新信長公記(ドラマ)の戦国武将・キャストは?

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

ドラマ『新・信長公記~クラスメイトは戦国武将~!』は織田信長(のクローン)が戦国武将のクローンが集まる高校で“てっぺん”を目指すストーリー。

King & Prince(キンプリ)の永瀬廉さんが民放GP帯で初の主演となりましたが、登場する戦国武将・キャストは?

スポンサーリンク

新信長公記(ドラマ)の戦国武将・キャストは?

甲斐谷忍「新・信長公記」King & Prince・永瀬廉主演でTVドラマ化、7月放送開始

甲斐谷忍「新・信長公記 ~ノブナガくんと私~」のTVドラマ化が決定。主人公・織田信長を永瀬廉(King & Prince)が演じる。

「新・信長公記 ~ノブナガくんと私~」は、織田信長、徳川家康、豊臣秀吉ら名だたる戦国武将のクローンが集まる名門不良校を舞台にした物語。ヤングマガジン(講談社)およびコミックDAYSで連載され、単行本は全8巻が刊行された。

https://news.yahoo.co.jp/articles/f846e190bdca20e1b17c01fa8b936bc2b9047258

ドラマ「新・信長公記~クラスメイトは戦国武将~」は甲斐谷忍によるコミック「新・信長公記~ノブナガくんと私~」が原作。

誰もが知る戦国武将のクローン高校生たちが大集結した、とんでもない学校で、クセ者揃いの英雄たちが、学園のてっぺん目指して大暴れするストーリーとなっています。

登場する戦国武将およびキャストは

織田信長 – 永瀬廉(King & Prince、キンプリ)
武田信玄
上杉謙信
伊達政宗
羽柴秀吉
本多忠勝
井伊直政
酒井忠次
榊原康政
宇喜多直家
龍造寺隆信
加藤清正

他にも、単行本1巻巻末では、他に柴田勝家、前田利家が登場している。また1話や6話の名簿では名前のみだが明智光秀、小早川秀秋、毛利元就、黒田如水、大谷吉継、斎藤道三、足利義昭、石田三成、今川義元、大友宗麟が登場している。44話にて小田氏治、大谷吉継、吉川元春、蒲生氏郷、津軽為信、長宗我部元親、ベルナール・弥助、真田昌幸、北条早雲、竹中重治、松永久秀の名前と詳細が判明している。

織田信長 – 永瀬廉(King & Prince、キンプリ)

銀杏高校の特進クラスの1年生。クラス番号11。制服に短パンというおかしな格好に、常に何か食べており、何を考えているかサッパリわからない安穏とした青年。おおよそ不良には見えず、他のクラスメイトらからも侮られている(=うつけ者扱い)。信長の地元では第六天魔王と呼ばれる謎の人物が不良たちをまとめ上げたとされているが、誰もそれが信長の可能性であることを微塵にも思われていない。
正門の大勢力を一人で倒す、先を見越して学校の塀を壊す、人の思惑を誘導してコマの策を潰す、偶然を装って喧嘩に勝つなど、明示されていないが、信長が狙ってやったかのような描写が多々ある。
1-A:特進クラス

武田信玄

クラス番号23。15にして甲州街道沿いの暴走族を束ねたという青年。登校初日、武田の騎馬隊ならぬバイクでコマが仕掛けた防衛網を破る。秀吉の評価では上杉、伊達と並んでクラス最強格。
クラスに混乱を招きたい井伊にけしかけられ、屋上で寝ている信長に喧嘩を売りに行くが、その言いしれぬ実力を察する。その後、代わりに井伊を叩きのめす。

上杉謙信

クラス番号6。喧嘩の実力は武田に比肩すると評されるほど高いが、やたら筋を通したがり、まずは話し合いで解決しようとする青年。結局、喧嘩に至るが、それでも相手を認めると勝ってもトドメを刺さず、弱い相手は見逃すなど喧嘩の結果は引き分けが多く、理事長からは総長候補から外されている。
みやびの演説を聞いて、クラス委員長選出を利用し特進クラスを封じ込めたいコマに対し、義に反すると一人で彼を倒しに行く。コマを追い詰めるが、手下を大事にするコマに義を見たとして見逃す。

伊達政宗

クラス番号25。北部最強と呼ばれる優男風の青年。コスプレを好み芸人気質っぽいところがあることで有名。喧嘩は上杉や武田に並んで問題なく強い。

羽柴秀吉

クラス番号29。サル顔で女好きの童顔で小柄な青年。喧嘩に自信はないが、演技で自分を大きく見せる術に長ける。基本的にはトップになる奴を見極めて早々にその下に付き、No2になることを目指している。史実通り女好きで、初対面のみやびに粉をかけるが、一方で不良情報に疎い彼女に色々と教える。

本多忠勝

クラス番号31。湾岸の四天王と恐れられる一人。上杉・武田に次ぐ喧嘩最強と名高い大柄な体格の青年。未だ喧嘩無敗はおろか怪我一つ負ったことがないという伝説がある。
コマの策謀で信長に喧嘩をふっかけることになるが、その際に怪我をしてしまう。しかし、信長が負けたフリをして本多の顔を立てて、それを隠したことで彼を見直すようになる。

井伊直政

クラス番号3。湾岸の四天王と恐れられる一人。本多と共に喧嘩の腕なら武田・上杉に並ぶ最強の評価を持つ。
クラスに波乱を起こすため、武田に信長を襲うようけしかけるが、その後、武田に叩きのめされる。

酒井忠次

クラス番号19。湾岸の四天王と恐れられる一人。

榊原康政

クラス番号20。湾岸の四天王と恐れられる一人。

宇喜多直家

クラス番号7。通称「不死身の直家」で金属バットで脳天を殴られたり、頭に割れたビンが刺さっていても平気という青年。コマの襲撃を受け、生首を晒すような枷で拘束されて辱めを受ける。

龍造寺隆信

クラス番号35。スキンヘッドで大柄な肥満体の青年。コマの襲撃を受け、教室にSMプレイのような形で全裸で吊るされ辱めを受ける。

加藤清正

クラス番号12。秀吉の評価では戦闘力ランキング6位という青年。秀吉に対する旗印戦に、彼のブラフを無視して名乗りを上げる。

タイトルとURLをコピーしました