大鶴義丹の若い頃からの生い立ち!仲良しは誰?

スポンサーリンク
0未分類

大鶴義丹さんは芸能人の父親・母親を持つ芸能人2世として若い頃から様々な映画やドラマで主演・重要な脇役として出演を続けています。

また交友関係も広く若い頃から数多くの親友となる芸能人もいたり、マルシアさんとの離婚や再婚などゴシップも絶えない大鶴義丹さんの気になる若い頃から現在までのプロフィールをまとめています。

スポンサーリンク

大鶴義丹の若い頃からの仲良しは誰?

大鶴義丹さんには少なくとも2人の仲良し芸能人がいます。

まずその一人が、俳優の湯江タケユキさん。

他力本願な、湯江タケユキさんが呑みに来たよ、

「有吉反省会」に湯江タケユキさんが出演した際、「プライベートが大鶴義丹だらけになっていること」と大鶴義丹さんへの異常な愛情を告白。

湯江タケユキさんは1985年、18歳の時にドラマ「ハーフポテトな俺たち」で俳優デビューすると、和製ジェームス・ディーンと言われ、現在は『相棒』や『科捜研の女』などのドラマを中心に活躍しています。

プライベートで大鶴義丹さんと一緒にいることがかなり多く、1ヶ月に会う回数は多い時で24回にも上り、「日に日に好きになってる!」のだという。

2人が知り合うドラマの共演がきっかけ。「それからずっと好き」と答え「初めて会った時から一目惚れです!」と断言しています。

そしてもう1人の若い頃から親友なのが、以前から「二世俳優の会」を開くなど、親交の厚い宍戸開さん。

宍戸開も以前、大鶴義丹さんが好き過ぎる事を告白し、「有吉反省会」では、大鶴義丹と湯江の仲を引き裂くドッキリを命じられるという演出も見られました。

大鶴義丹の若い頃

大鶴義丹さんは16歳だった1984年、NHKドラマ「安寿子の靴」でいきなり主演で俳優デビューしています。

脚本は大鶴義丹さんの父親・唐十郎が書き下ろしているので、親の肝いり・七光りがあったのかもしれませんが…

■ドラマ「安寿子の靴」詳細
「山椒大夫」「安寿と厨子王」の物語を下敷きにした、唐十郎のオリジナル作品。ある春の日の午後、家出した幼い少女と学生服の少年が、京都・鴨川の川辺で出会う。少年に付きまとう少女。そんな時、少年は病気で死んだ姉の赤いハイヒールを片方だけ見つける。それは少年が姉にプレゼントしたものだった・・・。大人が見失った宝物を探す少年少女の冒険ドラマの形で、現代のぐう話を語る。演出の三枝健起はテレビ大賞新人賞を受賞。

ドラマスペシャル 安寿子の靴
「山椒大夫」「安寿と厨子王」の物語を下敷きにした、唐十郎のオリジナル作品。ある春の日の午後、家出した・・・

大鶴義丹さんが過去に出演したドラマや映画を視聴するなら動画配信サービス「U-NEXT」を利用するのがオススメです。

月額2,189円(税込)と比較的高めですが、有料の新作を1,200円分視聴可能という点を考慮すると実質989円とり、他の動画配信サービスと同程度の料金体系になります。

実質1000円以下で21万本以上ものコンテンツを視聴できるのは日本では「U-NEXT」しかありません。

料金は無料お試し期間の31日以内に解約をしてしまえば課金されないので、まずはお試しで利用してみるのも良いんじゃないでしょうか。

[30日間無料]unextの詳細&申込みはこちら
通常バナー

■大鶴義丹の若い頃の出演作品

安寿子の靴(1984年10月13日)[1]
匂いガラス (1986年11月8日)[2]
緑の果て(1990年6月2日)
京都かるがも病院 第1回(1986年10月7日、テレビ朝日)
火曜サスペンス劇場(日本テレビ)
女検事・霞夕子5・家庭教師の殺人(1988年7月) – 宮野伸彦
王女の涙(1988年10月4日放送、東宝)
弁護士・朝日岳之助16・緊急発砲(2001年7月) – 中野和明 役
警視庁鑑識班16(2003年4月) – 杉崎信也 役
水曜グランドロマン(日本テレビ)
男友達(1989年1月18日)
凍れる瞳(1989年8月9日)
さよならジャポン(1990年10月10日)
東芝日曜劇場
母さん、これが息子の浪人生活です(1989年1月29日)
正月、僕は帰りません(1989年12月17日)
まま・あい・らぶ・ゆー(1991年4月21日、北海道放送)
青い鳥みつけた!(1992年8月2日)
君の瞳に恋してる!(1989年1月-3月、フジテレビ)
弁護士平沼修二シリーズ 他人の関係(1989年6月26日 – 7月17日、NHK)
市川準の東京日常劇場(1990年12月3日・10日、テレビ朝日)
チャイナタウン(1991年1月26日)
ラブストーリーは突然に Un coup,l’amour arrive…「素敵なボーイ・ミーツ・ガール」(1991年3月25日、フジテレビ)
助教授一色麗子 法医学教室の女(1991年7月 – 9月、日本テレビ)
逢いたい時にあなたはいない…(1991年10月 – 12月、フジテレビ)
大人は判ってくれない(第7回)「自動車泥棒」(1992年2月27日、フジテレビ)
もっと、ときめきを-ふたりまでの距離-(1992年3月17日、日本テレビ)
あの日の僕をさがして(1992年4月 – 6月、TBS)
わがままな女たち(1992年10月 – 12月、フジテレビ)
フジヤマのトビウオ 古橋広之進物語(1992年7月20日、TBS)
悪魔のKISS(1993年7月 – 9月、フジテレビ)
世にも奇妙な物語 「いじめられる女」(1993年) – 佐野寛一
オレたちのオーレ!(毎日放送)
妊娠ですよ(1994年10月 – 11月、関西テレビ)
ひまわり(1996年4月 – 10月、NHK)

