るろうに剣心のコミック版・文庫版・完全版の違いは?

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

るろうに剣心のコミック版と文庫版と完全版はどう違うのでしょうか?

るろうに剣心の文庫版と完全版に収録されている内容には違いがあるんでしょうか?

スポンサーリンク

るろうに剣心のコミック版・文庫版・完全版の違いは?

るろうに剣心のコミック版と文庫版と完全版は特に違いはなく基本的に、お話の内容は一緒のようです。

完全版は、新書判の単行本に未収録であった「弥彦の逆刃刀」および「春に桜」が収録されています。

違いを上げると完全版の表紙は描き下ろし、カバー下にその巻の表紙の人物を再デザインおよび再設定し直した2本の読みきり「剣心再筆」が掲載、口絵が花札になっていて、基本的に表紙の人物が描かれているなどです。

巻末には和月先生書き下ろしのるろ剣リファイン設定資料がついています。

他の多くのジャンプ作品の完全版は大判に直しているだけや2色カラー刷りになっているぐらいや逆に当時の巻末があまりにも時事ネタ過ぎて削ったりしてる作品が多い中、和月先生がかなり力を入れていらっしゃるため完全版を買い直してもよいぐらいの価値はあると思います。

また当然、巻数にも違いがあります。

コミックス版は全28巻、文庫版は14巻、完全版は22巻です。

それぞれの特長としてはコミックス版は連載当時の作者コメントなど連載当時の雰囲気を味わえる事、また古本屋等で比較的廉価で購入出来る事だと思います。

完全版は大きいため場所をとり、値段も決して安くはありませんが文庫版は巻数が少なく、場所を取らないと言うメリットがあります。

■コミック版
全28巻
定価およそ400円 中古およそ100円
全巻買うと、
新品およそ11200円 中古およそ2800円

メリット
1冊の値段が安い。ちょっと読みたいときに、スッと持ち運べる。つまり、細くて軽いから、邪魔にならない。
登場人物制作秘話といって、登場人物のモチーフや成り立ちを教えてくれるコーナーがある。また、フリースペースには、
和月さんの今思っていることが書いてあって、面白い。読み切りもきちんと載っている。カバーには、コミック版ならではの絵が、表紙、背表紙に描いてあり、漫画を開いたところに カバー折り返しイラストに、
コメントまでついている。そこにも、今の和月さんの状況(笑)が書いてあり、毎回登場人物と一緒に、和月さんのイラストが描いてある。28巻には、他にはない巻末読切として、「メオ・ストライク」という、学園ものの漫画が収録されている。

デメリット
場所をとってしまう。他に比べて、比較的傷つきやすい。(普通の漫画本だから)
多いので、全巻集めるのに苦労する。
買うときとかに、間に何巻か売っていなくて、探すのに苦労した(笑)

■文庫版
全14巻
新品およそ700円 中古およそ400円
全巻買うと、
新品およそ9800円 中古およそ5600円

メリット
小さいので、持ち運びに便利。バックに入れて、出かけ先で読める。コミック版同様、読み切りも載っている。14巻なので場所をとらない。カバーの絵は全巻書き下ろし。カバー、紙質共に良い。漫画だけ載っているので、物語に集中できる。(コメントが入っていると、どうしても読みたくなってしまうからww)
表紙の絵は、隣の巻と繋がるから面白い。
上品な出来。一見、漫画を読んでいるようには見えないので便利(いろんな意味でww)
本屋にはだいたい置いてあるので、そろえやすい。14巻には、コミック版にはない、「春に桜」、「弥彦の逆刃刀」も収録。

デメリット
コメントが無い。→つまらない
コミック版に比べて高い。持ち運べるのはいいが、一冊が太いので、たくさん持って行けない。(重さとか)

■完全版
全22巻
新品およそ1200円 中古およそ600円
全巻買うと、
新品およそ26400円 中古およそ13200円

メリット
表紙、紙質共に上等。(値段の通り)
大きいので、読みやすい。ジャンプ連載当時を思わせる、カラーページの完全再現。コミック版や文庫版ではモノクロだったところが、全てカラーになっている。カバーや口絵や表紙の絵は、全巻書き下ろし。カバーを取ると、「剣心再筆」
といって、毎回るろ剣キャラのリメイク版のスタイルが描いてある。剣心再筆には、ほとんどのキャラがリメイクされている。もっと強そうに描いてみた、みたいなコメントも書いてある。設定資料の特典も付いている。読み切りもほとんど収録されている。全て集めると、背表紙の刀が完成して、面白い。文庫版同様、「春に桜」「弥彦の逆刃刀」の2本を収録。

デメリット
一冊が高い。よって、集めるのが大変。
コミック版同様、場所をとる。大変大きいので、持ち運びができない。一冊が重い。
全て集めるには、一万円以上かかってしまう。金銭的に厳しい。

おすすめは、読み切りも入っていて、
小さくて、持ち運びに便利な文庫版です。
いつでもどこでも、るろ剣を楽しめます。
一見、文庫本なので、本を読んでいるように見えます(笑)

るろうに剣心のコミック版・文庫版・完全版の違いは?ネットの口コミは?

るろうに剣心の文庫版は週刊少年ジャンプ連載分と、連載前後に描かれた読み切りが含まれているようです。

単行本だと連載後に出された読み切りが含まれないので、読むなら文庫版か完全版の方がいいですね。

ジャンプ連載版で一端完結しますので、取りあえず文庫全巻読めば困らないです。

連載終了後、何年かしてから実写映画化を機にまたいろいろと作品が書かれています。そして続編は単行本のみになります。

■「るろうに剣心 -特筆版-」上下巻
実写映画記念で、作者によってリメイクされたパロディ版。
作品自体は、ジャンプるろ剣とはパラレルになるのですが、上巻に収録されている「るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚- 第零幕」はジャンプ版での前日譚なる読み切りです。

■「るろうに剣心 裏幕-炎を統べる-」
志々雄真を中心にしたスピンオフ。

■「るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚・北海道編-」既刊3巻
ジャンプ版からさらに5年後の話。
新キャラもいますが、旧キャラも変わらず総出演状態になってきているので、前作を読んでることが前提ですね。

他にはジャンプ ジェイ ブックスから小説とかも出てるようです。

タイトルとURLをコピーしました