車ルームランプ(室内灯)がつかない原因は?消えないルームランプ(室内灯)の修理代は?

車のルームランプ(室内灯)がつかない、
もしくは消えない原因として考えられるのは、

バルブ(電球)の寿命
ルームランプスイッチの接触不良・故障
ドアスイッチ(カーテシスイッチ)の接触不良・故障
断線・ヒューズ切れなど電気系統の故障
ECU(制御ユニット)の故障

といった点が考えられます。

ヒューズやバルブ切れ程度であれば、素人でもdiyで修理することは出来そうですが、
スイッチの故障や電気配線の断線といった故障が原因だった場合、
自動車修理工場に車を持ち込んで修理をしてもらう必要があります。

特にECU(制御ユニット)の故障が原因だった場合、
ECUの一時的なエラーであればすぐにルームランプは復旧するものの、
仮にECUの交換が必要となった場合、部品代がかなり高額になってしまうため、
新車じゃなければ、いっそのこと車の買い替えを検討したほうが良いかもしれません。

ルームランプ(室内灯)は道交法では設置の義務はなく、
車検でも検査項目の一つにはなっていません。

消えない・つかないルームランプ(室内灯)状態でも車検に通ると思われますが、
ルームランプ(室内灯)の点灯・消灯で半ドアになっていないかどうかを確認できないなど、
意外と不便なのでルームランプ(室内灯)もやはり早目に修理してもらうべきでしょう。

■ルームランプ(室内灯)1日つけっぱなしでバッテリーは?

ルームランプ(室内灯)を5時間とか10時間とかつけっぱなしにすると、
バッテリーがあがってしまうのかというと、半日程度なら大丈夫かもしれませんが、
1日もつけっぱなしだとバッテリー上がりの危険が高くなります。

ルームランプ(室内灯)がLEDランプタイプだった場合には、
もう少しバッテリーが上がるまでに時間が持つかもしれませんが、
1日も持たないと考えたほうが良さそうです。

万が一、ルームランプ(室内灯)をつけっぱなしにした結果、
バッテリー上がりが起きてしまったら、車を動かすことができません。

特にエンジンをスタートさせるためには大きな電力が必要になるため、
何とかしてバッテリーを充電しなければいけません。

具体的には、

バッテリーを交換する
JAFに救援に来てもらう
ブースターケーブルを使う
ジャンプスターターを使う

といった手段で対策をする必要があります。

とりあえずエンジンさえ始動させることができれば、
後はエンジン動力によって勝手にバッテリーが充電されていきます。

■ルームランプ(室内灯)がつかない原因

ルームランプ(室内灯)のスイッチをカチカチ押してみても、
明かりがつかない(点灯しない)状態になってしまった場合。

何が原因でルームランプ(室内灯)が
つかなくなっているのかというと、

バルブ(電球)の寿命
ルームランプスイッチの接触不良・故障
ドアスイッチ(カーテシスイッチ)の接触不良・故障
断線・ヒューズ切れなど電気系統の故障
ECU(制御ユニット)の故障

といった点が考えられます。

車種によっては、リア側のルームランプ(室内灯)と、
フロントのルームランプ(室内灯)が連動しないタイプもあります。

たとえば、運転席のドアを開けるとフロント側のルームランプ(室内灯)は点灯するけれど、
リア側〈後部座席側)のルームランプ(室内灯)が点灯しないのは、
正常かもしれないので、説明書を確認してみてください。

バルブ(電球)の寿命

車のルームランプ(室内灯)は家庭にある一般的な照明と同じように、
電球(バルブ)が使われています。

LEDではない従来のタイプのバルブ電球の場合、
中にはフィラメントが使われているので、
フィラメントに電流を流し続けることで徐々に劣化していきます。

最終的にフィラメントが損耗して物理的に切れることがあり、
当然、ルームランプ(室内灯)は点灯しなくなります。

バルブ電球切れが原因で車のルームランプ(室内灯)がつかない場合には、
運転席側(フロント側)のルームランプはつくけれど、
リア側(後部座席)のルームランプが点灯しない
といった状況が起こりやすいです。

ルームランプスイッチの接触不良・故障

ルームランプ(室内灯)のそばにカチカチとスイッチがあったり、
もしくはルームランプ(室内灯)自体が大きなボタンスイッチになっていることがあります。

スイッチを切り替えたりボタンを押すたびにON・OFFが切り替わって、
ルームランプ(室内灯)がついたり消えたりを繰り返しています。

ルームランプ(室内灯)の内部ではON・OFFを切り替えるために、
物理的に電気配線を切り替える仕組みになっているものの、
スイッチが電気配線部品と接触不良を起こしていたり、
そもそもスイッチが故障しているとON・OFFを切り替えられなくなります。

ルームランプ(室内灯)のスイッチをどれだけ押そうが、
力をこめて強く押そうがつかなくなります。

ドアスイッチ(カーテシスイッチ)の接触不良・故障

たいていの車はドアを開閉するタイミングで
ルームランプ(室内灯)もついたり消えたりするようになっています。

車のドアを良く見てみると車の本体と接する部分に
ドアスイッチ(カーテシスイッチ)と呼ばれるスイッチがあり、
このスイッチを車のドアで物理的に押すことで、
ドアがきちんとしまっているか(半ドアになっていないか)をチェックしています。

厳密には、ルームランプ(室内灯)はドアスイッチ(カーテシスイッチ)と連動しているため、
もし、ドアスイッチ(カーテシスイッチ)が故障していたり接触不良を起こしていたら、
ルームランプ(室内灯)もつかなくなることがあります。