映画
首都高速トライアル(1988年) – 主演
カレンダー if just now(1991年)
チー公物語 ネズミ小僧のつくりかた世紀末版(1991年)
新・同棲時代(1991年)
ナースコール(1993年)
怪談・牡丹灯籠・0TSUYU(1998年)
プライド・運命の瞬間(1998年)
秘祭(1998年)
平成金融道 裁き人(1999年)

本格的に俳優デビューしたのは日本大学芸術学部文芸学科在学中に出演した、1988年の映画『首都高速トライアル』で、主演の伝説の記録に挑むにドライバーを演じていました。

俳優の傍らで執筆活動も手掛けていて、俳優デビューの2年後には小説『スプラッシュ』を発表し、第14回すばる文学賞を受賞。

■大鶴義丹の著書
『スプラッシュ』(1991年、集英社) ※後に文庫化
『湾岸馬賊』(1991年、集英社) ※後に文庫化
『ずっとよるだったらいいのにね』(1993、集英社)
『シーサイド・バー』(1994年、集英社)
『東京亜熱帯』(1994年、福武書店)
『ファルス』(1996年、角川書店)
『フェイス』(1996年、新潮社)
『ワイド・ショウ』(1998年、新潮社)
『オキナワガール』(2000年、集英社)
『昭和ギタン アングラ劇団の子と生まれて』(2005年、バジリコ出版)
『チェンジ・ザ・ゲーム』(2008年、宮帯出版社)
『その役、あて書き』(2011年、扶桑社)

1995年には映画『となりのボブ・マーリィ』で映画監督デビューを果たしています。

■大鶴義丹の若い頃のエピソード

・保育園時代、お昼寝の時間によく脱走した。

 塀に隙間に隠れようとして体がはさまって出られなくなった事があった。

・小学校に上がるまで父親が主宰する劇団状況劇場で全国を巡回。

 劇団員がテントを組み立てるそばでひとりで遊んで夜はテントで寝た。

 公演がない時も劇団員が常に一緒に生活していた(自宅に稽古場があった)。

 ドロドロした三角関係や酔った勢いの3Pなどを目にして育った。

 劇団員の女性にかわいがられた(甘えるフリをして触っていた)。

 公演直前の追い込みの時期は夜中まで稽古で誰も構ってくれなかった。

・10歳頃まで劇団員の女性と一緒にお風呂に入っていた。

・親があまり面倒を見てくれなかったので小学校低学年から自分で食事を作った。

・小学校時代、劇団員から仕入れた難しい言葉(「人権蹂躙」など)を学校で流行らせた。

・小学校時代、遠足の時に親が弁当を作ってくれなかったので自分で作った。

・小学校時代、杉並区の作文コンクールに入賞。

・小学校時代、教師の偽善を暴くのが大好きだった。

・小学校時代、銃刀法違反で逮捕された父親に面会する為に警察署に行った。

・小5の時、学芸会で主役を演じた。

・中学時代、勉強が出来る不良だった。よくケンカをした。

・中学時代、ラジコンをやっているオタクな友達もいた。

・中1の時、放課後に公園でファーストキス。

キスした事で気まずくなって交際は長続きしなかった。

・中2の時、セックスを初体験(相手は大学生)。

・中学校の修学旅行のエピソード:

