雅子様のティアラの値段・ブランドは?祝賀パレード(祝賀御列の儀)は第一ティアラ?

天皇陛下の即位を披露するパレード「祝賀御列(おんれつ)の儀」では皇后雅子様は、
「ローブデコルテ」と呼ばれるロングドレスの正装をお召しになっていました。

首元には2連の大きなダイヤのネックレスも輝いていましたが、
雅子様のティアラもひときわ存在感が大きく、どこのブランドで値段はいくらくらいなのか?気になりましたね。

祝賀パレード(祝賀御列の儀)で雅子様は第一ティアラを着用

皇室のファッション事情に詳しい特定班によると祝賀パレード(祝賀御列の儀)で雅子様が着用していたのは、
全部で3つある皇后陛下用のティアラの中でももっとも格式が高いとされる「第一ティアラ」とのこと。

おそらくは日本で最も古い歴史があるのが第一ティアラで、明治18年に明治天皇のお妃である昭憲皇后の為に作られたものが、
貞明皇后、香淳皇后、美智子皇后と、日本の皇后に代々受け継がれています。

昭憲皇后は日本の皇室で初めて洋装をした皇后陛下でもありますが、
ティアラにはその国の権威・威厳を国内外へ示す目的もあり第一ティアラには天照大神を表す太陽を表したダイヤの星飾りが中央に据えつけられていました。

ただ雅子様のパレードではダイヤの星飾りは見当たりませんでしたが、
円形のダイヤと星形のダイヤを付け替えられるようになっているようで、
香淳皇后(昭和天皇のお妃)は星形のダイヤも円形のダイヤも付けないシンプルなバージョンも披露していたようです。

ちなみに、皇后さまが着用するティアラには第2ティアラ、第3ティアラもアリ
第二ティアラは菊のモチーフ大正6年に制作された香淳皇后仕様とされ、
第三ティアラは秩父宮妃勢津子様が着用していたティアラのようです。

祝賀パレード(祝賀御列の儀)の雅子様の第一ティアラ値段・ブランドは?

祝賀パレード(祝賀御列の儀)で雅子様が着用していたティアラは第一ティアラで、
ブランドはドイツ・ベルリンにあるレオンハード&フィーゲルのようです。

皇室のティアラとジュエリーについて-ゴールドプラザのコラム
令和の時代を迎え、皇室関連の明るい話題が世間を多く賑わせていますが、その中でも女性皇族の方々が儀式の際にお召しになるドレスや宝飾品に目を奪われてしまう方も多いのではないでしょうか。ちなみに「皇室」とは、日本の天皇陛下をはじめ皇族の総称を指し

第一ティアラにはブリリアンカットのダイアモンドが約60個使用されていますが、
真ん中のひときわ大きなダイアモンドは、世界13番目に大きいダイアとされているようです。

値段に関しては、残念ながら非公開というかそもそも鑑定すらされることがないと思われるものの、
参考に女性皇族が着用されているティアラで値段やブランドがが公表されているモノを挙げると次のようになっています。

  • 眞子さま 2856万円 和光製
  • 佳子さま 2892万円 ミキモト製
  • 絢子さま 1485万円 ブランド不明
  • 典子さま 1522万円 ブランド不明

女性皇族が使用するティアラが新たに製作される時には、
眞子さまのティアラの時にはジュエラーの入札が行われ、和光とミキモトが競い和光が落札、
佳子さまのティアラはコンペ方式によって学識経験者による審査を経たのちミキモトが受注しています。

女性皇族は、だいたい2つのティアラを持っていると言われているので、
現在の女性成人皇族の数から考えると皇室全体で20個ほどのティアラが保管されていると思われますが、
あくまでも国から女性皇族に貸与しているという形になっていて、女性皇族の所有物というわけではなさそうです。

※皇后陛下の第1ティアラ~第3ティアラを除く

祝賀パレード(祝賀御列の儀)での雅子様ティアラに関するツイッターの反応

雅子様がまだ皇太子妃だった時に着用していた唐草模様が優美な印象の第一ティアラは、
香淳皇后から譲り受けた御木本真珠店(現:ミキモト)が謹製し、石も再利用(昔のカットのまま)リフォームしたもので、
大正12年(1923)皇太子裕仁親王(のちの昭和天皇)のご結婚の際に製作されたそうです。

タイトルとURLをコピーしました