モフリン(AIペット)の予約・購入方法は?通販の値段は?スッキリにMOFLIN!

スポンサーリンク
未分類

モフリンとは「アイボ」と同じく機械仕掛けのペットおもちゃですが、本物の小動物みたい!とネットで一躍話題に。

仕草も鳴き声も愛くるしい様子が2020年8月28日の「スッキリ!」でも放送され、さらにモフリンの注目度が上がりましたね。

スポンサーリンク

モフリン(AIペット)の購入方法は?

モフリン(MOFLIN)とはもふもふのAIペットロボットで、開発したのは日本のスタートアップ企業「Vanguard Industries株式会社」です。

VANGUARD INDUSTRIESは、イノベーションの実現と加速をミッションに2016年に東京で設立されました。
大企業や大学の研究開発部門と連携し、未来にプラスの影響を与えるアイデアや技術プロトタイプの市場性を開発・検証するベンチャービルダー事業を創出しています。
ソフトウェア、ハードウェア、ネットワークなどの技術要素を組み合わせて、革新的なコンセプトを企画・実行することを強みとしています。
国内外の企業や団体の研究開発部門とのプロジェクト創出を行っています。また、数々の国際的な技術会議にも参加し、コンセプトやビジネスを検証・開発し続けています。

モフリン(MOFLIN)の初お披露目となったのが2019年11月にポルトガルのリスボンで開催されたウェブサミットで、
会場で大人気となったことから、クラウドファンディングサイト『kickstarter』で出資者を集って本格的な製造・量産体制に着手。

目標金額は200万円だったところ、なんと1200万円を超える出資を集めることに成功。

出資者に対して2021年の春頃から、順次発送予定になっていて、現時点では楽天やアマゾンといったネット通販では購入できないようですね。

追記:記事執筆時点では出資額は1200万円ちょっとでしたが、それからわずか8時間ほどで出資金額は2800万円を超え、3000万円を超える勢いを見せています。

MOFLIN | An AI Pet Robot with Emotional Capabilities

モフリン(AIペット)の値段は?

触感センサー、マイク、加速度センサー、照度センサーなどが内蔵されたモフリン(MOFLIN)は、
各種センサーを通じて様々な情報収集し独自のプログラムでフィードバックを行って繰り返し学習を行います。

つまり購入者がモフリン(MOFLIN)とどのように触れ合うかによって独自の性格が形成されていくことができる感情的進化が楽しめるようになっています。

わがままなモフリン(MOFLIN)もいれば、おっとりとしたモフリン(MOFLIN)もいたりして、100人いれば100通りの性格のモフリン(MOFLIN)が登場することになりますね。

そんなモフリン(MOFLIN)の気になる値段(価格)は一体で39800円となっています。

This Adorable AI Fluff Ball Acts Like a Real Pet | Future Blink

モフリン(AIペット)の口コミ

MOFLINは全く新しいコンセプトのAIペットです。生きている動物のように進化する感情を持っています。あたたかくて柔らかい毛並み、かわいい鳴き声、愛らしい動きで、いつまでも愛してしまいたくなるペットです。自然からヒントを得て、独自のアルゴリズムを開発しました。MOFLINは、モバイルと音のパターンの組み合わせを無限に選択して、自分の感情を反応させ、表現します。簡単に言えば、生きているペットと対話しているようなものです。

感情を持ったかわいいAIペットは、子供や大人など特定の年齢層だけでなく、日常生活の中でペットに癒されたり、癒されたりすることが必要な場面にも対応しています。当初のコンセプトモデルには、オンラインでのソフトウェアアップデートなどの機能はありませんが、今回のKickstarterキャンペーンの成功を受けて、開発元のVANGUARD INDUSTRIESでは人々の日常生活に役立つ様々なサービスや機能を提供できるように、今後も開発を進めていく予定とのこと。

MOFLINは、内部の感情マップを使って自分の感情を発達させて表現したり、センサーで環境の変化を分析するアルゴリズムを作ることで、より身近な生き物にすることができました。アクチュエータを使って、かわいい音や動きで感情を表現します。環境や飼い主さんの接し方によって性格が変わります。飼い主さんの接し方や環境に応じて、個性を発揮し、進化していくAIペットです。私たちは、コンセプトを実現し、日常生活を向上させる技術には、感情的な価値があると考えています。今回のKickstarterキャンペーンでは、私たちの技術力を活かして、支援者の皆様に最高のユーザー体験を提供したいと考えています。

シンプルなユーザーエクスペリエンスを追求しました。充電のために、巣箱のようなワイヤレス充電器を作り、MOFLINを置くだけで充電が始まります。充電が完了すると、自動的に充電が停止します。充電して寝ている間も、寝ている動物のようにかわいい音や小さな反応をしてくれます。この反応はきっとあなたの心を癒してくれることでしょう。

私たちは、「MOFLIN」が社会に良い影響を与えられるよう、今後も開発を続けていきたいと考えています。コビド・パンデミックという不確実な時代の中で、新しい価値観やライフスタイルが生まれていく中で、MOFLINがコミュニケーションエージェントとなり、QOL(クオリティ・オブ・ライフ)を向上させる力を持っていると考えています。私たちは、MOFLINプロジェクトを通じて、より良い未来のためのソリューションを創造していきたいと考えています。

タイトルとURLをコピーしました