 ひとりだけ制服の白シャツではなく柄物のシャツを着て参加。

 奈良に泊まった時に鹿せんべいで鹿を誘き寄せて嫌いな先生の部屋に入れた。

 天井裏から女子の部屋を覗きに行った時にクラスメイトが天井板を踏み抜いてしまった。

・高校時代、学校で一番かわいい女の子に告白してフラれた。

 「いいです(No)」と言われたのを「OK」という意味に取って1週間浮かれていた。

・高校時代、自主映画を作った。

・高1の時、教師を殴って自主退学。

・高校中退後、芥川龍之介や太宰治を読み、夜は歌舞伎町のディスコに入り浸っていた。

・ディスコで毎晩のように他の客とケンカをした。

 ヤバい人とトラブルになって生ゴミの中に隠れた事があった。

・エスカレーターで大学に行ける高校だったがそのまま行くのは退屈だと思って日芸に入った。

・20歳の頃に両親が離婚。

・大学時代、塾講師のアルバイト。

 教えるのが面倒だったのですぐテストをしていた。

・大学時代、同人誌に小説を執筆。

引用:https://www.pasonica.com/%E5%A4%A7%E9%B6%B4%E7%BE%A9%E4%B8%B9/

大鶴義丹wikiプロフィール

名前:大鶴義丹

本名: 大靏義丹

生年月日:1968年4月24日

年齢:53歳

出身地:東京都杉並区

中学校:杉並区立東田中学校

出身高校:玉川学園高校中退→和光大学附属高校

最終学歴:日本大学芸術学部中退

大鶴義丹さんはまだ28歳だった若い頃の1994年、歌手で女優の、マルシアさんと結婚しています。

テレビドラマ「オレたちのオーレ!」で共演したことがきっかけで、マルシアさんの方が一目惚れ。

娘・弥安 (びあん)さんも1994年に誕生していますが、2004年には大鶴義丹さんの浮気が発覚したり、もともと大鶴義丹さんの母親との嫁姑問題もあったという噂もあり離婚しています。

弥安さんはマルシアさんが引き取って育てていますが、マルシアさんは2010年の41歳、うつ病を発症し、1年半活動休止しています。

2012年の43歳には芸能活動を再開させています。

■マルシアプロフィール
本名:西家一枝マルシア
生年月日:1969.2.14
年齢:52歳
職業:歌手・タレント
出生地:ブラジル(日系三世)
祖父:西家佐登里(静岡県沼津市出身)
祖母・西家たか
父:西家千秋
母:西家芳子

大鶴義丹さんは、2012年の43歳の時に、高校時代からの知り合いと再婚されています。

一般女性ということですが、名前は泰子(やすこ)さん。

職業は、ブライダルのプロデュースをする会社勤務をしていたときに、仕事で再会し、
長い間、大鶴さんの良き相談相手だったそうです。

2012年に入り、お互いを意識し始めたそうで、交際半年ほどで、スピード婚しています。

娘・弥安 (びあん)さんとは離婚後もマルシアさん・大鶴義丹さんの親子3人で会う機会は多々あり、
弥安さんは大学へ通いつつ二世タレントとしてバラエティ番組にも出演し、マルシアさんとも共演されたこともあります。

今では再婚した大鶴義丹さんの家にも気軽に泊まり行くほど、現在の妻とも仲が良く、女同士の話で盛り上がるそうです。

大鶴義丹さんの父親は劇作家の唐十郎(から じゅうろう)さんです。

■唐十郎プロフィール
本名 大靏 義英(おおつる よしひで)
生年月日 1940年2月11日
出身地 東京
職業 劇作家・芥川賞作家
両親 父・大鶴日出栄
学歴 下谷区立坂本小学校→私立駒込中学校→東邦大学付属東邦高校→明治大学文学部演劇学科

23歳だった1963年に劇団「状況劇場」の前身となる「シチュエーションの会」を旗揚げすると、
1960年代から1970年代に、アンダーグランド劇団を代表する劇作家としてその名をとどろかせるようになります。

1983年には、小説「佐川君からの手紙」で芥川賞を受賞、2012年には明治大学客員教授にも就任しています。

唐十郎さんは破天荒な行動ぶりが知られていて、「新宿西口公園事件」では東京都からの中止命令を無視し、新宿西口公園に紅テントを建て公演決行

200名の機動隊に包囲されながらも最後まで上演を続けた結果、唐十郎さん、李麗仙さんら3名が「都市公園法」違反で現行犯逮捕されました。

その李麗仙が在日韓国人俳優の草分け的存在である舞台女優で、1967年に結婚した嫁、、つまり大鶴義丹さんの母親です。

■李麗仙プロフィール
本名 李初子、日本名は星山初子(ほしやま はつこ)
生年月日 1942年3月25日
職業 舞台女優
出生地 東京都
学歴 東京都立広尾高等学校→舞台芸術学院中退

在日韓国人3世として、日本で生まれ育ち舞台芸術学院在学中に、唐さんと知り合うと1963年に劇団「状況劇場」に入団し舞台女優として活躍するようになります。

李さんは、「アングラ界の女王」と、異名をとられるほど、独特な演技で、その存在感を放たれていたそうで、1975年に日本に帰化し、1987年に芸名を現在の李麗仙に改名しました。

ただ唐十郎さんとは大鶴義丹さんが22歳になる1988年に離婚しています。

タイトルとURLをコピーしました