ペン卒とは?セブチのペン卒の理由は何?冷めた?

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

ペン卒とはペン(韓国語でファンという意味)をやめる、という意味。ジャニーズで言う担降り。

2015年デビューのSEVENTEEN(セブチ)ペン卒した人はどんな理由からだったんでしょうか?

スポンサーリンク

ペン卒とは?セブチのペン卒の理由は何?冷めた?

セブチの顔面もパフォーマンスもトークも文句無しに良いと思っていても、ペン卒していく人がいます。

セブチの場合だと本当に刺激のなくほんわかと平和な感じがいいけど物足りない感じで冷めたという意見もみられますが、一般的にペン卒(担降り)していく人で多い理由を上げると次のようなものがあります。

■自担 干される
コンサートで自担からファンサをもらえなくなり、嫌われてるんじゃないかと不安になったり、同担に嫉妬するようになった

■推しグルが変わった
最初は「かけも(かけもち)」で応援していてもだんだんチケットが容易にとれるか推しグルの方にシフトした

■他に熱中することができた
彼氏が出来るなどでリアルが充実していて忙しくなった
スポーツ・特撮ヒーロー・アニメ・声優など「何かに夢中になる」
就職・進学・結婚

■熱が冷めた
チケットが取れない推ししがみつくよりも チケット取れる他のグループに 応援した方が満足感得られるのかも
テレビの露出があまりなくてどんどん気持ちが離れる
ただ単に飽きた

■お金が続かない

■人気が出すぎてしまった
ペンが増えすぎて応援しなくても大丈夫だと思えるように

ペン卒(担降り)した人が余ったグッズを買取業者へ出す割合はなんと約88%、つまり10人中9人はネット買取に出しているそうです。

DVD、タオル、シャツ、ペンライト、生写真などなど、情熱は冷めたとはいえ、思い入れのあるセブチグッズばかり。

何の感情もなくポイポイと粗大ごみで捨てることなんてできるわけがありませんからね。

それに集めたグッズを「ほしい!」「譲って!」という人もたくさんいるでしょうから、大事に扱ってくれる人に渡すのも良いじゃないでしょうか。

具体的にグッズを買い取ってもらえる候補としては、

リサイクルショップ(ブックオフなど)
ネットオークション(ヤフオク・メルカリなど)
SNS(ツイッター、フェイスブックなど)
宅配買取業者

といったものがあります。

■リサイクルショップ(ブックオフなど)

ブックオフやハードオフなどのリサイクルショップが、家の近所にある場合には、候補の一つになるでしょう。

リサイクルショップに持ち込む最大のメリットは、ネットオークションやSNSでの個人取引などとは違い、その場ですぐに査定が終わり、すぐに現金化できること。

ただその代り、グッズの付加価値(プレミア分)をキチンと見極めてくれる期待はほぼゼロです。

たとえば、ブックオフなど大手のリサイクルショップでは、販売時の価格の5%が買取金の目安となっています。

古いグッズになると、逆に買取拒否されることだってあります。

個人経営や小規模のリサイクルショップであれば、店員さんのその時の感覚でころころ変わり、決して良い値で評価してもらうことはできません。

■ネットオークション(ヤフオク・メルカリなど)

ヤフオクやメルカリ、楽天フリマといったネットオークションで、グッズを出品する手もあります。

セブチのファンの中にはネットオークションを通じて、入手できなかったグッズ、たとえば、いけなかったライブの限定グッズなどを買い集める人もいます。

ネットオークションだとリサイクルショップに持ち込むよりも、良い値がつくことが多いです。

場合によっては、落札価格がぐんぐん跳ね上がることもあるんですが、もちろん、その逆のパターンもあり得ます。

落札者がさっぱり集まらなかったり、価値の分からない素人ばかりが入札して落札価格がちっとも上がらなかったり。

ネットオークションだとさらに、グッズを一つ一つ写真撮影して、説明文も加えて出品しなければいけないので、手間も大変かかってしまいます。

グッズが手元に大量にある場合には、ネットオークションの使い勝手はあまり良くないですね。

■SNS(ツイッター、フェイスブックなど)

