スカーレットの太陽ワインとはマッサン(鴨居商店)?太陽ワインのモデルは赤玉ポートワイン?

スポンサーリンク

1月20日に放送された第91回スカーレットは表ンなことから照子(大島優子さん)と信作(林遣都さん)の幼なじみ3人で久しぶりに一晩過ごすことになりましたね。

照子の離婚危機から、信作の結婚予定など様々な話題が飛び出す中、
喜美子(戸田恵梨香)はずっと昔に拾った信楽焼のカケラを思い出し、これが後々の作陶に影響を与えそうな雰囲気を見せていましたが、
視聴者としては3人の飲んでいたジュースのようなお酒が「太陽ワイン」だったことに関心が行ってしまいましたね。

スポンサーリンク

スカーレットの太陽ワインとは?

信作の持ってきたお酒はワインのような見た目をしていましたがパッケージを見てみると「太陽ワイン」と印字されていることがわかります。

この太陽ワインとは以前に放送されていた同じく朝ドラの「マッサン」に登場したもの。

「マッサン」では主人公の亀山政春が自身のウイスキー工場を始める前に、
鴨居商店というところに勤めていましたが、売り上げが伸び悩んでいた鴨居商店の窮地を救ったのが「太陽ワイン」。

しかも「太陽ワイン」の宣伝に当時としては斬新で前衛的なヌードモデルを起用したことで話題が話題を呼びましたね。

スカーレットの太陽ワイン(マッサン)モデルは赤玉ポートワイン

朝ドラ「マッサン」はニッカウヰスキー創業者の竹鶴政孝をモデルにしており、
鴨居商店のモデルも「寿屋」というサントリーの創業時がモデルとなっています。

「太陽ワイン」は赤玉ポートワインがモデルとなっていて、
実際にヌードモデルを起用した広告が当時は大変な騒ぎになったようですね。

この広告を打ち出したのが鴨居商店の大将こと鴨居欣次郎(堤真一)であり、
「やってみなはれ」が口癖のサントリー創業者・鳥井信治郎その人です。

スカーレットの太陽ワインに関するツイッターの反応

タイトルとURLをコピーしました