古事記の逸話、桃を使った魔物退治の方法とは?#お天気検定

スポンサーリンク
0未分類

8月2日の「グッドモーニング」内のクイズ「お天気検定」で出題された問題は【古事記の逸話、桃を使った魔物退治の方法とは?】でした。

■当ブログの人気コンテンツ

スポンサーリンク

答え:古事記の逸話、桃を使った魔物退治の方法とは?【お天気検定】

青:桃に毒を盛った
赤:桃を投げた
緑:桃の木で叩いた(赤)

『日本書紀』では神産みの第九の一書に登場する。 『古事記』と同様に、イザナギ命は黄泉の国で8柱の雷公に追われる。 その時、道端に桃の樹があり、その樹の下に隠れて桃の実を採って投げつけると、雷公は退走していった。 これが、桃を用いて鬼を避ける由縁であると記されている。

火の神を生んだことで伊耶那美神が神避りすると、伊耶那岐神はこれを追って黄泉国へ赴くが、禁忌を犯してその姿を見たことで、黄泉国の神々に追われることとなる。黄泉比良坂の坂本に到って、そこにあった桃の実を三つ取って迎え撃つと、追手は退散し、逃れることができた。そこで、伊耶那岐神は桃の実に、我を助けたように葦原中国の人々を苦しみにある時に救えと命じ、この功を讃えて意富加牟豆美命という名を与えた。

http://kojiki.kokugakuin.ac.jp/shinmei/okamuzuminomikoto/
タイトルとURLをコピーしました