フェイスブック、インスタ、ツイッターなどのSNSでつながりのあるペンに、グッズを買い取ってもらう方法もあります。

「セブチのペン卒するので、グッズを買い取りませんか?」と、呼びかけてみたら、意外と反応が返ってくるでしょう。

ペン同士ですから、お互いに納得のいく価格に落ち着きやすく、最近はSNSでのグッズ個人取引が意外と活発みたいですが、実は個人取引ならでわのトラブルも急増しています。

グッズを買い取ってくれるという人に配送したものの、寝ても覚めても代金が入金されないとか、というトラブルが頻発。

ネットでの個人取引の怖いところは、相手がアカウントを閉じてしまうと、追跡するのが非常に難しくなってしまうこと。

トラブルに遭遇してしまうと、トラブル解決に相当のエネルギーが奪われてしまい、労力的にあまりおすすめはできません。

■宅配買取業者

ペン卒でグッズを買い取ってもらうのであれば、宅配買取業者を利用するのが最善の選択肢です。

宅配買取業者なら、買い取ってもらいたいグッズを段ボールに詰め込んで配送するだけ。

先方にグッズが到着次第、プロの目から見て一つ一つ丁寧に査定をしてもらえます。

メール・電話など指定した方法で後日、査定結果を連絡してくれるので、金額に納得できれば、そのまま買い取ってもらえばよいし、不満があればキャンセルすることもできます。

面倒な手間は一切かからないし、入金されないなどのトラブルに遭遇する心配もありません。

ネットで依頼ができる宅配買取業者は、調べてみると、ものすごい量の業者が存在します。

駿河屋
eあきんど
かいとりR
トイズキング
ジャニーズオフ
良盤ディスク(3月うさぎの森)
トイフォレスト
トイズキング
ジャニヤード
ジャニランド

などなどの宅配買取業者がある中でジャスティー(JUSTY)をおすすめします。

ジャスティー(JUSTY)には専門館(専門サイト)があり、ジャニヤードやジャニランドのようなジャニーズ専門の買取業者のように、KPOP専門サイトが用意されているんです。

ジャスティー(JUSTY)のKPOP専門サイトの「KPOP館」では、1ヶ月に1000件を超える成約実績を誇っており、アイドルグッズの査定のプロが在籍していて、グッズの価値を正当に評価をしてもらえます。

KPOP専門の買取業者の中でも、ジャスティー(JUSTY)なら高値が付きやすいのも、大きな魅力の一つです。

他の買取業者とは違い、ジャスティー(JUSTY)では、海外輸出という強みを持っているからです。

ワールドワイドに広がるジセブチのファンのために、海外でグッズを売る販路があるため、他の業者よりも高く買取してもらいやすいです。

ジャスティーの買取実績を見てみる、またはジャスティーに買取依頼はこちら

・まとめ買取で査定額が増額!

ジャスティーで高額買取してもらえる理由は、海外販路を持っているだけじゃなく、まとめ買取でボーナスをもらえるからです。

出品数に応じて500円、1000円、2000円と、どんどん買取金額にプラスをしてもらえるんです。

買取品数が100点以上にもなれば、無条件で2万円以上も増額してくれるんです。

グッズが大量にあればあるほど処分に困るものですが、ジャスティーに出品すれば、そんな悩みは一発で解決するし、むしろ、大量に買い取ってもらう方が大きなメリットになります。

■ジャスティーで買取りできないグッズ

ただジャスティーだからと言って、グッズを何でもかんでも買い取ってくれるわけじゃありません。

ジャスティーで買取してもらえないグッズとしては、主に非公式グッズがあります。

非公式グッズとは、アラシックが手作りしたものとか、縁日の景品など出所が良くわからないものです。

逆に、どんなものが公式グッズになるのかというと、DVDやポスター、生写真はもちろん公式グッズです。

意外なところだと、

・コンサートの落下物(銀テープなど)
・番組宣伝用のポスター
・雑誌の切り抜きを集めたアルバム
・コンビニなどの企画品・抽選品

なども公式グッズとして買い取ってもらえます。

ジャスティーの買取実績を見てみる、またはジャスティーに買取依頼はこちら

タイトルとURLをコピーしました