何だかんだ銀座あらすじ|原作は?結末ネタバレ

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

「何だかんだ銀座」は世にも奇妙な物語 ’22夏の特別編で放送されたショートストーリーの一つ。

有田哲平(くりぃむしちゅー)さんがメインキャストとなっていますが、何だかんだ銀座のあらすじは原作はある?

スポンサーリンク

何だかんだ銀座あらすじ|原作は?

羽鳥祐介(岩田琉聖)は父親の昭夫(東根作寿英)と銀座の公園で“野生のお金持ち”であるニホンオオカネモチ(有田哲平)を捕まえて自宅で飼うことにする。祐介の誕生日プレゼントとして飼う事に母親の美津子(紺野まひる)はあきれつつも認めることにする。ただ、ニホンオオカネモチは銀座に大変なこだわりを持ち、銀座で買った食器、銀座の食べ物以外は受け付けないなど、かなり厄介な生態が……。そんな“お金持ち”と祐介の世にも奇妙なひと夏の物語が始まる。


「何だかんだ銀座」には原作があります。

作家の村崎羯諦 さんによる「余命3000文字」に収載されている同名の「何だかんだ銀座」を脚本家の相馬光さんがドラマ用に書き換えています。

何だかんだ銀座の結末ネタバレ

随時更新

何だかんだ銀座の感想は?

タイトルとURLをコピーしました