マッスル北村の結婚歴や子供を調査!学歴や身長体重は意外にも死の直前…

スポンサーリンク
0未分類

マッスル北村さんは残念ながらすでに故人となっているものの、その破天荒なエピソードで今もなお語り継がれる伝説的なボディビルダー。

数々の大会で優勝を果たすだけではなく、そのストイックなトレーニングと意外なほど高学歴でも知られるマッスル北村さんの気になるプロフィールをまとめています。

スポンサーリンク

マッスル北村の学歴がすごい!高校・大学は…

マッスル北村さんは東京学芸大附属の学校に小学校から高校まで通っています。

出身高校の東京学芸大附属高校と言えば偏差値80近くにもある全国でも有数の進学校で知られていて、毎年、数多くの卒業生が東大や京大、早稲田慶応大学など難関大学に合格をしています。

マッスル北村さんも例にもれず現役で防衛医科大学校と早稲田大学理工学部に合格をしているものの、(おそらく)第一志望だった東京大学には残念ながら不合格。

1年の浪人を経て東京大学理科2類に進学しています。

ただ大学に入ってほどなくしてボディビルと出会うと、トレーニングにのめりこむようになり授業もほとんど出席しないまま中退をしてしまいます。

マッスル北村さんのすごいところは、その後、ボディビルダーとしてのトレーニングを続ける傍らで「医療で人を助ける人になりたい」と志すと、東京医科歯科大学に一発合格を果たします。

ただ、東京医科歯科大学出の大学生活も長続きはせずに結局、あっさりとやめてしまいます。

ちなみに、筋肉を鍛えるとテストステロンの作用で男はやる気が出るので、マッスル北村さんはむしろ向上心がとめどなくあふれてきて逆に勉強がはかどったのかもしれませんね。

10MTV:やる気に関係するホルモン「テストステロン」 | 順天堂大学・順天堂医院泌尿器科
要旨 人の気前をよくしてくれるホルモンがある。俗にいう男性ホルモン「テストステロン」だ。テストステロンは。男性
テストステロンと筋肉の関係 | 日本Men’sHealth医学会

マッスル北村さんに限らず、ボディビルダーには意外と高学歴で知られる人物が多く、

山本義徳 早稲田大学
山岸秀匡 早稲田大学
小林航太 東京大学文科一類→首都大学東京法科大学院
三島由紀夫 東京帝国大学法学部

といった人物が知られています。

マッスル北村wikiプロフィール

本名:北村克己(きたむら かつみ)
芸名:マッスル 北村
生年月日:1960年10月6日
年齢:39歳(2000年8月3日死去)
出身地:東京都
身長:173㎝
体重:115㎏
血液型:B型
小学校:東京学芸大学附属大泉小学校
中学校:東京学芸大学附属大泉中学校
出身高校:東京学芸大附属高校
最終学歴:東京大学理科2類(中退)→東京医科歯科大学(中退)
家族構成:両親(父親 母親) 妹
職業:ボディビルダー タレント
所属事務所:マッスル企画

マッスル北村さんの一つのことにストイックなまでに没頭する特質はすでに幼少期の頃から現れていました。

「ラジオ組み立てキット」にハマって家にあるラジオを分解しては修理・組み立てるようになると、電気屋にあったラジオまでえ分解・修理するように。

さらにはラジオだけではなく壊れたテレビなどの電化製品も譲ってもらってきては分解して修理・組み立てをしていたそうです。

年齢が上がるにしたがって電化製品を飛び越えて、壊れた車からスピードメーターなども自作して、ほぼ新車同様まで整備してしまったこともあるそうです。

これと決めたらとことんまでのめりこむマッスル北村さんはが、ボディビルを始めるきっかけは東京大学に入学してからのこと。

もともと55キロ程だったマッスル北村さんは、高校時代に自転車で200キロを無休憩で走り続ける挑戦をしたり、本気でプロボクサーを目指していたこともあり体格はがっしりと引き締まっていたようです。

