メロディに乗せて あらすじ|原作は?結末ネタバレ

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

「メロディに乗せて」は世にも奇妙な物語 ’22夏の特別編で放送されたショートストーリーの一つ。

乃木坂46の元メンバー・生田絵梨花さんがメインキャストとなっていますが、メロディに乗せてのあらすじは原作はある?

スポンサーリンク

メロディに乗せて あらすじ|原作は?

突如、脳内に流れる音楽に合わせた行動をとらないと脳が異常反応を起こし、最悪の場合は死に至る“脳内メロディ症候群”という奇病にかかってしまったOL・村野叶海(生田絵梨花)。症例数も少ない未知の病で治療法もなく、会議中や帰宅中など、ところ構わず脳内に流れるさまざまなジャンルのメロディーに翻弄(ほんろう)される叶海。いつ脳内でメロディーが流れるかわからない怖さにおびえる叶海は、ある日、会社で変人とウワサされている進藤充(稲葉友)と出会い……。


調べてみると、「メロディに乗せて」には原作はないようです。

脚本家の天本絵美さんがドラマ用に書き起こしたオリジナルストーリーのようです。

メロディに乗せての結末ネタバレ

随時更新

メロディに乗せての感想は?

タイトルとURLをコピーしました