すずめの戸締り何歳から理解できる?小学生は?

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

映画「すずめの戸締り」のストーリーは何歳から理解できる?

小学校低学年には難しい?何年生から見れる?

スポンサーリンク

すずめの戸締り何歳から理解できる?小学生は?

映画「すずめの戸締り」は生きる希望を見失った子すずめが、4本足の椅子を持ったまま常世に迷い込み、生きる気力が戻る(見てる世界がカラフルになる)というストーリー。

怖い描写については子供なら『よく分からない』、大人なら『ああ…そういう事ね』と察しがつきやすい描写になっています。

前作よりは家族ぐるみで十分観られると思います

血の出るようなグロい描写はなかったですが、地震の緊急速報?のようなものが何度か流れた(音がなった)のでそこで怖がるかもしれません。少し理解に苦しむかもしれませんが大丈夫だと思います。

ただまわりのお子さんやお友達が鑑賞してきて平気そうだったら、お子さんを連れて行くという風にされた方が無難かもしれません。

すずめの戸締り何歳から理解できる?小学生は?ネットの口コミは?

タイトルとURLをコピーしました