硫酸男の動機はタメ口?被害者との関係は?地下鉄硫酸事件

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

地下鉄硫酸事件を起こした硫酸男こと花森弘卓容疑者が沖縄で身柄を確保されました。

警察の捜査では宜野湾市内の友人宅に潜伏していたようです。

スポンサーリンク

硫酸男(花森弘卓)と被害者との関係は?地下鉄硫酸事件

硫酸男(花森弘卓)と地下鉄硫酸事件の被害者は、事件のおよそ1カ月前に港区・六本木周辺で遭遇し、立ち話をしたとみられています。

硫酸男(花森弘卓)と地下鉄硫酸事件の被害者は共に琉球大学に通っていた学歴の持ち主で、琉球大学の映画研究サークルでは先輩後輩という関係とのこと。

大学時代のやり取りで一方的に恨みを募らせていた可能性があるとみて、警察は硫酸男(花森弘卓)と地下鉄硫酸事件の被害者から事情聴取を続けています。

硫酸男(花森弘卓)の動機はタメ口?地下鉄硫酸事件

大学時代に“タメ口”でトラブルか 白金高輪駅の硫酸事件

花森容疑者は、男性と同じ大学に通っていた。捜査関係者によると、男性は「大学の映画研究のサークルで友人らで一緒にいるときに花森容疑者にため口を使い、自分のほうが年上なのにため口はおかしいと怒られ、トラブルになった」などと説明しているという。

 警視庁は花森容疑者が男性との大学時代のやり取りで一方的に恨みを募らせていた可能性があるとみている。(ANNニュース)

https://news.yahoo.co.jp/articles/84f0af58f19483233b7240263741c13bc72245a7

硫酸男(花森弘卓)は事件当時に身に着けていた黒いポロシャツを都内のゴミ箱に捨てて逃走。

沖縄にある公園のベンチで腰をかけているところで身柄を拘束されています。

当初「スナガワです」と偽名を使っていましたが、逃げようとはしなかったということです。

捜査関係者によると、地下鉄硫酸事件の被害者からは「数人で一緒にいる時に(花森容疑者に)ため口を使ったところ、『年齢が上なのにため口はおかしい』と怒られた」と学生時代に硫酸男(花森弘卓)とトラブルがあったことを明かしています。

警察では硫酸男(花森弘卓)が後輩の地下鉄硫酸事件の被害者に対等の話し方をされたことで一方的に恨みを募らせたことが動機の一つでは?と見ているようです。

まとめ:硫酸男の動機はタメ口?被害者との関係は?地下鉄硫酸事件

タイトルとURLをコピーしました