マリアビートルの意味・由来は?

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

「マリアビートル」は作家・伊坂幸太郎の小説。

マリアビートルの意味・由来は?

スポンサーリンク

マリアビートルの意味・由来は?

伊坂幸太郎さんの「マリアビートル」のタイトルの由来・意味は何なのかというと、テントウムシに由来をしているようです。

英語でテントウムシは「レディビートル(もしくはレディーバグ)」なので、レディのところを聖母マリアにしたみたいです。

七尾さん(登場人物)が関係しているとか書いてありましたが

ちなみに、「マリアビートル」の前作のグラスホッパーは日本語の意味は「バッタ」

伊坂幸太郎のマリアビートルはグラスホッパーの続編という位置づけで、直接の続編ではないですが、何人かは再登場します。

「マリアビートル」の前に「グラスホッパー」を呼んでおいたほうがストーリーをより深く楽しめるようになっています。

聖母マリアと言えば、赤い服を身にまとった姿の絵画が多く描かれていますが、テントウムシも赤い背中をしています。

背中の七つの黒点はマリア様の七つの悲しみを意味し、またテントウムシは害虫を食べる益虫であることから、ある日ふっと現れて私たちの悲しみを知らぬ間にぬぐい、そしていつの間にかいなくなっている虫、マリア様の使いだ!ありがたやありがたやってことでレディビートルと呼ばれるようになったという逸話があります。

ちなみに、ツキのない殺し屋として登場するキャラクター・七尾は業界では天道虫(テントウムシ)と呼ばれています。

タイトルとURLをコピーしました