森下千里の学歴を調査!大学や高校は?ゴルフ歴はコーチも!

スポンサーリンク
未分類

森下千里さんは2001年にレースクイーンとして芸能活動を始めると、瞬く間にグラビアアイドルとしてバラエティー番組からドラマに数多く出演。

ただ2010年ころからはあまりテレビで見る機会の減った森下千里さんがなんと2021年の衆院選で宮城5区の自民党公認候補に擁立することが発表されました

スポンサーリンク

森下千里の高校や大学など学歴は?

森下千里さんの通っていた学校は次のとおりです。

中学校:愛知教育大学附属中学校

出身高校:愛知県立惟信高校

最終学歴:名古屋学院大学 経済学部(中退)

出身高校:愛知県 惟信高校 程度(当時)

森下千里さんの出身校は、特別に進学校という高校ではない偏差値50台半ばの県立の共学校「惟信(いしん)高校」です。

名古屋市内でも2番目に古い1925年開校の伝統校で、長らく中堅公立校という位置づけだったようですが、現在は偏差値45程度とレベルは残念ながら落ちてしまっているようですね。

ただ、中学校は国立の愛知教育大学附属中学校に通っているので、おそらくは中学受験は経験しているんじゃないでしょうか。

中学時代は応援団を務めていますが、高校時代は一転して帰宅部。

ミスタードーナツでアルバイトをしながら将来は国家公務員か看護婦になろうと考えていたそうです。

高校卒業後は名古屋学院大学 経済学部に進学をしていますが大学在学中の20歳の頃に芸能活動を始めると瞬く間に売れっ子タレントとなります。

そのため卒業を待たず大学は中退しています。

ちなみに、名古屋学院大学の卒業生には次のような芸能人もいます。

じゅんいちダビッドソン
青木さやか

森下千里のゴルフ歴もすごい!コーチ資格も

ゴルフは、ベスト80でティーチングプロ資格も取得しているほどの腕前

ゴルフを始めたきっかけは、2007年ころに片山晋呉プロのゴルフ番組へのゲスト出演したことから

まったくの初心者で最初の一打は空振りという状態から、番組内での片山晋呉プロの指導を受けてすぐにクラブがボールに当たるようになります。

ゴルフにすっかり魅了された森下千里さんは撮影後すぐにクラブを購入してしまったそうです。

2017年3月23日に更新した自身のブログで、ゴルフのティーチングプロの資格「USGTFゴルフティーチングプロ」を取得したことを発表しています。

実技テストの会場にひとりで1週間泊まり込んで練習ラウンドをしたり、夜はひたすらルールブックを読んだりという並々ならぬ苦労の末の結果で、
芸能活動の休業期間中も週3回ほどは個人レッスンでゴルフのティーチングをしていたそうです。

ちなみに森下千里さんの愛車はポルシェ・ケイマンで、2010年にワゴン車と接触事故を起こしていますが、車を購入した理由も「ゴルフ場に来るまで出かけるため」とゴルフがきっかけだったようです。

森下千里の現在までの経歴

名前:森下千里

生年月日:1981年9月1日

年齢:39歳

出身地:愛知県名古屋市中村区

身長:166cm

スリーサイズ:88 – 55 – 87 cm

血液型:A型

資格:マネーマネジメント検定1級、FP2級、リハビリ機能回復士1級

所属事務所:Wonderwave

2001年にレースクイーンとして活動を始め、同年の「レースクイーン・オブ・ザ・イヤー」を受賞。

「ロンドンハーツ」や「志村けんのバカ殿様」などのバラエティ番組を中心に「日立 世界・ふしぎ発見! 」「ITホワイトボックス(NHK教育)」といった教養番組にも出演。

ドラマの方も女優として「仮面ライダー龍騎」や「都立水商!」などの他土曜ワイド劇場シリーズにも出演していました。

ただ亜急性壊死性リンパ節炎という病気を患うなど「自分を見つめ直す時間がほしい」と2015年に所属事務所を退所。

その後は資格取得の勉強をしたり、ピラティスやジャイロキネシスのティーチャー資格を活かしてピラティスのスタジオ「Six Sense Organ」という会社経営

書き下ろし小説「倍以上彼氏」では独立を目指してがむしゃらに働く女性スタイリストの松尾一花の恋愛模様を構想2年がかりで執筆しています。

※2009年にも埼玉、大阪、兵庫にそれぞれ『焼肉とチーズフォンデュの店 焼肉森下千里』を開店していましたが現在はすべて閉店しているようです

森下千里さんの祖父は富山県入善町で町議

森下千里さんはインタビューで

「祖父と叔父がかつて富山県入善町で町議として地域に尽くしていた」

と話しています。

ただ父親は政界にはほとんどかかわっていなかったようで、森下千里さんの宮城県での選挙立候補に関しては不安の声を上げていました。

取材班は急遽、名古屋に飛び、森下の父親に話を聞いた。

「宮城には親戚もいない……」父親も不安
――「文春オンライン」です。千里さんから事前に相談はありましたか?

「知り合いから『ちーちゃん(森下)のニュースがテレビでやっとったよ』って電話がかかってきて初めて知った。相談もなにもなかったわ。娘はこっちに帰って来てもすぐに東京へ帰っちゃうから。政治家になりたいとかも聞いたことなかったけど、今は防災士の資格を取るために勉強しとるらしい。

 千里には上に長男、次男がおって末っ子だけど性格はしっかりしてるわな。大学を途中で辞めてグラビアで東京へ行ってまったけど、反対はしなかった。反対しても行ってまう人は行ってまうんだって。そうでしょう。少し嫌でも陰で応援したらんとしょうがないと思って。39歳になって結婚もせんかったから、どっちでもいいと本人に任せてます。元気で悪いことやらんかったらそれでいい。なんで事務所を辞めたかもしらんかったけど、まさか政治のほうへ行くとは思わんかった。自民党から出るいうもんでびっくりこいたわ」

 森下が地元の愛知ではなく宮城で出馬すると選択したことについては、「宮城には親戚もいない……」と、不安を滲ませた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/20d11494fda83d58b5f718ade5c4311a8a8cf337?page=3

森下千里が衆院選で宮城5区の自民党公認

自民、元タレント森下千里氏を衆院宮城5区で擁立へ…震災復興に「強い思い入れ」

自民党宮城県連は、空席となっている宮城県第5選挙区支部の支部長に、元タレントの森下千里氏(39)を充てる方針を固めた。事実上、次期衆院選で宮城5区の公認候補となる。森下氏は14日に記者会見を開く方向で調整している。

石巻市で7日に非公開で開かれた同支部の会合で了承された。出席者によると、県連会長の西村明宏衆院議員(宮城3区)や県連幹事長の菊地恵一県議らが森下氏と面会し、候補者にふさわしいと判断したことが報告され、異論は出なかったという。今後、県連の手続きを経て、月内にも党本部に申請する。

https://news.yahoo.co.jp/articles/27871e434ecc47ef7daaa947f13b8aec1c9d1858

抜群のプロポーションと悩殺ポーズで世の男性を魅了し、熊田曜子や安田美沙子らとグラビアの一時代を築いた森下千里さん

東日本大震災の時には岩手県陸前高田市の避難所を訪れカレーの炊き出しを行うなど、復興に強い思い入れを持っているそうですね

タイトルとURLをコピーしました