている。

ルイーズ・グリュックの代表作は?

Firstborn (The New American Library, 1968)
The House on Marshland (The Ecco Press, 1975)
Descending Figure (The Ecco Press, 1980)
The Triumph of Achilles (The Ecco Press, 1985)
Ararat (The Ecco Press, 1990)
The Wild Iris (The Ecco Press, 1992)
The First Four Books of Poems (The Ecco Press, 1995)
Meadowlands (The Ecco Press, 1997)
Vita Nova (The Ecco Press, 1999)
The Seven Ages (The Ecco Press, 2001)
Averno (Farrar, Strauss and Giroux, 2006)
A Village Life (Farrar, Strauss and Giroux, 2009)
Poems: 1962-2012 (Farrar, Strauss and Giroux, 2012)
Faithful and Virtuous Night (Farrar, Strauss and Giroux, 2014)

タイトルとURLをコピーしました