ドアスイッチ(カーテシスイッチ)の異常が原因だった場合、
半ドア警告灯もつきっぱなしで消えない状態になっているはずです。

断線・ヒューズ切れなど電気系統の故障

ルームランプ(室内灯)を点灯させるには、
バッテリーもしくは発電機(オルタネーター)から電力を供給しなければいけません。

電気配線回路(サーキット)が物理的につながっている必要があるものの、
もし配線がどこかで断線していた場合、
スイッチを押してもルームランプ(室内灯)はつかなくなります。

もしくは、車にはブレーカーの役割を果たす「ヒューズ」という部品があり、
ヒューズが切れている場合にもルームランプ(室内灯)はつかなくなります。

ヒューズは車の様々な電気部品ごとに使用されていて、
過剰な電流が流れて電気部品が故障するのを防ぐ役割があります。

ECU(制御ユニット)の故障

ルームランプ(室内灯)がつかない原因としては考えにくいものの、
ECU(制御ユニット)の故障が起きている可能性があります。

ECUとは車で使用されている様々な電気部品を中心に、
様々な部品の働きをコントロールしていて、今やエンジンの次に重要な装置です。

ECUに何らかの不具合が生じていることが原因で、
ルームランプ(室内灯)がつかないことも考えられます。

■ルームランプ(室内灯)が消えない原因

ルームランプ(室内灯)がつかないのではなくて逆に消えない場合には、
どういった原因が考えられるかというと、

ルームランプスイッチの接触不良・故障
ドアスイッチ(カーテシスイッチ)の接触不良・故障

のどちらかになると思われます。

いずれにしても、ルームランプ(室内灯)のスイッチが
常に「ON」の状態になっていると考えられます。

ドアスイッチ(カーテシスイッチ)が原因だった場合、
運転席の警告灯ランプを見てみると、
半ドア警告灯もつきっぱなしで消えない状態になっているので判断しやすいと思います。

■消えない・つかないルームランプ(室内灯)の修理方法

ルームランプ(室内灯)に消えない・つかないといった問題が生じている場合、

バルブ(電球)の寿命
ルームランプスイッチの接触不良・故障
ドアスイッチ(カーテシスイッチ)の接触不良・故障
断線・ヒューズ切れなど電気系統の故障
ECU(制御ユニット)の故障

といった原因が考えられますが、
このうち私たちがdiyで修理できることと言えば、

電球(バルブ)交換
切れたヒューズ交換

程度になります。

電気配線の異常を調べるには車の内部を探る必要がありますし、
ドアスイッチ(カーテシスイッチ)の接触不良・故障も、
素人にはそう簡単には治すことができません。

特にECU(制御ユニット)の故障は深刻な問題で、
設定を変更するだけで済むのならば修理代は安く済むものの、
ECU(制御ユニット)自体の交換修理が必要になると、
工賃は跳ね上がってしまいます。

安くても5万円は下らないといった感じで、
10万円前後の出費は覚悟しておいたほうが良さそうです。

・電球(バルブ)交換の注意点

まずルームランプ(室内灯)にも様々な種類があり、

LED:T10×10mm(筒型ウェッジタイプ)
LED:T10×31mm(ロケット型)
フィラメント電球:G14/BA9S

などなどがあります。

ここ最近で広く使われているのが「T10×10mm」で、
フィラメント電球の「G14/BA9S」は「G14」がガラス球の規格で、
「BA9S」は口金の規格を示しているため、自分の車に合ったものを選ばなければいけません。

車の説明書を持ってオートバックスやイエローハットの店員さんに聞くと確実です。

実際の交換作業にあたっては、くれぐれも感電・過放電に気を付けるようにしてください。

基本的にルームランプ(室内灯)にはスイッチのON・OFFに関わらず、
電気が常時供給されています。

安易に交換作業をしてしまうと電気配線をショートさせてしまい、
ヒューズ切れを招くことがあります。

ルームランプを交換するときは、安全のためにバッテリーのマイナス端子を外しておくか、
もしくはあるいはルームランプのヒューズを外しておくようにしましょう。

・切れたヒューズ交換の注意点

ルームランプ(室内灯)と同じくヒューズも
基本的には常に通電されっぱなしの状態です。

下手に手を出してしまうとショートをさせてしまい、
他のヒューズ切れまで起こしてしまうことがあり得るので、
念のため、バッテリー端子をはずしておくと安心です。

■ルームランプ(室内灯)がつかない車の車検

ルームランプ(室内灯)に関して道交法では特に明記されていません。

道交法第62条には

前照灯(ヘッドライト)
番号灯(ナンバープレートライト)
尾灯(テールランプ)
制動灯(ウィンカー)

といった項目はあるものの、ルームランプ(室内灯)には触れていないので、
設置の義務はないと考えられます。

当然、ルームランプ(室内灯)は車検でも検査項目にもないので、
ルームランプ(室内灯)がつかない・消えないといった状態でも、
車検には通るものと思われます。

ただし、ECUの故障やドアスイッチ(カーテシスイッチ)の接触不良・故障など、
ルームランプ(室内灯)以外の原因があった場合には、
車検で落とされる可能性が出てきます。

ただ、ルームランプ(室内灯)がつかない・消えない状態というのは、
半ドアになっていないかどうかを確認できなくなります。

暗い中で車の中が良く見えないなど、意外と不便なので
ルームランプ(室内灯)もやはり早目に修理してもらうべきでしょう。

タイトルとURLをコピーしました