但馬玄の通販お取り寄せは?楽天・amazon価格は?

スポンサーリンク
0未分類

但馬玄(たじまぐろ)とは幻の但馬牛。

ブランド牛の但馬牛でも特に「上田畜産」でしか育てられていない希少な但馬玄の通販お取り寄せ情報についてまとめています。

スポンサーリンク

但馬玄の通販お取り寄せは?

但馬玄(たじまぐろ)は「上田畜産」の牧場でで育てられ月に10頭くらいしか出荷されない但馬牛。

特別な餌で育てられ脂の融点が低い

上田畜産で育てられている但馬玄は難しいとされる「繁殖」と「肥育」を一貫生産を行っているのが最大の特徴。

牛1頭を長くみることによってその牛のクセや特徴が良くわかるし、飼育環境が変わらないために、牛にストレスがかからないとのこと。

上田畜産さんは以前から但馬牛の品評会で優勝を繰り返す名門の牧場として知られてきましたが、但馬玄を手掛ける前には生産効率を限界まで上げことだけを考えたあまり、病気にかかった牛がどんな治療をしても治らないという危機的な状況に直面していました。

自分たちのやり方が実は牛に対して大変なストレスをかけていたことを痛感し、これまでやってきた牛の飼育方法をがらりと変えていきます。

飼料の変更や、改良などこれまで難しいとされていたことに取り組むきっかけとなり、但馬玄へと繋がっていきます。

以前は牛の健康なんて二の次で肉の見栄えや格付けを意識していたそうですが、5年以上の改良に改良を積み重ねた結果、

牛の表情や行動が穏やかになった。
母牛が出産後に子牛を舐めるようになった。
牛の体格が良くなり、筋肉質になった。
免疫力が上がり、病気が減った。
病気をしても、少しの薬ですぐに回復するようになった。

など、驚くような変化が現れるようになります。

結果的に肉質は融点が低くなり旨味が増し、格付けに関わらず市場での評価が高くなり様々な賞も受賞することになります。

第7,9,10,11回全国和牛能力共進会 優秀賞・特別賞・畜産功労者表彰など多数繁殖育成・肥育のW出場も果たす  
第178回神戸肉技肉共励会 名誉賞(農林水産省生産局長表彰)
兵庫県産共進会 過去7回の名誉賞(農林水産大臣表彰)
香住町子牛品評会 雌去勢牛3回連続のWチャンピオン

そんな但馬玄(たじまぐろ)ですが、公式サイトから通販ができるほか、楽天でも取り扱いがあります。

但馬玄の楽天・amazon価格は?

但馬玄を手掛ける「上田畜産」では肥育牛が「枝肉」となった後の「精肉」までの加工、そしてそれの「販売」までも自社で完全一貫生産しています。

但馬玄は主に楽天で通販の取り扱いがあります。

楽天で但馬玄の価格を見てみる&通販するにはこちら

ちなみに、代表的なブランド牛と言えば、「松阪牛」「神戸牛」「近江牛」などを思い浮かべる人は多いでしょうが、でも実はそれらの有名ブランド牛のルーツは「但馬牛」とされています。

但馬玄の食べ方は?

但馬玄(たじまぐろ)は、そば・ごま・あわなど天然素材を中心とした独自配合の餌「セサミヘルスフィード」で飼育されています。

不飽和脂肪酸(魚に近い脂)を多く含み、融点の低い(口溶けの良い)マグロのようにあっさりしたお肉になります。

一般的な黒毛和牛の脂が約25度から溶け出すのに対し「但馬玄」は約12度から溶け出します。

低温で溶け出す脂はサラサラでマグロの脂に近く、口に入れるとフワッと肉の旨味が広がり肉の甘味みを感じます。

マグロの大トロを彷彿とさせる風味・食感となっていることから、「但馬玄=たじまぐろ」というブランド名が名付けられました。

但馬玄(たじまぐろ)には人体では作ることのできない必須アミノ酸も多く含まれます。

但馬玄の味感想は?

タイトルとURLをコピーしました