その様子を見かけた東京大学運動会ボディビル&ウェイトリフティング部の先輩の目に留まり、誘われるがままボディビルの関東学生選手権に出場しています。

マッスル北村さんは、「筋肉を大きくするためなら何でもやった。」と豪語をするとおり、それこそ今でも伝説とされるようなトレーニングをボディビルダーになりたての頃から実践していました。

食事の内容は、普通の食べる三食に加えて

卵 20個~30個
牛乳 2リットル~3リットル
鯖の缶詰 3缶
プロテインの粉末 300g

という食生活を毎日続け、食事の消化吸収を促すために大量の消化薬も同時に服用したそうです。

大会前にはさらに鶏肉をミキサーにかけてペースト状にしたものを食べ続け、なんと本格的にボディビルを始めてたった10か月で40kgの増量に成功しています。

マッスル北村の経歴

マッスル北村「トレーニング名場面集」

マッスル北村さんがストイックという言葉では片づけられないほどボディビルにのめり込んだのは
初めて出場した1981年(昭和56年)のミスター関東学生大会で敗退したことが大きなきっかけだったようです。

自転車とボクシングで鍛えていたといっても、しょせんは、真剣にボディビルをやっていた人たちとは比較にもならず、大会では無残で恥ずかしい思いだったようです。

屈辱の初参戦を機に、先ほどのような猛烈なボディビルに取り組み始めると、1981年(昭和56年)のミスター東日本学生大会で8位入賞、
そして、初参戦から2年後の1983年(昭和58年)のミスター関東学生大会で優勝を飾り見事にリベンジを果たしました。

その後、様々な大会で優勝もしくは上位入賞を果たしているマッスル北村さんですが、一時はドーピング疑惑が鳥座されたことがあります。

というのも、日本人ボディビルダーの中では、前例がないほど筋肉で肥大してしまったことから。

一時はボディビルダー界から姿を消すことになったものの、その間もトレーニングをか欠かすことはありませんでした。

戦いの場を主に日本から世界へと変え、1999年には世界チャンピオンに輝き2000年も連覇をかけて着々とトレーニングを重ねていたものの、2000年8月3日に39歳という若さで亡くなっています。

世界選手権のために20㎏という過酷な減量に取り組んでいた最中のことで、マッスル北村さんは餓死なのではないか?との噂も流れました。

実際にマッスル北村さんは極度の糖質制限を実践していたようで、異常な低血糖状態から急性心不全を引き起こしたことが死因だと言われています。

ただマッスル北村さんは体脂肪を極限までそぎ落とし、筋肉はもちろん内臓を動かすエネルギー源となる糖質を摂取していなかったわけですから、ある意味、健康だったとしても餓死に近い状態だったのかもしれません。

■マッスル北村さんの戦績
1983年 ミスター関東学生大会 優勝
1984年 ミスター関東 優勝
1985年 ミスター東京 優勝
1985年 ミスター全日本実業団 優勝
1985年 ミスターアジア ライトヘビークラス 優勝
1986年 ミスターパシフィック 優勝
1986年 ミスターオールジャパンチャンピオンシップス 優勝
1990年 WABBA世界選手権 世界4位入賞
1999年 WABBA太平洋世界選手権 総合優勝
1999年 NPCトーナメント・オブ・チャンピオンズ ヘビー級3位入賞

マッスル北村の身長・体重は?

マッスル北村さんの死ぬ直前の身長体重は、

身長:173㎝
体重:115㎏

だったようです。

これだけの体重があったにもかかわらず、ほとんどが筋肉で脂肪の割合は極端に低かったようですね。

マッスル北村の結婚した嫁や子供は?

マッスル北村さんの結婚歴について調べてみるとどうやら生涯独身で、結婚もしていなければ子供が生まれた様子も見当たりませんでした。

マッスル北村さんの家族は父親 母親の両親に加えて妹がいる4人家族。

実は、マッスル北村さんは亡くなる数日前にも倒れて救急車で運ばれたことから、妹はマッスル北村さんに「飴を一個でいいから舐めてほしい」と言われたそうです。

ところが「そんなわずかなカロリーすら摂取したくないんだ」と断られてしまったというエピソードがあります。

タイトルとURLをコピーしました