園田俊のwiki経歴やプロフィールを調査!ライフセービング動画もチェック!

スポンサーリンク
未分類

園田俊選手は日本を代表するライフセービングの選手で、日本国内の大会だけではなく海外の大会にも出場しているライフセーバーでもあります。

鍛え上げられた筋肉は同性から見てもほれぼれするばかりですが、園田俊選手の気になる経歴やプロフィールを調査!ライフセービング動画もまとめています。

スポンサーリンク

園田俊のライフセービング動画

ライフセービングとは基本的には、ヨーロッパを発祥とする救助、蘇生、応急処置、とくに一次救命処置活動のことで、
競技自体は夏の行楽シーズンに海を中心に監視活動でのレスキュー技術の向上を図ることが目的とされています。

ライフセービングの大会に向けて基礎体力をつけ、ボードを漕ぐ早さ、泳ぐ、走るといった
早さを向上させるトレーニングをすることによって、救助力の向上を図るわけです円。

ライフセービングの大会に出場するにあたっては、自分で出場する種目を選ぶことができるので、
例えばプールは得意だけど、海の種目は苦手な選手でも上位に入るチャンスがあります。

The 43rd JAPAN NATIONAL LifesavingChampionships Long Ver._02

園田俊wikiプロフィール

出身地:東京都昭島市(茨城県 龍ケ崎市在住)
年齢:28歳
身長体重:調査中
最終学歴: 流通経済大学
出身高校:昭和第一学園高等学校
所属:西浜サーフライフセービングクラブ

園田俊さんは流通経済大学時代からライフセービングチームに所属しています。

流通経済大学 Lifesaving Club
流通経済大学 Lifesaving Club

園田俊の経歴

園田俊選手は海だとオーシャン種目のオーシャンマンやボードレースを得意としていて、
プール種目ではフィン(足ヒレ)を履いて泳ぐ種目で様々な対秋で上位入賞を果たしています。

日本代表として出場した大会も含むこれまでの戦績・成績は下記のとおりです。

■2017年
サンヨーカップ ボードレース3位、ボードレスキュー2位
インターナショナルサーフレスキューチャレンジ 出場

■2018年
サンヨーカップ 日本代表キャプテン ボードレスキュー2位
WC2018 出場 ボードレース・オーシャンマン決勝進出
全日本ライフセービングプール競技選手権大会
100mマネキンキャリーウィズフィン 2位
全日本種目別選手権大会
オーシャンマン 優勝
ボードレース 2位
サーフスキーレース 3位
全日本選手権大会
オーシャンマン 優勝

園田俊のツイッターやインスタグラム

園田俊選手はツイッターやインスタグラムのアカウントは開設していないようです。

園田俊のフェイスブック

園田俊の高校や大学など学歴は?

園田俊選手は流通経済大学に通っていたことがわかっています。

園田俊の年収やスポンサーは?

園田俊選手はマリンスポーツ関連グッズなどを販売する櫻井興業でモデルをしており、「Guard」ブランドなどの販売に携わっています。

タイトルとURLをコピーしました