マララ・ユスフザイ現在は結婚!学歴は?

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

マララ・ユサフザイさんはノーベル平和賞を受賞したパキスタンの活動家、

マララ・ユスフザイさんの気になる現在までのプロフィールをまとめています。

スポンサーリンク

マララ・ユスフザイ現在は結婚!

マララ・ユサフザイさんが結婚したことを、2021年11月に自身音インスタグラムで発表しました。

「oday marks a precious day in my life. Asser and I tied the knot to be partners for life. We celebrated a small nikkah ceremony at home in Birmingham with our families,」
(今日は、私の人生にとって大切な日になりました。アッサーと私は、生涯のパートナーとして結ばれました。バーミンガムの自宅で、家族と一緒にささやかなニッカの儀式を祝いました)

「Please send us your prayers. We are excited to walk together for the journey ahead,」
(どうか祈りをお寄せください。私たちはこれからの旅路を共に歩むことに興奮しています」)

マララ・ユスフザイさんが結婚した夫は、パキスタン・クリケット協会のオペレーション・マネージャーで、ラホール市出身のアッサー・マリクさんです。

マララ・ユスフザイwikiプロフ

名前:マララ・ユスフザイ(Malala Yousafzai)

国籍:パキスタン

マララ・ユスフザイさんは、タリバンによる女子生徒の就学拒否に反対する活動で国際的な評価を得ました。

パキスタン北西部のスワット渓谷で生まれ育ったマララ・ユスフザイさんは、15歳のときに女子の就学を妨げようとするタリバンの試みを強く批判したためタリバンのメンバーに頭を銃撃されます。

その後、イギリス第2の都市バーミンガムのクイーン・エリザベス病院に転院し、そこで数ヶ月間治療を受けた後、同年に家族とともに永住することになりました。

さらに父親と一緒に女子教育のための非営利団体「マララ基金」を設立

国連児童基金(ユニセフ)によると、世界で1億3,200万人以上の少女が学校に通っておらず、紛争地域に住む少女が教育を受けられない可能性は他の地域の少女に比べて2倍高いとされています。

2014年、マララ・ユスフザイさんは17歳でノーベル平和賞を受賞し、最年少の受賞者となりました。

マララ・ユスフザイの経歴

マララ・ユサフザイさんは2009年2月、パキスタンの時事番組「Capital Talk」で初めてテレビに登場。

パキスタン国内の反発を受けたタリバン勢力は、停戦に合意し、女子に対する規制を解除し、ブルカの着用を条件に女子の登校を許可しました。

しかし、わずか数ヵ月後の5月には暴力が再発し、マララ・ユサフザイさん一家はパキスタン軍がタリバンを追い出すまでの間、スワート郊外に避難せざるを得なくなった。

2009年初め、ニューヨーク・タイムズ紙の記者アダム・エリックは、ユサフザイさんと協力して、学校閉鎖をテーマにした13分のドキュメンタリー映画「Class Dismissed」を制作

エリックは、マララ・ユサフザイさんと一緒に「A Schoolgirl’s Odyssey」というタイトルの2作目の映画を制作しました。

ニューヨーク・タイムズ紙は2009年にこの2本の映画をウェブサイトに掲載。

同年夏、彼女は米国のアフガニスタン・パキスタン特使のリチャード・ホルブルックに会い、パキスタンの女子教育を守るための活動への協力を要請した。

テレビ出演や国内外のメディアでの報道が続き、2009年12月には、マララ・ユサフザイさんがBBCに記事を寄稿してからさらに、その活動が広く知られるようになりました。

2011年10月には、人権活動家のデズモンド・ツツ氏から「国際児童平和賞」の候補に推薦されました。

同年12月には、パキスタン初の「National Youth Peace Prize」(後に「National Malala Peace Prize」と改称)を受賞しました。

しかし2012年10月9日、学校からの帰宅途中にタリバンの銃撃を受けますが、マララ・ユサフザイさんは一命を取り留めます。

手術のためにペシャワールからイギリスのバーミンガムに運ばれました。この事件は抗議を呼び、マララ・ユサフザイさんの訴えは世界中で取り上げられました。

その中には、国連の世界教育特使であるゴードン・ブラウン氏が、2015年までに世界中の子どもたちが学校に戻ることを求める請願書を紹介したことも含まれています。

この請願書がきっかけとなり、パキスタン初の「教育の権利」法案が批准されました。

2012年12月、パキスタンのアシフ・アリ・ザルダリ大統領は、マララ・ユサフザイさんに敬意を表して1,000万ドルの教育基金の設立を発表しました。

また、ほぼ同時期に、世界中のすべての女の子の教育を支援するために、Vital Voices Global PartnershipによってMalala Fundが設立されました。

回復したユサフザイは、バーミンガムの家族のもとに身を寄せ、学業と活動を再開しました。

16歳の誕生日である2013年7月12日には、ニューヨークの国連で500人の聴衆を前に、銃撃後初めて公の場に姿を現しました。

数々の賞を受賞しているが、2013年には5年に一度の国連人権賞を受賞した。

また、「タイム」誌の2013年「最も影響力のある人物」の一人に選ばれ、同号で印刷された7つの表紙のうちの1つに登場しました。

彼女の幼少期を題材にした絵本『Malala’s Magic Pencil』(2017年)を発表。

2014年には、フィラデルフィアの国立憲法センターが世界中の人々の自由のために努力する公人に授与するリバティメダルを最年少で受賞しました。

2013年にノーベル平和賞にノミネートされましたが、その年は見送られましたが、2014年にマララ・ユサフザイさんは受賞し、最年少のノーベル賞受賞者となりました。

マララ・ユスフザイのツイッターやインスタグラム

マララ・ユスフザイのツイッター

マララ・ユスフザイのインスタグラム
@malala
https://www.instagram.com/malala/

マララ・ユスフザイのフェイスブック

マララ・ユスフザイの高校や大学など学歴は?

マララ・ユスフザイさんは1970年代にパキスタン初の女性首相ベナジル・ブットが学んだオックスフォード大学のカレッジの一つであるレディ・マーガレット・ホールに2013年に正式に入学。

2017年10月からオックスフォード大学に入学すると、2020年には同大学で最も権威のある学位の一つとされる哲学・政治・経済学の学位を取得して卒業しました。

タイトルとURLをコピーしました