宮代町長選2021立候補者(新井康之,榎本和男)の経歴・公約

スポンサーリンク
0未分類

2021年の宮代町長選挙(宮代町長選)について、立候補者の経歴プロフィールや公約(マニフェスト)をまとめています。

スポンサーリンク

宮代町長選挙(宮代町長選)2021の立候補者の公約・経歴

宮代町長公開討論会
~アンケートのご記入にご協力をお願い致します~【公開討論会アンケートURLはこちらです】

新井康之の経歴・公約

2021年2月に初当選した同県越生町長とは同姓同名

埼玉県宮代町字百間に生まれる。宮代町立東小学校、宮代町立百間中学校卒業。1976年(昭和51年)3月、埼玉県立大宮高等学校卒業。1979年(昭和54年)3月、千代田テレビ電子学校卒業。1980年(昭和55年)8月まで東京サウンドプロダクション(テレビ朝日の音響効果部門)にて番組制作に関わる[1]。

1980年(昭和55年)9月1日、宮代町役場に入庁。宮代町コミュニティ協議会の設立、町民まつりや楽しい映画を見る会の企画、「新しい村」の開村などに関わった[1]。

2017年(平成29年)7月、町役場を退職。8月1日、任期満了に伴う宮代町長選挙に出馬する意向を表明した[2]。10月1日に行われた町長選挙で現職の榎本和男との一騎打ちを制し、初当選を果たした[3]。10月17日、町長就任。

榎本和男の経歴・公約

任期満了に伴う2017年の宮代町長選で初当選

タイトルとURLをコピーしました